芳野未央のアロール島紀行「ウォーレス線を越えろ!」(No.12) Ke Pulau Alor,NTT

画像


インドネシア文化宮(GBI)は、2002年~2008年の7年間にわたって、NTT(東ヌサトゥンガラ)州アロール県(Kab.Alor)との共催で、文化活動を軸とした島興しプロジェクトである大文化祭『エキスポ・アロール』を実施しました。“海のシャングリラ”と言っても過言ではない、美しい海底サンゴの園を有するアロール島とパンタール島、そしてブアヤ島、テルナテ島、プラ島、ケパ島などから成るアロール県。

GBIの呼びかけに応じて、これまで延べ数百名の日本人が現地を訪れた。そして、今夏、ナタラジャ・バリ(Nataraja Bali)を主宰するバリ舞踊家の芳野未央さんが「ウォーレス線を超える」との長年の夢実現を目指して、アロール島に旅立った。中学生の時、初めてバリ舞踊を見て感動。高校に入ると直ちに舞踊練習に着手。大学時代にはバリ島通い---と、芳野さんとバリ島との付き合いは筋金入り。

そして、卒業論文のテーマに「バリ島のコオロギ相撲」を課題に選び現地調査。バリ舞踊からコオロギまで。そういえば、あの『昆虫記』のジャン・アンリ・ファーブルも、昆虫研究の一方で、作曲家としての顔をも持っていた。ひょっとすると、芳野さん、舞踊家の裏面に博物学者の姿を隠しているのかもしれない。以下、シリーズでお届けする芳野未央の『ウォーレス線を越えろ!』紀行。


アロール県立博物館(撮影:GBI)。

画像


画像


画像


バリ島の東側には、ウォーレス線が通っている。ウォーレス線は、アルフレッド・ウォーレスが発見した生物の分布境界線だ。バリ島はアジア区。ロンボク島以東はオーストラリア区。ウォーレスは、マレー諸島(現インドネシア)の採集旅行を通して、ダーウィンと同時期に独自に進化論に到達した。進化論の島はガラパゴスだけじゃない。インドネシアだって進化論の島々なのだ。(ウォーレスの『マレー諸島』は、旅行記としてとても面白いので、ぜひご一読ください。)インドネシアに通い始めて二十年以上経つが、実は、バリ島より東側に行ったことがない。今回、とうとうウォーレス線を越えてきた。

2010年6月14日(月) アロール島

----県庁(空振り)----

8:00にK君が、アディダルマに迎えに来てくれる。そのとき、私はベランダにいて、誰かが来たのは目に入っていたのだが、他の人としゃべっていたし、役所の制服を着ていたので気がつかなかった。なんとなく目が合ったら、K君であった。来てるんなら、声かけてくれよ。

K君「イブ・イナンから、ブパティ(知事)のところに連れて行けって言われてるんだけど」
「へえ? じゃあ、行ってください」
県庁に行って、イブ・イナンからの手紙を持ったK君とともにうろうろする。県庁とはいえガリガリ仕事をしている感じではなく、なんとなーくおしゃべりしたりしてる人たちがぱらぱらいて、それが職員なんだか来客なんだかも良くわからない。結局、知事は出張中でいませんでした。いないってことがなんですぐに分からないんだー。

----アロール博物館----

お待ちかねの博物館だ!入って、挨拶したとたんに背の高い女性職員が出てきて、「日本語を読んでほしいものがあるのよ」と言われる。とりあえず、それを見る。刀剣。なのだが…、サーベルか?これ? 片刃だが反りがなく、明らかに日本刀じゃない。しかも、刻んである文字も、日本語に見えない。刻んであるんじゃなくて浮き彫りだしなー。鋳造時点でこういう型なんだよね? でも日の丸らしい模様がはいってるしなー。でも、龍みたいな模様も入ってて、すごく中華っぽいんですけど…。厚みもないし、刀の背も刃も薄くて、刃を作ってない。実用的な武器として作られた物じゃない。

画像

アロール県立博物館(撮影:GBI)。

大小2本と革製らしい薄い鞘、黒地に金?の文字を書いた小さな布片。想像1、戦争中に日本軍が作った褒賞品かなにか。想像2、戦後、日本の刀剣マニア用に適当に作ったイミテーション。インドネシアでは、日本刀をサムライと呼んで、アンティークとして売買されているので、その辺の客層を狙った外国人だましの2番の可能性が~~。。。ついまじめに悩んでみたが、わからん。誰か、これ、何か知ってたら教えてください。

さて、気を取り直して、端から展示を見て行きましょう。入るとモコ(銅鼓)がずらりとある。おおー。バリにはモコの文化はないので、物珍しい。しかし、実は、一体鋳造としては世界一の大きさのモコ(銅鼓)はバリにあるのだ。ペジェンのプナタラン・サシー寺の「月」がそれである。

この砂時計型の銅鼓は、ドンソン文化が起源だと言われている。紀元前4世紀~前1世紀頃の青銅器文化で、中国南部からインドネシアまで広がっている。ベトナムのドンソン遺跡の出土品からこの名前がある。考古学的には広い範囲で出土しているが、現在もこのタイプの銅鼓を現役で使っている地域は少ない。やはり、古い文化が残っている周辺地域が多いようだ。アニミズム的な儀式などに使われる物なので、中央政権の影響があった地域では外来の新しい文化にさらされて残らなかったのだろうか。

画像


画像


モコ(Moko・銅鼓)

画像


画像


画像


アロールでは、現役。この博物館に収められている物も、一応「預かる」ってことになってるんじゃなかったっけ?アロールでは、婚資などとしてつかわれる一種の動産らしい。お金代わりということだ。さらに、アンティークとして海外などにも需要があるので、盗難の危険もあり、博物館で安全に保管している。
 
博物館では、1mほどの高さのモコがガラス戸棚の中に収まっている。端から凝視していく。装飾は思ったより少ない。線刻ではなく、浮き彫りが多いので、鋳造する時点で型に装飾が彫ってあるのかな。また、思ったより時代が新しい。現役で使っていたせいもあるだろうが、あまり古色が着いていない。

装飾のモチーフも新しい。葡萄唐草など明らかに西洋の影響のあるモチーフや、龍などの中国の影響のあるモチーフもある。これらはアロールの人々が海外からの文物に触れるようになってから作られた物のはずだ。…あ、鋳造はどこでしているのだろう?アロール島内なのか、近隣の島なのか?アロール島が海外との交流を深めたのは、ここ100年ほどだと思うが、インドネシア諸島では17世紀にオランダ支配が始まっている。

この博物館のモコたちは一体何歳くらいなのだろう?私のモコのイメージというのは、ジャカルタの博物館にあった考古学的な物とペジェンの月である。両方とも、近代西洋や中国の影響より前の物で、モチーフはほとんどヒンドゥーの影響すら感じさせない。むしろ、日本の銅鐸に近い線描で、アニミズム的な世界観を感じさせるものだ。そういう大宗教以前の文化を期待していたので、ちょっと拍子抜けするが、しかし、それが見えて来たのもこれだけの数をいっぺんに見られたからだ。博物館というのは外来者のためにはやっぱりいいと思う。

画像


太鼓やかつて信仰対象だったナガ(龍)の木彫

画像


画像

 
凝視した後は、写真に撮ろう。遠くから撮ってもモチーフが分からないので、近くから一個一個撮っていく。でも、ガラス戸棚の中だからなー、反射して撮りにくいんだよなー。と、良い角度を探して右往左往していると、博物館のおじさんがガラス戸を開けてくれました。えっ、いいの?!すげーうれしい。あーりーがーとーー!すいませーん。

おじさんは、アロール人らしいヒゲもじゃの彫りの深い顔。他にもうちょっと背の高いおじさんがなんとなーくそこにいて、K君と3人でおしゃべりしているのでした。で、質問すると一応寄ってきて答えてくれたり、考えてくれたりするのだが、そんなに詳しいわけでもないんだよね。どういう役職のヒトなんだろ。事務員かな。戸棚に張り付いてジリジリと移動しつつ、一列ごとにガラス戸を開けてもらって写真撮影。

その中の一枚の戸が、なかなか開かない。戸棚自体が、手作りでゆがんでるんだと思う。ガラス戸も「戸」というか、ガラス板で枠も取っ手もついていないものだ。がたがたやっているうちに、ガコッと外れた…。おじさん笑って、そんなに気にしてないようでしたが、す、すみません…。

アロール博物館の動画


東ヌサトゥンガラ州アロール県のモコ博物館 Musium Moko, Alor, NTT
http://www.youtube.com/watch?v=3yuUq-cA_0U


画像


2008年11月15日、インドネシア文化宮で始まったバリ島舞踊写真展(2008年11~2009年2月)オープニングでバリ舞踊のPanyambrama(歓迎の踊り)とMargapati(森の王の踊り)を披露する芳野さん(撮影:GBI)


(注)画像は特に表示がない場合、芳野未央さん撮影



http://www.digibook.net/d/5a55edff8018b2752293a9157f6a8524/?viewerMode=fullWindow




http://www.digibook.net/d/9685ad5b91d8923922d129854b604466/?viewerMode=fullWindow

【芳野未央プロフィール】

1988年4月 東京都立小平南高等学校入学。バリ舞踊を学びはじめる      
1992年4月 東京農業大学農学部農学科入学
1996年3月 東京農業大学農学部農学科(昆虫学研究室)卒業
1996年9月 インドネシア政府国費留学生(ダルマシスワ)としてインドネシア芸術大学バリ島デンパサール校

STSI(現ISI)留学。バリ舞踊専攻
1998年3月 帰国
1998年5月 自主公演「ナタラジャ・バリ」第一回開催。以後、平成20年まで9回開催
2000年6月 ガムラングループ・スカールジュプンのバリ島アートフェスティバル公演に参加。
2005年3月 スマトラ沖地震被災地アチェ支援チャリティー「ゴトンロヨン」公演(都内3箇所)
2007年6月 創作ガンブー公演「竹取物語」演出・振付・出演

<講師歴>
1999年 4月~ 読売日本テレビ文化センター 錦糸町校
2005年12月~ 神宮外苑フィットネスクラブ サマディ
2010年 2月~ 東急セミナーBE 渋谷校

<バリでの師匠>
【 】内は習った踊り。

・イブ・チュニック:バトゥアン村、ジョゲピンギタンの踊り手。バリ最高齢の現役ダンサーだったが、2010年、85歳(推定)で天寿を全うする。トペン舞踊の名手まマデ・ジマットの母。【ジョゲピンギタン、バトゥアンのルジャン】
 
・イブ・カスニン:シンガラジャ・サワン村、タルナジャヤの踊り手。タルナジャヤ作者から直接教えを受けた最後の世代。数年前に亡くなる。【クビヤール・レゴン】

・グス・アジ・ブランシンガ:ブランシンガ村、クビヤール・ドゥドゥックの踊り手。70歳を超えてなおダンディな往年の大スター。【クビヤール・ドゥドゥック、バリス】

・グスティ・アユ・ラカ:プリアタン村、オレッグ・タムリリンガンの最初の踊り手。伝説的な踊り手マリオに直接指導を受けた最後の世代。【オレッグ・タムリリンガン】

・アナック・アグン・ラカ:プリアタン村、プリアタンスタイルの継承者。グヌンサリ、ティルタサリ、両舞踊楽団の創始者マンダラ翁の娘さん。【プリアタンスタイルのレゴン各種、ペンデット、プスパメカール】
 
・イブ・アユ・コルミ:スバリ村、ジョゲピンギタンの踊り手。スバリスタイルのジョゲピンギタン唯一の継承者。【ジョゲピンギタン】

・アナック・アグン・アノム:ウブド村、バリスの名手。スマララティ舞踊楽団のリーダーでもある。【バリス】
 
・イブ・アユ:ウブド村、オレッグとタルナジャヤの名手。アノムの妻であり、グスティ・アユ・ラカの姪。【タルナジャヤ、レゴン】

・イブ・スカール:バトゥアン村、イブ・チュニックの孫。バトゥアンのお家芸ガンブーをはじめ、男踊りもこなすマルチプレイヤー。【ガンブー、ウィラナタ、など】

・ニョマン・ブディアルト:バトゥアン村、イブ・チュニックの孫。マデ・ジマットの長男で最強のジャウック・ダンサー。【トペン・ニッコー、ジャウック】

・チョコルド・ルクミニ・プトゥリ:シンガパドゥ村、オレッグを得意とする。最近ではアートフェスティバルのコンペティションのための指導を数多く手がけ、多くを入賞に導いている。【プスパワルナ、チャンドラワシ、マヌックラワ、ユダパティ、ダヌールダラ、ウィラナタなど】

・イブ・アリニ:デンパサール市、レゴンの名手。【ドゥマンミリン】

・イブ・スシラ:デンパサール市、チョンドンの名手。【レゴン・ラッサム】

・イブ・パルティニ:デンパサール市、古典的男性舞踊の名手。【パンジ・スミラン】

・イブ・チャンドリ:シンガパドゥ村、歌謡劇アルジョのカリスマ。バリ歌謡といえば、第一にこの人の名前が挙がる。【アルジョ】
 
・バパ・スクルタ:パヤンガン村、影絵劇ワヤンの演者(ダラン)。トペン舞踊も踊る。【歌】
 
・イブ・アグン:タティアピ村、ジャンゲールの継承者。古いスタイルのジャンゲールの男女両方の歌と振り付けを教えられる。インドネシア空手シラットの使い手でもある。【ジャンゲール】

【関連ブログ】

芳野未央のアロール島紀行「ウォーレス線を越えろ!」Ke Pulau Alor, NTT~(No.11)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_17.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_18.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_19.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_20.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_21.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_22.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_23.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_24.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_25.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_26.html
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201011/article_27.html

『LIKE・A・BALIJINウブドの達人展』スタート(Pameran Foto Bali)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_19.html

【芳野さんのWebsite】

ナタラジャ・バリ(Nataraja Bali)ホームページ
http://www.geocities.jp/nataraja_bali/

ナタラジャ・バリのバリ島の本
http://blog.livedoor.jp/balibooks/

【アロール島関連ブログ】
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/c88587e2d0.html


【東ヌサトゥンガラ州関連ブログ】
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/46f57db1d2.html


【アロール関連動画】


東ヌサトゥンガラ州アロール島の海 The Sea of Alor Island
http://www.youtube.com/watch?v=u00GOBDWVfE


NTT州アロール島のレゴレゴ・ダンスの今昔 Lego-Lego Dance of Alor Regency, NTT
http://www.youtube.com/watch?v=o5PvQtRPtKs


東ヌサトゥンガラ州フローレス&アロール島 Promotion Video Flores & Alor Islands
http://www.youtube.com/watch?v=M0EZqVYBr2Y


東ヌサトゥンガラ州プロモーションビデオ Promotion Video NTT Province Indonesia
http://www.youtube.com/watch?v=GuP7Qg1801g


【ササンドゥ関連ブログ】
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/7a2ebd273c.html

【ササンドゥ関連動画】


バリ芸術祭でザカリアス・ンダオンさんがササンドゥ演奏(1) PKB ke-32(撮影:芳野未央)
http://www.youtube.com/watch?v=itE5oQ1MA9I


バリ芸術祭でザカリアス・ンダオンさんがササンドゥ演奏(2) PKB ke-32(撮影:芳野未央)
http://www.youtube.com/watch?v=rz6Wc__3DJ0

【ササンドゥ関連動画一覧】
http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%B5%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A5&aq=f

アロール県政府公式ホームページ(インドネシア語)
http://www.alorkab.go.id/

NTT(東ヌサトゥンガラ)州政府公式ホームページ(インドネシア語)
http://www.nttprov.go.id/


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック