テーマ:展示会のお知らせ

スマトラ島沖大地震(アチェ津波)10周年報道写真 Tsunami Aceh 10 thn(2)

歳月はまさに光陰矢の如しか。あの、およそ23万人もの犠牲者を記録したスマトラ島沖大地震(アチェ津波)から、間もなく10年が経過する。2004年12月26日、現地時間で午前8時直前に起きた巨大地震、そして空前絶後の大津波。 紅白旗を縫う州都バンダアチェのカンポンバル地区の職人。第6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマトラ島沖大地震(アチェ津波)10周年報道写真 Tsunami Aceh 10 thn

歳月はまさに光陰矢の如しか。あの、およそ23万人もの犠牲者を記録したスマトラ島沖大地震(アチェ津波)から、間もなく10年が経過する。2004年12月26日、現地時間で午前8時直前に起きた巨大地震、そして空前絶後の大津波。 アチェ・サーフィン競技会ソリーズ-IIIに参加した、世界中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性画家ニケン展から一年(2) 近況報告。Niken Larasati makin aktif

良妻賢母と言えば、日本の懐かしい“古語”。インドネシアのジャワ島の古都ジョグジャカルタに暮らす、女性画家のニケン・ララサティ(Niken Larasati)さんは、まさにジャワ島の“良妻賢母”なのだろう。昨年3月、インドネシア文化宮(GBI)で開催された『画家ニケン・ララサティ個展 “ドラナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再録『GBIニュース』2000.9.920 GBI主催『パプア芸術展』10月20日ジャカルタ開催

大川誠一のGBIニュース(2000年9月20日)(Berita GBI: 20 Sept. .2000) 【パプア芸術】 GBI主催『パプア芸術展』が10月20日、ジャカルタでオープン 『今こそパプアの心を知ろう!』と画家のハルディ氏 GBIニュース(2000.7.17号参照)で既報だが、インドネシア…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

再録『GBIニュース』2000.7.17【パプア芸術】GBI主催パプア展 Papua JKT

大川誠一のGBIニュース(2000年7月17日)(Berita GBI: 17 Juli .2000) 【パプア芸術】 パプアからジャカルタへ!これがパプア芸術だ! 首都ジャカルタで、パプアの彫刻家ハルク氏&樹皮画家アグス氏作品展をGBIが主催 パプア(旧イリアンジャヤ)を激震が襲っている。ジャ…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

再録『GBIニュース』2000.3.31 【画家ダルマジ展】 『素晴らしい多様性の世界へどうぞ』

大川誠一のGBIニュース(2000年3月31日)(Berita GBI: 31 Mar.2000) 【画家ダルマジ展】 『素晴らしい多様性の世界へどうぞ』 GBIインドネシア画家シリーズ第二弾スタート 3月31日早朝、インドネシア文化宮(GBI)が全面的に応援した映画『パチンコ』を撮り終えた…
トラックバック:37
コメント:0

続きを読むread more

 Loch Ness of Alor Island? アロール島のネッシー? 謎の生物の正体は?

インドネシア文化宮(GBI)は去る8月11日から臨時休業。インドネシアへの長期出張に伴う措置です。このため7月14日からスタートした展示会『アロールの糸・色彩の世界展・Pameran Warna-Warni Alor』も一時中断中です。ごめんなさい! お詫びと、夏向けの話題として、アロール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】インドネシア文化宮(GBI)は8月11日より臨時休業です

インドネシア文化宮(GBI)では、去る7月14日より『アロールの糸・色彩の世界展・Pameran Warna-Warni Alor 』を実施していますが、インドネシア出張に伴い、来る8月11日(土)から9月末日まで臨時休業とさせていただきます。10月以降の再オープンにつきましては、日時が確定次第、ブログ上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】インドネシア文化宮(GBI)は8月11日より臨時休業です

インドネシア文化宮(GBI)では、去る7月14日より『アロールの糸・色彩の世界展・Pameran Warna-Warni Alor 』を実施していますが、インドネシア出張に伴い、来る8月11日(土)から9月末日まで臨時休業とさせていただきます。10月以降の再オープンにつきましては、日時が確定次第、ブログ上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】インドネシア文化宮(GBI)は8月11日より臨時休業です

インドネシア文化宮(GBI)では、去る7月14日より『アロールの糸・色彩の世界展・Pameran Warna-Warni Alor 』を実施していますが、インドネシア出張に伴い、来る8月11日(土)から9月末日まで臨時休業とさせていただきます。10月以降の再オープンにつきましては、日時が確定次第、ブログ上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】インドネシア文化宮(GBI)は8月11日より臨時休業です

インドネシア文化宮(GBI)では、去る7月14日より『アロールの糸・色彩の世界展・Pameran Warna-Warni Alor 』を実施していますが、インドネシア出張に伴い、来る8月11日(土)から9月末日まで臨時休業とさせていただきます。10月以降の再オープンにつきましては、日時が確定次第、ブログ上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】インドネシア文化宮(GBI)は8月11日より臨時休業です

インドネシア文化宮(GBI)では、去る7月14日より『アロールの糸・色彩の世界展・Pameran Warna-Warni Alor 』を実施していますが、インドネシア出張に伴い、来る8月11日(土)から9月末日まで臨時休業とさせていただきます。10月以降の再オープンにつきましては、日時が確定次第、ブログ上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【お知らせ】 インドネシア文化宮(GBI)は8月11日より臨時休業です

インドネシア文化宮(GBI)では、去る7月14日より『アロールの糸・色彩の世界展・Pameran Warna-Warni Alor 』を実施していますが、インドネシア出張に伴い、来る8月11日(土)から9月末日まで臨時休業とさせていただきます。10月以降の再オープンにつきましては、日時が確定次第、ブログ上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』(平良美榮子さん記事再録No.2)

サーバーが消えたために、今では見ることができなくなっているが、インドネシア文化宮(GBI)はその昔、『アロール島事典』の名称で同島を訪れた日本人の手記をまとめて掲載していた。その中のお一人、当時桜美林大学教授で服飾と染色の専門家であった平良美榮子さんが、その『アロール島事典』に「インドネシア・ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』(平良美榮子さん記事再録)

サーバーが消えたために、今では見ることができなくなっているが、インドネシア文化宮(GBI)はその昔、『アロール島事典』の名称で同島を訪れた日本人の手記をまとめて掲載していた。その中のお一人、当時桜美林大学教授で服飾と染色の専門家であった平良美榮子さんが、その『アロール島事典』に「インドネシア・ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』(渡辺くにえさん記事再録)

サーバーが消えたために、今では見ることができなくなっているが、インドネシア文化宮(GBI)はその昔、『アロール島事典』の名称で同島を訪れた日本人の手記をまとめて掲載していた。その中のお一人、当時桜美林大学教授で服飾と染色の専門家であった渡辺くにえさんが、その『アロール島事典』に「インドネシア・ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』2 天然染色の世界 Pameran Warna-Warni Alor

インドネシア文化宮(GBI)は、2002年~2008年の7年間、毎年、NTT(東ヌサトゥンガラ州)アロール県(Kabupaten Alor)政府との共催で“島興し”文化イベントである「アロール・エキスポ(Expo Alor)」を実施しました。その基本理念は、地元の潜在的人材力を掘り起し、伝統文化をベース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』 天然染色の世界 Pameran Warna-Warni Alor

その昔、人間は樹皮繊維で衣服を作り、やがて綿を紡ぐことで綿糸を生んだ。そして、自然界の中から幾種もの天然色の素材を見つけた。手紡ぎ綿糸と植物染色、いわゆる草木染は、世界各地で独特なテキスタイル文化を発展させた。 染色原料。左はムンクドゥの皮と根を煮詰めたもの。右はインド藍 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』今日からDibuka Pameran Warna-Warni Alor

天然染料(植物染料)で何種類の色を創りだすことができるのか?インドネシア文化宮(GBI)の呼びかけに応えて、ヌサンタラ(インドネシア群島)の小島にある、小さな村の女性たちが一生懸命、試行錯誤にチャレンジしました。その結果が、今回の展示会『アロールの糸・色彩の世界展(Pameran Warna-Warni A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』7月14日から Pameran Warna-Warni Alor

天然染料(植物染料)で何種類の色を創りだすことができるのか?インドネシア文化宮(GBI)の呼びかけに応えて、ヌサンタラ(インドネシア群島)の小島にある、小さな村の女性たちが一生懸命、試行錯誤にチャレンジしました。その結果が、今回の展示会『アロールの糸・色彩の世界展(Pameran Warna-Warni A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』マジカル・カラー Pameran Warna-Warni Alor

世界最多の島嶼国インドネシアは、染色の“宝庫”でもある。殊に腰機で織られるイカット(絣)やソンケット(縫取り織り)の多様性で世界的に知られるNTT(東ヌサトゥンガラ州)は、まさにイカット文化の中心地。多くの地域で便利な合成染料などの化学染めが主流となる中、NTT州の小さな島々では、伝統的な自然色染めが頑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』開催のお知らせ Pameran Warna-Warni Alor

インドネシア文化宮(GBI)では、東ヌサトゥンガラ州アロール県(Kabupaten Alor, Provnisi NTT)の“自然色”にテーマをあてた展示会を7月中旬より実施します。アロール島&パンタール島から成るアロール県。GBIは、同県政府との共催で2002年~2008年の7年間連続で、大規模な文化を通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』開催のお知らせ Pameran Warna-Warni Alor

インドネシア文化宮(GBI)では、東ヌサトゥンガラ州アロール県(Kabupaten Alor, Provnisi NTT)の“自然色”にテーマをあてた展示会を7月中旬より実施します。アロール島&パンタール島から成るアロール県。GBIは、同県政府との共催で2002年~2008年の7年間連続で、大規模な文化を通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』開催のお知らせ Pameran Warna-Warni Alor

すでに何度かお知らせしましたが、東ヌサトゥンガラ州アロール県(Kabupaten Alor, Provnisi NTT)の“自然色”にテーマをあてた展示会を7月中旬より実施します。アロール島&パンタール島から成るアロール県。インドネシア文化宮(GBI)は、同県政府との共催で2002年~2008年の7年間連続…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』開催予定 Pameran Warna-Warni Alor

去る3月17日に始まった絵画展『画家ニケン・ララサティ個展 “ドラナン・アナック(子供の遊びの世界)”:Pameran Tunggal Pelukis Niken Larasati, Dunia Dolanan Anak』は、6月16日を最終日に予定しています。古都ジョグジャカルタ在住の女性画家が描く、今や…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more