テーマ:インドネシアの絵画

画家ハルディ氏近況 Jumpa kembali dgn Pelukis Hardi

インドネシア文化宮(GBI)が初めて開催したインドネシア人画家の絵画展は、1999年4月のハルディ個展だった。スハルト政権下で、反政府のかどで逮捕された経験を持つハルディ(Hardi)さん。『2001年インドネシア共和国大統領スハルディ(Presiden RI TH.2001 SUHARDI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(14)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/28#2 本名ラデン・スハルディ・アディマルヨノ(Raden Soehardi Adimarjono)。1951年5月26日、東ジャワ州、ブリタール市の南およそ10kmのガンバール(Gambar=絵画の意味)村で八人兄妹の四男として生まれる。もうすぐ48歳の誕生日。生まれつき両手足…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(13)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/28 来日13日目の4月28日、水曜日。ゴールデンウイークで海外へ出かける日本人の後を追うように、画家ハルディ氏が祖国への帰国の途に着いた。夜19:10発のSQ(シンガポ―ル航空)11便。現地時間で深夜の1時にシンガポール到着予定。7時間後、SQ-152便で、午前8時30分、家族が…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(12)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/27 4月27日(火)。夕刻、ハルディ氏は、総理府並びに外務省海外広報課が出している月刊誌『Pacific Friend』の取材を、個展会場であるGBI(インドネシア文化宮)で受けた。同誌は、いわば日本政府の海外向け広報誌であり、全世界に散らばる日本大使館や日本政府関連機関を通じて…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(11)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/25 沖縄旅行から東京へ戻ったばかりのハルディさん。疲れも見せずに、東京・北の丸公園にある東京国立近代美術館を訪ねた。目的は、3月27日~5月9日まで同美術館で開催中の、美人画の巨匠鏑木清方(かぶらき きよかた=Kiyokata Kaburaki)展。案内役は、GBIセクレタリー兼…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(10)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/24 宜野湾市上原358番地。米軍普天間基地を取り囲む金網フェンスに接する場所に、小さいながらも巨大・偉大な絵画を収蔵する美術館がある。佐喜眞美術館(SAKIMA ART MUSEUM)だ。5年前の1994年11月23日に、佐喜眞道夫(Michio Sakima)氏が開館した。 …
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(9)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/23#3 どこからともなく三線(さんしん)の音色が聞こえてくる那覇の夜。4月23日、金曜の夜。画家ハルディ氏の来沖を歓迎する小さな宴が市内桜通りにある海鮮居酒屋『ぱやお(魚礁)』で開かれた。この夜駆けつけてくれたのは、インドネシア文化宮のホームページ上で「沖縄マタハリ物語」を連載中…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(8)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/23#2 那覇見学のスタートは、国際通り、そして平和通りと決めてあった。この二つの通りを歩けば『国際平和』だからだ。午前9時、那覇のメインストリートである国際通りは、渋滞こそ激しいが、人通りはまだまだ少ない。『つまり、この通りはジャカルタで言えば、スディルマン通りだね』と、ハルディ…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(7)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/04/23 快晴の那覇。気温25度。首里へと急いだ。かつて琉球王朝の居城であり、王朝の栄華を今に伝える首里城。守礼門をくぐると、観光記念撮影のための業者の集団。ハルディさんは、三千円を支払い、王の服を身につけ、伝統衣装の美女二名に挟まれ、神妙な面もち。王様の衣装がなんと似合うことか。 …
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(3)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/04/19 個展2日目の4月19日(月)。初日に続き雨の高田馬場。ガンマ東京支局で目覚めたハルディ氏は、近くのコンビニへ朝飯の物色に出かけたとか。『24時間オープンしているからご飯に困らない』とは言うものの、来日以来、2日目の朝食を除けば、全てコンビニ食だが、ハルディ氏は全然気にしてい…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(2)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

『ハルディ展』が開幕した4月18日(日)。前日の快晴とはうって変わり、東京は雨模様。 午前11時30分。GBIボランティアの一員である東信太郎君が打ち鳴らすゴングの響きに続いて、東京外国語大学大学院生(インドネシア文学専攻)の鈴木美智さん、そしてバリ島で二年間バリ舞踊を学んだ川崎智子さんが、ハル…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(1)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

14年前、インドネシア文化宮(GBI)が誕生満一歳を迎えるにあたって、初の絵画展を開催した。『画家ハルディ個展』だ。1999年4月18日~1999年9月17日、五ヵ月間の長期展示会だった。1979年、“2001年インドネシア共和国大統領スハルディ(PRESIDEN RI.TH.2001 SUHAR…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

女性画家ニケン展から一年(2) 近況報告。Niken Larasati makin aktif

良妻賢母と言えば、日本の懐かしい“古語”。インドネシアのジャワ島の古都ジョグジャカルタに暮らす、女性画家のニケン・ララサティ(Niken Larasati)さんは、まさにジャワ島の“良妻賢母”なのだろう。昨年3月、インドネシア文化宮(GBI)で開催された『画家ニケン・ララサティ個展 “ドラナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再録『GBIニュース』2000.3.31 【画家ダルマジ展】 『素晴らしい多様性の世界へどうぞ』

大川誠一のGBIニュース(2000年3月31日)(Berita GBI: 31 Mar.2000) 【画家ダルマジ展】 『素晴らしい多様性の世界へどうぞ』 GBIインドネシア画家シリーズ第二弾スタート 3月31日早朝、インドネシア文化宮(GBI)が全面的に応援した映画『パチンコ』を撮り終えた…
トラックバック:37
コメント:0

続きを読むread more

カリマンタン(ボルネオ)の画家たちの作品 Pameran Borneo Exotico

インドネシア文化宮(GBI)では、1998年の創設以来、以下のように計9回の絵画展を実施しました。6回目の絵画展は、カリマンタン(ボルネオ)島の画家たちによるグループ展でした。当時、広大なカリマンタン島のまとめ役として、東カリマンタン州のバリクパパン在住の画家スルヤ・ダルマ(Surya Da…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再録『GBIニュース』1999.9.3【モデル・パート4】インドネシアのミケランジェロはヌード画一筋

ヘニーさんのセミヌード画を手にするハルディ氏 大川誠一の『GBIニュース』  1999年9月3日 Berita GBI(3 Sept. 1999) 【モデル・パート4】インドネシアのミケランジェロはヌード画一筋 "開けられたことのない玉手箱"と、GBIニュース(99.7.18参照)が激賞した、マルパ…
トラックバック:98
コメント:0

続きを読むread more

JAA2012(ジャカルタ芸術賞)明日応募締切 JKT Art Award 2012

海外からの応募作品の中から計3作品に、それぞれ7,000米ドル(約56万円)の賞金が与えられるJAA(Jakarta Art Award・ジャカルタ芸術賞)。インドネシア共和国の首都ジャカルタ特別市が実施する国際絵画コンクールの応募締め切りは、明日8月4日です。 2010年の第3回に引き継いで、インド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外入選作品に約56万円の賞金・ジャカルタ芸術賞8/4締切 JAA '12

海外からの応募作品の中から計3作品に、それぞれ7,000米ドル(約56万円)の賞金が与えられるJAA(Jakarta Art Award・ジャカルタ芸術賞)。インドネシア共和国の首都ジャカルタ特別市が実施する国際絵画コンクールの締め切りが刻一刻と近づいています。 8月4日が応募最終日です。事務局により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAA(Jakarta Art Award:2012年ジャカルタ芸術賞) 8月4日応募終了

海外からの応募作品の中から計3作品に、それぞれ7,000米ドル(約56万円)の賞金が与えられるJAA(Jakarta Art Award・ジャカルタ芸術賞)。インドネシア共和国の首都ジャカルタ特別市が実施する国際絵画コンクールの締め切りが刻一刻と近づいています。 8月4日が応募最終日です。事務局に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外入選作品に約56万円の賞金・ジャカルタ芸術賞締切迫る JAA '12

海外からの応募作品の中から計3作品に、それぞれ7,000米ドル(約56万円)の賞金が与えられるJAA(Jakarta Art Award・ジャカルタ芸術賞)。インドネシア共和国の首都ジャカルタ特別市が実施する国際絵画コンクールの締め切りが刻一刻と近づいています。 8月4日が応募最終日です。事務局により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジャカルタ芸術賞2012』8月4日締切 JAA(Jakarta Art Award) 2012

インドネシア共和国の首都ジャカルタ特別市が実施する国際絵画コンクールの締め切りが近づいています。8月4日が最終日です。事務局によりますと、日本からの応募は“低調”だそうです。言い換えますと、ノミネートのチャンスは大きいとも言えるでしょう。 ジャカルタ特別市(DKI Jakarta)が、二年毎に開催して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジャカルタ芸術賞2012』応募8月4日まで JAA(Jakarta Art Award) 2012

インドネシアの首都ジャカルタ特別市(DKI Jakarta)が、二年毎に開催している『JAA(Jakarta Art Award・ジャカルタ芸術賞)』の第4回目にあたる「JAA 2012」が実施されます。2010年の第3回に引き継いで、インドネシア文化宮(GBI)は、同市から日本及び極東地域におけるリエゾン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ジャカルタ芸術賞2012年』実施のお知らせ JAA(Jakarta Art Award) 2012

インドネシアの首都ジャカルタ特別市(DKI Jakarta)が、二年毎に開催している『JAA(Jakarta Art Award・ジャカルタ芸術賞)』の第4回目にあたる「JAA 2012」が実施されます。2010年の第3回に引き継いで、インドネシア文化宮(GBI)は、同市から日本及び極東地域におけるリエゾン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アチェ人画家マフディさん個展始まる Pameran Mahdi di Yogyakarta

6月12日付で既報の、アチェ人画家マフディ・アブドゥラさんの第17回目の個展が、ジョグジャカルタの「Tujuh Bintang Art Space」で6月23日から始まった。29日まで開催されている。ISI(Institut Seni Indonesia・インドネシア国立芸術大学)の修士号取得に伴う記念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more