再録:玉砕の記録・昭和24年刊「ニューギニア玉砕記」飛田忠廣著(4)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:玉砕の記録・昭和24年刊「ニューギニア玉砕記」飛田忠廣著(3)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:玉砕の記録・昭和24年刊「ニューギニア玉砕記」飛田忠廣著(2)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:玉砕の記録・昭和24年刊「ニューギニア玉砕記」飛田忠廣著(1)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(12)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(11)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(10)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(9)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(8)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(7)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(6)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(5)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(4)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(3)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(2)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西部ニ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:「人喰密林戦記」に見るマノクワリ→イドレ転進作戦(1)

インドネシア文化宮(GBI)は、悲劇の西部ニューギニア戦線を記録した、極めて入手困難な記録を、古書市場を通じて収集してきた。これまでに「西部ニューギニア・ベラウ地峡戦友会機関誌『辺裸飢』」や「新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea」、「西…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(22)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(21)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(20)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(19)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(18)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(17)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(16)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(15)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(14)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(13)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(12)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(11)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(10)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(9)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more

再録:野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(8)

72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持…
コメント:0

続きを読むread more