アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「大東亜戦争」のブログ記事

みんなの「大東亜戦争」ブログ

タイトル 日 時
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(113)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(113) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/23 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(112)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(112) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/22 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(111)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(111) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/21 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(110)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(110) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/20 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(109)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(109) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/19 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(108)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(108) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/18 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(107)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(107) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/17 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(106)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(106) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/16 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(105)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(105) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/15 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(104)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(104) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/14 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(103)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(103) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/13 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(102)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(102) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/12 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(101)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(101) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/11 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(100)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(100) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/10 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(99)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(99) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/09 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(98)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(98) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/08 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(97)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(97) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/07 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(96)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(96) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/06 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(95)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(95) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/05 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(94)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(94) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/04 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(93)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(93) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/03 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(92)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(92) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/02 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(91)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(91) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/01 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(90)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(90) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/30 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(89)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(89) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/29 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(88)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(88) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/28 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(87)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(87) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/27 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(86)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(86) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/26 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(85)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(85) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/25 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(84)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(84) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/24 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(83)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(83) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/23 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(82)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(82) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/22 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(81)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(81) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/21 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(80)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(80) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/20 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(79)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(79) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/19 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(78)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(78) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/18 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(77)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(77) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/04/17 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(76)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(76) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/16 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(75)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(75) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/15 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(74)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(74) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/14 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(73)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(73) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/13 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(72)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(72) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/12 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(71)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(71) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/11 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(70)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(70) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/10 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(69)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(69) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/09 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(68)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(68) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/08 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(67)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(67) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/07 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(66)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(66) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/06 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(65)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(65) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/05 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(64)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(64) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/04 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(63)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/03 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(62)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/02 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(61)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/01 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(60)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/31 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(59)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/30 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(58)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/29 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(57)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/28 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(56)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/27 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(55)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/26 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(54)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/25 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(53)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/24 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(52)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/23 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(51)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/22 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(50)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/21 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(49)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/20 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(48)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/19 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(47)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/18 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(46)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/17 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(45)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/16 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(44)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/15 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(43)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/14 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(42)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/13 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(41)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/12 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(40)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/11 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(39)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/10 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(38)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/09 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(37)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/08 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(36)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/07 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(35)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/06 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(34)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/05 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(33)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/04 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(32)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/03 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(31)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/02 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(30)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/01 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(29)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/28 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(28)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/27 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(27)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/26 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(26)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/25 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(25)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/24 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(24)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/23 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(23)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/22 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(22)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/21 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(21)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/20 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(20)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/19 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(19)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/18 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(18)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/17 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(17)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/16 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(16)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/15 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(15)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/14 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(14)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/13 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(13)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/12 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(12)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/11 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(11)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/10 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(10)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/09 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(9)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/08 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(8)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/07 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(7)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/06 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(6)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/05 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(5)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/04 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(4)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/03 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(3)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/02 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(2)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/01 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(1)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/31 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(118)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/30 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(117)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/29 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(116)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/28 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(115)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/27 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(114)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/26 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(113)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/25 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(112)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/24 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(111)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/23 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(110)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/22 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(109)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/21 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(108)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/20 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(107)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/19 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(106)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/18 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(105)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/17 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(104)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/16 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(103)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/15 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(102)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/14 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(101)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/13 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(100)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/12 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(99)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/11 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(98)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/10 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(97)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/09 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(96)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/08 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(95)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/07 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(94)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/06 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(93)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/05 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(92)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/04 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(91)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/03 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(90)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/02 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(89)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/31 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(88)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/30 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(87)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/29 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(86)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/28 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(85)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/27 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(84)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/26 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(83)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/25 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(82)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/24 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(81)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/23 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(80)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/22 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(79)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/21 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(78)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/20 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(77)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/19 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(76)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/18 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(75)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/17 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(74)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/16 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(73)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/15 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(72)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/14 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(71)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/13 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(70)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/12 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(69)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/11 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(68)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/10 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(67)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/09 00:00
太平洋戦争開戦から77周年。それでも“戦後”は続くのか。
今日12月8日は、太平洋戦争勃発から77周年。そして、今から70年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯としてオランダ軍によって銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホランジア)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/08 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(66)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/07 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(65)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/06 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(64)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/05 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(63)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/04 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(62)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/03 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(61)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/02 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(60)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/01 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(59)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/30 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(58)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/29 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(57)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/28 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(56)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/27 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(55)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/26 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(54)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/25 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(53)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/24 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(52)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/23 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(51)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/22 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(50)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/21 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(49)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/20 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(48)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/19 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(47)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/18 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(46)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/17 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(45)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/16 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(44)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/15 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(43)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/14 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(42)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/13 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(41)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/12 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(40)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/11 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(39)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/10 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(38)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/09 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(37)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/08 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(36)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/07 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(35)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/06 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(34)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/05 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(33)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/04 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(32)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/03 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(31)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/02 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(30)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/01 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(29)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/31 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(28)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/30 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(27)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/29 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(26)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/28 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(25)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/27 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(24)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/26 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(23)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/25 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(22)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/24 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(21)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/23 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(20)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/22 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(19)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/21 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(18)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/20 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(17)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/19 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(16)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/18 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(15)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/17 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(14)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/16 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(13)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2018/10/15 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(12)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/14 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(11)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/13 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(10)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/12 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(9)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/11 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(8)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/10 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(7)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/09 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(6)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/08 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(5)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/07 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(4)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/06 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(3)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/05 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(2)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/04 00:00
運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(1)
“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/03 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(138) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/02 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(137) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/10/01 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(136) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/30 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(135) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/29 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(134) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/28 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(133) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/27 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(132) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/26 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(131) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/25 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(130) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/24 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(129) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/23 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(128) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/22 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(127) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/21 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(126) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/20 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(125) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/19 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(124) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/18 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(123) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/17 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(122) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/16 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(121) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/15 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(120) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/14 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(119) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/13 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(118) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/12 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(117) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/11 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(116) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/10 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(115) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/09 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(114) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/08 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(113) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/07 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(112) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/06 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(111) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/05 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(110) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/04 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(109) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/03 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(108) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/02 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(107) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/09/01 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(106) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/31 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(105) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/30 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(104) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/29 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(103) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/28 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(102) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/27 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(101) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/26 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(100) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/25 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(99) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/24 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(98) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/23 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(97) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/22 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(96) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/21 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(95) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/20 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(94) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/19 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(93) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/18 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(92) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/17 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(91) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/16 00:00
終戦73周年に想う中野学校卒業生の日高岩男少佐と新穂智少佐
2018年8月15日。終戦73周年。今年も、昨年の同月同日のブログを再録したい。ニューギニアの大地に斃れた、二人の陸軍少佐の話だ。二人には共通項が多い。まず、二人とも九州男児。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/15 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(90) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/14 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(89) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/13 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(88) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/12 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(87) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/11 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(86) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/10 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(85) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/09 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(84) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/08 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(83) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(82) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/06 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(81) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/05 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(80) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/04 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(79) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/03 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(78) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/02 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(77) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/01 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(76) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/31 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(75) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/30 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(74) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/29 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(73) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/28 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(72) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/27 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(71) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/26 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(70) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(69) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/24 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(68) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/23 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(67) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/22 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(66) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/21 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(65) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/20 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(64) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/19 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(63) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/18 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(62) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/17 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(61) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/16 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(60) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/15 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(59) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/14 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(58) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(57) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(56) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(55) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(54) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(53) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(52) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/07 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(51) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/06 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(50) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(49) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/04 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(48) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/03 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(47) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(46) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(45) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/30 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(44) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/29 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(43) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/28 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(42) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/27 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(41) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/26 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(40) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/25 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(39) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(38) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(37) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(36) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(35) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(34) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(33) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(32) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/17 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(31) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/16 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(30) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(29) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(28) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(27) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(26) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(25) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(24) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(23) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(22) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(21) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(20) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(19) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(18) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(17) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/02 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(16) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(15) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(14) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(13) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(12) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/28 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(11) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(10) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(9) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(8) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(7) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/23 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(6) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(5) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/21 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(4) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(3) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(2) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/18 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(1) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/17 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(20)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/16 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(19)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/15 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(18)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/14 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(17)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/13 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(16)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/12 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(15)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/11 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(14)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/10 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(13)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/09 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(12)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/08 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(11)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/07 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(10)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(9)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/05 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(8)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/04 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(7)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(6)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/02 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(5)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(4)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(3)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(2)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/28 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(1)
十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/27 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(70) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/26 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(69) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/25 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(68) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(67) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/23 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(66) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/22 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(65) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/21 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(64) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/20 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(63) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(62) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/18 00:00
西部ニューギニア・マノクワリの第221連隊の慰霊碑から銘板が消えている。戦後73年。
去る4月7日付けブログで触れたが、西部ニューギニアの西パプア州都マノクワリで、8年以上もの間、横倒しで放置されたままだった「戦没日本人之碑」が厚労省によって台座上に戻され“復旧”したと朝日新聞が報じた。同ブログで、筆者が2011(平成23)年3月2日に撮影した現場写真を掲載したが、二つ並んだ台座の双方に何も銘板や碑のようなものがないことが分かる。右側の台座は、朝日掲載の画像からも分かるが、「戦没日本人之碑」のものだ。では、左側の三段組みの台座風のものは一体何なのだろう?気になったので調べて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/17 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(61) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/16 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(60) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(59) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/14 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(58) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(57) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(56) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/11 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(55) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/10 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(54) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/09 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(53) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/08 00:00
マノクワリで「戦没日本人之碑」が8年半ぶりに復旧とか。で、ご遺骨は放置したまま?
去る4月3日付け『朝日新聞』東京本社夕刊4版社会面に「戦没者慰霊碑8年半後の復旧」と題する記事が掲載された。奥山俊宏編集委員による署名記事。現在はインドネシア領の西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)で8年半にわたって倒れたまま放置されていた「戦没日本人之碑」が、2月末に復旧されたと、厚生労働省が明らかにしたとする内容だ。同記事には復旧前と復旧後の画像が、厚労省提供のクレジットで掲載されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/04/07 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(52) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/06 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(51) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(50) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/04 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(49) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/03 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(48) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(47) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/01 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(46) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/31 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(45) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/30 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(44) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/29 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(43) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/28 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(42) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/27 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(41) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/26 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(40) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/25 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(39) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/24 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(38) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/23 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(37) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/22 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(36) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/21 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(35) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/20 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(34) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/19 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(33) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/18 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(32) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/17 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(31) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/16 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(30) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/15 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(29) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/14 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(28) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/13 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(27) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/12 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(26) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/11 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(25) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/10 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(24) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/09 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(23) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/08 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(22) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/07 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(21) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/06 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(20) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/05 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(19) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/04 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(18) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/03 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(17) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/02 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(16) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/01 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(15) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/28 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(14) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/27 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(13) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/26 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(12) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(11) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(10) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/23 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(9) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/22 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(8) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(7) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(6) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(5) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(4) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/17 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(3) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(2) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/15 00:00
佐々成典著『戦わざる戦記』(1) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/14 00:00
西部ニューギニア死の転進行(27) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 00:00
西部ニューギニア死の転進行(26) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/12 00:00
西部ニューギニア死の転進行(25) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 00:00
西部ニューギニア死の転進行(24) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/10 00:00
西部ニューギニア死の転進行(23) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/09 00:00
西部ニューギニア死の転進行(22) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/08 00:00
西部ニューギニア死の転進行(21) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 00:00
西部ニューギニア死の転進行(20) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 00:00
西部ニューギニア死の転進行(19) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/05 00:00
西部ニューギニア死の転進行(18) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/04 00:00
西部ニューギニア死の転進行(17) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 00:00
西部ニューギニア死の転進行(16) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/02 00:00
西部ニューギニア死の転進行(15) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 00:00
西部ニューギニア死の転進行(14) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 00:00
西部ニューギニア死の転進行(13) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 00:00
西部ニューギニア死の転進行(12) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/29 00:00
西部ニューギニア死の転進行(11) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 00:00
西部ニューギニア死の転進行(10) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/27 00:00
西部ニューギニア死の転進行(9) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 00:00
西部ニューギニア死の転進行(8) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/25 00:00
西部ニューギニア死の転進行(7) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 00:00
西部ニューギニア死の転進行(6) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 00:00
西部ニューギニア死の転進行(5) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 00:00
西部ニューギニア死の転進行(4) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 00:00
西部ニューギニア死の転進行(3) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/20 00:00
西部ニューギニア死の転進行(2) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 00:00
西部ニューギニア死の転進行(1) 寺村美都旗元第34戦隊陸軍曹長
インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風「Imperial Japanese Army 35th Division」、『海軍ニューギニア調査隊報告書』、『海軍ニューギニア調査隊・ニューギ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(132)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(131)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(130)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(129)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(128)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/13 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(127)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(126)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/11 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(125)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(124)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 00:00
ニューギニヤ 密林に相食む死の記録 元陸軍中佐飛田忠廣著(123)
昭和19(1944)年7月、制空権・制海権を失ったニューギニア島の日本軍。ホランジア(現ジャヤプラ)、ワクデ島、サルミ、そしてビアク島、ヌンホル島へ飛び石上陸で日本軍を玉砕に追い込む連合軍。ヌンホル島への敵軍上陸を機に、マノクワリ(Manokwari)に司令部を置く第2軍(豊嶋房太郎中将)は、在マノクワリの兵力のおよそ半数を南部のイドレ(Idore)へ転進させた。その数約1万2千名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 00:00

トップへ | みんなの「大東亜戦争」ブログ

インドネシア文化宮(GBI-Tokyo) 大東亜戦争のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる