再録『GBIニュース』1998.8.18 Berita GBI(18 Agu.1998) Tim2

画像

GBIのホームページは、もともと宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックの宇野みれさんが立ち上げてくれた。その宇野さんが、サーバーに残っていたGBIホームページのデータを復元し、送ってきてくれた。今後、機会を窺いながら、特に『GBIニュース』をこのブログ上で再録していこうと考えている。13年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。 

(写真No.1)独立ゲリラ第1軍管区(ロスパロスを県都とする東部のLautem県)の司令官

大川誠一の『GBIニュース』1998年8月18日(No.2) Berita GBI(18 Agustus 1998)No.2

【ディリ発】


特報写真:東ティモール山岳部の独立派ゲリラ

先に東ティモールを取材した『ガトラ』誌東京支局長兼インドネシア文化宮代表は、州都ディリにて、いまだ山岳地帯でインドネシア国軍と対峙し、独立解放を目指しているフレテリン(東ティモール独立革命戦線)の山岳ゲリラの写真を入手した。

東ティモール駐留のインドネシア国軍司令官トノ・スラットマン大佐並びに東ティモール州知事アビリオ・ソアレス氏によれば、独立派の武装勢力はおよそ100人強とのことだが、一方、東ティモール学生連帯評議会(DSM)のゲリラ組織に極めて近い筋は、独立軍は計4つの軍管区に分かれて存在しており、13県全県に「基地」があるという。ゲリラの総数は「物資の都市部からの補給などを行う協力者なども含めると、各軍管区にそれぞれ4-5千人がいる。武装勢力自体は全体で約5千人」とも強調した。

画像

(写No.2)独立ゲリラ第4軍管区(東ティモール西部の5県)の政治秘書(左端)と作戦を練る

画像

(写真No.3)第4軍管区のゲリラたち(数種類の銃器を所持)

シャナナ・グスマオ独立軍司令官兼CNRT(東ティモール民族抵抗評議会)代表は、インドネシア軍に1992年に逮捕され、現在ジャカルタのチピナン刑務所に収監されている。(ちなみに国立東ティモール大学生たちは、『シャナナ大統領』と呼ぶ)。

シャナナ司令官の逮捕後、コニス・サンタナが独立軍を指揮していたが、現在、生死が明らかではなく(行軍中、岩の裂け目に落ちて死亡との情報もあるが未確認)、98年6月以降は、トゥ―ル・マタンルオック(ビケケ県出身で49-50歳ぐらいとか。1975年以降、シャナナらと共に山岳にこもりゲリラ戦を展開)が実質的に司令官の役目を果たしている。ABRI(インドネシア国軍)筋は、8月初旬時点で、東ティモールに駐留する将兵の数について、陸軍およそ11,000人、海軍40人弱、空軍10名以下、警察およそ1,600人と説明している。

画像

(写真No.4)8月6日にビケケ県の県都であるビケケで行われた「対話集会」の様子。横断幕には「我々ビケケの民衆はレファレンダム(住民投票)を望み、自治を拒否」と書かれている。写真は、対話集会に参加したDSM(東ティモール学生連帯評議会)広報担当者が提供。

その内、東ティモール出身者の数は、総計およそ6,100人で、内訳としては陸軍に所属している人数が約5,500人、警察およそ570人であることを明らかにした。東ティモール出身者の最高階級は少佐で、陸軍に2名、警察に1名がいる。ちなみに、東ティモール州全土の公務員(軍を除く)総数はおよそ18,300人で、その内およそ13,500人が東ティモール出身者である。


(写真注) 写真提供者の説明によれば、写真No.1は「昨年」、2と3は「ごく最近」撮影したという。また、写真の海外における公開については、事前了解済みとのこと。

Copyright 1998-2011 Graha Budaya Indonesia (GBI)
インドネシア文化宮に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 著作権はインドネシア文化宮またはその情報提供者に属します。


画像


【参考ブログ】

再録『GBIニュース』1998年8月18日Berita GBI(18 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_18.html

再録『GBIニュース』1998年8月17日Berita GBI(17 Agu.1998)HUT RI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_14.html

再録『GBIニュース』1998年8月14日Berita GBI(14 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_1.html

再録『GBIニュース』1998年8月12日Berita GBI(12 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_30.html

再録『GBIニュース』1998年8月11日Berita GBI(11 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_29.html

再録『GBIニュース』1998年8月10日Berita GBI(10 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_28.html

再録『GBIニュース』1998年8月9日 Berita GBI(9 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_27.html

再録『GBIニュース』1998年8月8日 Berita GBI(8 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_26.html

再録『GBIニュース』1998年8月7日 Berita GBI(7 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_25.html

再録『GBIニュース』1998年8月5日 Berita GBI(5 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_24.html

再録・大川誠一の『GBIニュース』1998年8月3日 Berita GBI(3 Agus.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_22.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック