再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(20) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(19) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(18) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(17) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(16) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(15) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(14) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(13) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(12) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(11) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(10) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(9) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(8) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(7) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(6) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(5) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(4) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(3) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(2) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:海軍ニューギニア調査隊報告書(1) 第7篇民族班報告書

真珠湾奇襲攻撃による太平洋戦争の勃発からおよそ二ヶ月後、昭和17年(1942年)の2月初旬、大本営はニューギニア島の占領命令を下した。『西部ニューギニア方面陸軍航空作戦』(戦史業書:防衛庁防衛研修所戦史室著)によれば、「東部ニューギニアの要地をソロモン諸島要地と共に攻略し、豪州本土と同方面との連絡を遮断し、豪州…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(24) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(23) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(22) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(21) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(20) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(19) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(18) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(17) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(16) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(15) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(14) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(13) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(12) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(11) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(10) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(9) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:2

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(8) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参 西部ニュー…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(7) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(6) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(5) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(4) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(3) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(2) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(1) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:太田敏子さんが語る故新穂智少佐(13) Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:太田敏子さんが語る故新穂智少佐(12) Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:太田敏子さんが語る故新穂智少佐(11) Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:太田敏子さんが語る故新穂智少佐(10) Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:太田敏子さんが語る故新穂智少佐(9) Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:太田敏子さんが語る故新穂智少佐(8) Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
コメント:0

続きを読むread more