インドネシア文化宮は高田馬場から練馬区へ移転 GBI pindah ke Nerima,Tokyo

画像

2013年1月1日付ブログでお知らせしましたが、インドネシア文化宮(GBI)は、去る1月末日をもって、東京・高田馬場(新宿区下落合)のギャラリーを閉じ、練馬区への移動を終えました。およそ15年間の高田馬場での活動でした。『手紙~拝啓十五の君へ』でも謳っているが「十五の僕には誰にも話せない悩みの種があるのです」かもしれない。さらにアンジェラ・アキの歌詞は続く。「荒れた青春の海は厳しいけれど明日の岸辺へと夢の舟よ進め。今負けないで泣かないで消えてしまいそうな時は自分の声を信じ歩けばいいの」と。
高田馬場のGBI。アスマット彫刻の大物は最後に搬出された。

振り返れば、確かに15年の歳月は、十分長い。中学卒業の齢だ。この間、展示会を63テーマ、インドネシア理解講座を100回以上こなしてきた。いつも“自転車操業”か、あるいは持ち出しの運営だった。確かに、ここ数年、“海”は確かに厳しかった。そこで“明日の岸辺”へ舟を進めるため、練馬区桜台の地に移転を決意した。

移転地は築60年を超えるレトロな二階建て。今時、こんな古屋が、3.11地震にも耐えて残っていることが不思議だ。インドネシア文化宮のオープニング展示会でテーマに据えた、インドネシア最東端パプア州の南西端に位置するアスマット地方の、アスマット彫刻。世界的に知られる原始美術の宝庫。好きで集めたものだが、その量たるや半端ではなかった。移転の作業で思い知った。
画像


さて、練馬区での再オープンは、3月末を目途に進めている。すごく古い民家の上に、二階部分での展示室オープンを計画しているため、事はそう簡単には運ばない。この二月には、秋田県横手市で開催される「かまくら祭り」への、史上初の外国チームとしての“インドネシアンかまくら”設置のためにGBIは忙殺されている背景もある。

さて、新生インドネシア文化宮(GBI Baru)の姿はどんなものになるのか?現段階では主宰者自身、具体的なイメージを画き難い。とにかく、その昔の民家なのである。ロケーション的には、西武有楽町線の新桜台駅から徒歩1~2分で問題はないのだが。いつもの展示会では「ご期待ください」と記す筆者も、今回は「過大な期待はしないでね」とでも書くか。

六日後には、計9名の「インドネシアンかまくら」チームが来日する。2月13日からは、雪深い横手市を舞台に、インドネシア最南端のロテ島生まれの弦楽器ササンドゥの“かまくら内演奏会”に邁進する。防寒グッズは、装飾品の据え付けは、等々悩むことも多い。しかし、“自分の声を信じ歩けばいいの”の歌詞に励まされて、猪突猛進あるのみ、かな。


画像

練馬区桜台の移転先の様子。

画像


画像

かまくら&ササンドゥ。こんな“冒険的な”コンサート企画がかつてあっただろうか?

画像


【参考ブログ】
インドネシア文化宮(GBI)ブログ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

インドネシア文化宮2012年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2012)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201301/article_1.html

インドネシア文化宮2011年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2011)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201201/article_1.html

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

インドネシア文化宮(GBI) You Tube動画
http://www.youtube.com/user/Grahabudayaindonesia

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック