テーマ:インドネシアのキリスト教

北スラウェシ州紀行(6) マナド(Manado)  Perjalanan ke Sulut (6)

ドイツ生まれの二人のキリスト教宣教師が今でもミナハサの人々に記憶されている。リーデル(Riedel)とシュワルツ(Schwarz)。オランダ植民地時代、二人はオランダ政府によってNZGという組織を通じて、プロテスタント教の布教を目的として北スラウェシに送り込まれた。1831年6月12…
トラックバック:38
コメント:0

続きを読むread more