テーマ:ブナケン

北スラウェシ州紀行(4) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (4)

ダイビングで使われるスクーバ(潜水用の呼吸器具)の発明者の一人として知られる、フランス人海洋学者ジャック・イヴ・クストー(Jacques Yves Cousteau:1910年6月11日~1997年6月25日)は、今では世界的に知られるようになった北スラウェシのダイビングスポットの“…
トラックバック:40
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(3) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (3)

“竜宮城”は絵にもかけない美しさだそうだが、ミナハサ民族が世界に誇るブナケン(Bunaken)のサンゴ海を、マナド・トモホン在住で、北スラウェシを代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん(51歳)は描き続けている。その題材に選ぶロケーションは、やはり古マナド(M…
トラックバック:41
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(1) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (1)

スラウェシ(旧セレベス)島の北端に位置する北スラウェシ州(Sulawesi Utara=Sulut)は、日本に一番近いインドネシアだ。かつて“大東亜戦争”において、日本軍がカリマンタン(ボルネオ)島のタラカン島を奇襲攻撃し、インドネシア占領の第一歩を記すが、次いで攻略作戦を実行した地…
トラックバック:44
コメント:0

続きを読むread more