忽然と消えた神奈川県のアチェ津波写真展Pameran Foto Aceh yg dibatalkan

画像


一枚のチラシがある。タイトルは「写真展TSUNAMIをこえて」~スマトラ沖地震とインドネシア・アチェの子どもたち~
日程は2009年10月31日~11月29日のはずだった。主催は神奈川県立地球市民かながわプラザ、そしてどういう意味かは理解しがたいが「指定管理者」は(財)かながわ国際交流財団(KIF)。会場はJR根岸線の本郷台近くにある「あーすぷらざ」の3階展示室。

で、現在の同財団のホームページを見てみると。以下の写真展が進行中だ。豊田直巳写真展「大津波アチェの子供たち~スマトラ沖地震から5年~」。期間は2009年10月31日~12月6日。下のほうに、「写真展のタイトルを当初予定しておりました「写真展 TSUNAMIをこえて」より変更しました」とある。

アチェ人写真ジャーナリストの作品から日本人写真家の記録に急遽差し替えて企画したものであろう。


「写真展TSUNAMIをこえて」~スマトラ沖地震とインドネシア・アチェの子どもたち~のチラシ


画像


今では幻と消えた初期の企画のチラシの裏面には以下の説明があった。「スマトラ沖地震から5年。現地ジャーナリストが見つめた、災害を乗り越えた人びとの姿」。さらに解説によれば、「この写真展では、アチェにおける津波被害から復興までの人びとを見つめた現地ジャーナリストの写真約60点を紹介します」とある。

このチラシは遅くとも9月末には出来上がっていた。というのも、“指定管理者”である財団法人かながわ国際交流財団のスタッフが「協力」を求めてインドネシア文化宮(GBI)にやってきた去る9月30日には、多量のチラシがすでに印刷済みで、そのチラシを文化宮に置いてほしいとの要望も受けた。と同時に、開始まで残り一ヵ月という時期に、すでに公式チラシも出来上がっているのにも関わらず、さらに展示物を探し回っている姿に、なにか侘しくも、信じがたい同財団の仕事手法も感じた。「この組織は、真摯にある国の国際交流にあたろうとしているのか?」---小さな疑問が沸き起こった。本来ならば、展示内容を煮詰めて、固まった段階でチラシは作るものだろう。だが、チラシが刷り上った後で、彩を添えたいのか、色々な展示物を探し回っている。しかも知人のドキュメンタリー映画製作会社も、ほぼ同時期に、アチェ関連映像の提供の打診を受けたと聞く。チラシが先行、イベント内容は後処理、なのか。不思議な企画だな、と思った。しかも、基幹の写真展の展示物自体が、著作権所有者との間で、完璧な使用合意に達していないことが後日判明した。


画像


しかし、インドネシア文化宮は、コンタクトを受けた当初からこの展示会の趣旨に賛同し、可能な限りの協力をすることを約した。アチェを代表する画家マフディ・アブドゥラ氏のアクリル絵画を3点、アチェの子どもたちが津波被災後に描いた絵画20点の無償提供を申し出た。但し、「くれぐれも、アチェの写真家たちからの写真使用許可は確認しておいたほうがいいですよ」とアドバイスもした。その時、同財団は「写真の二次使用権は、日本のP出版社が処理したので問題はない」との立場を伝えてきた。

この写真展は、元々、アチェの地元のジャーナリストが故郷アチェをファインダーを通じて熱い思いで撮影したからこそ価値のある企画だった。それらの写真記者とも知己のインドネシア文化宮は、それが故、協力を惜しまなかった。

そして展示会開始まであと残すところ10日前後に迫った頃、インドネシア文化宮は、アチェの写真ジャーナリストグループの代表からメールを受信した。それはAJGがP社に宛てたメールのCCだった。曰く「KIFとP社との間の契約の透明性に鑑み、第三者である我々アチェ・ジャーナリスト・グループ(AJG)は、その契約書の写しを入手したい」---もっともな要望だと思う。曰く「AJGはP社との間で写真の二次使用に関して正式なMOU(覚書)を結んでいない。しかもKIFとP社との契約の不透明性。従って、AJGの全メンバーの承諾を得ていない現下、我々は展示会に参加しない」---もっともな論理だと思う。曰く「写真の使用料金に関して、言われるXXXXX円という使用料は納得できる金額ではない。その算出根拠を求めたい」---もっともな交渉・要望だと思う。
メールは「従って、KIFとP社の間にAJGの利益代表人としてインドネシア文化宮が関与して欲しい」と結んであった。また同メールの最後の文章は「願わくば、アチェ写真ジャーナリストとしての尊厳を考慮して欲しい」と、P社に宛てたメールのコピーが添付されていた。


画像


行政組織による国際交流事業は、各都道府県・市町村で積極的に行われている。まさに国中で「国際交流」ブームだ。それはとても良いことではある。しかし、それらのイベントが本来の主人公である、対象国の“尊厳”をどの程度勘案しているのかという点は、とかく見落とされがちだ。主催者のご都合主義によって、国際交流イベントと称するものが横行してはいないか。今回の神奈川県の企画には、そんなことを感じさせるプロセスが見え隠れしていた。

被災1年目、被災5年目、被災10年目---だから関心を寄せられるアチェであっていいのか?それは主催者の思惑でどうにでもなるものかもしれない。しかし、17万の尊い命を失った未曾有の自然災害、そしてそれ以前の長い間の硝煙の地域紛争を体験したアチェの人々にとって、アチェは毎日が“アチェの連続”である。ふっと思い出したように、軽いノリで企画し、軽いノリで承諾を取り、イベントを実行してしまえば、その後は、また別のテーマ探しに奔走する....。それを看過するには、アチェの写真ジャーナリストには酷な話だ。まさに彼らが言う“アチェ人の尊厳”にかけて。

写真展『TSUNAMIをこえて』は幻に終わった。公式チラシだけが、そういった企画が存在したことを伝える。そして、そんな企画などなかったかのように、別のアチェ写真展企画が進行している。


私たちにとって大切なことはお金ではありません。私たちの知らないところで、私たちアチェ人記者が故郷アチェの歴史を記録した作品群が、私たちが関与できないまま、不透明なままに、第三者によって使用されていくことに納得ができないのです。ですから、写真展が中止になっても残念だとは思いません。私たちはアチェ人です。私たちは記者です。私たちにもアチェ人としての尊厳があります』---AJGのリーダーからきたメールにはそう書いてあった。


【参考ブログ】

アチェ人画家マフディ氏ドイツ個展開会式の様子Suasana Pameran Mahdi
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200910/article_30.html

アチェ人画家マフディさんドイツ個展のカタログ(動画)Pameran Mahdi di Jerman5
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200910/article_27.html

アチェ人画家マフディさんドイツ個展のカタログPameran Mahdi di Jerman(4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200910/article_26.html

アチェ人画家マフディさんドイツ個展のカタログPameran Mahdi di Jerman(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200910/article_25.html

アチェ人画家マフディさんドイツ個展のカタログPameran Mahdi di Jerman(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200910/article_23.html

アチェ人画家マフディさんのドイツ個展開催 Pameran Mahdi di Jerman
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200910/article_20.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(7) マフディ北海道へ!
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_27.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(6) マフディ北海道へ!
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_24.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(5) マフディ北海道へ!
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_23.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(4) 2002年の動画記録 Pelukis Aceh
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_22.html

アチェ人画家マフディさんがドイツで芸術名誉市民に Mahdi@Jerman
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_17.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(3) 2002年の動画記録 Pelukis Aceh
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_15.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(2) 2002年の動画記録 Pelukis Aceh
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_10.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラ東京個展(1) 2002年の動画記録 Pelukis Aceh
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_9.html

ドイツで創作活動を始めたマフディさん Pelukis Aceh Mahdi di Jerman
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_29.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラさんドイツへ2 Mahdi Abdullah ke Jerman
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_15.html

アチェ人画家マフディ・アブドゥラさんドイツへ Mahdi Abdullah ke Jerman
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_14.html

5月23日:ドキュメンタリー映画「Silent After War」&「語らずに死ねるか」上映会
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200905/article_23.html

4月25日(土)アチェ最新ドキュメンタリー映画【Silent After War】上映会
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200904/article_19.html

明日4月18日(土)アチェ最新ドキュメンタリー映画【Silent After War】上映会
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200904/article_17.html

4月18日(土)アチェ最新ドキュメンタリー映画【Slient After War】上映会
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200904/article_14.html

4月18日(土)アチェ・ドキュメンタリー映画【Slient After War】上映会
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200904/article_13.html

アチェ・ドキュメンタリー映画【Slient After War】上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200904/article_11.html

アチェ最新ドキュメンタリー映画上映会開催予告(Silent After War:Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200903/article_28.html

スマトラ島沖大地震・巨大津波四周年報道写真(Pameran Foto Aceh 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_27.html

アチェ西海岸ムラボの村人が首都公演(Pertunjukan SHE LAGEE di JKT)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_1.html

アチェのサクラさん&ディーヴァちゃんの日本滞在記(2)Kenangan Sakura(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_2.html

アチェのサクラさん&ディーヴァちゃんの日本滞在記(1)Kenangan Sakura(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_1.html

アチェのサクラさんが来日・上映会&懇親会(Sakura Aceh ke Negeri Sakura)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200804/article_1.html

アチェの画家マフディさんの個展(Pameran Mahdi Abdullah di NAD)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200802/article_2.html

アジア創造美術展始まる(Pameran Asia Creative Art Exhibition 2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200801/article_2.html

アチェとパプア絵画を国立新美術館で展示(Asia Creation Art Exhibition)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_1.html

アチェ津波絵画&風刺漫画を義援金に(マフディ・アブドゥラ氏の作品)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_5.html

アチェ津波被災三周年企画展のお知らせ(Pameran Aceh 3 thn Tsunami)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_4.html

アチェの津波ポールとアンボンの津波防災啓蒙看板(Tugu Tsunami Aceh) 
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_3.html

バンダアチェの樹木の運命(2) Nasib pohon2 Banda Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_2.html

バンダアチェの樹木の運命(1) Nasib pohon2 Banda Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_1.html

アチェ教育映画上映会のお知らせ(Pemutaran Film2 Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200710/article_1.html

アチェに死す(3) Kuburan Warga Jepang di Aceh(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_5.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

アチェに死す(1) Kuburan Warga Jepang di Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_3.html

アチェで日本のドキュメンタリー&アニメ映画を上映(Pemutaran Film di Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_1.html

アチェのドキュメンタリー映画上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_4.html

アチェ伝統刺繍文化展のお知らせ(Pameran Budaya Sulaman Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_1.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』ジャカルタ上映&報告
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_6.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_2.html

早春賦をテーマにした映画が完成しました!
http://soushunfu.blog89.fc2.com/

映像で見るアチェの今昔
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200701/article_2.html

スマトラ島沖大地震・巨大津波二周年報道写真展のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_7.html

アチェ&早春賦(映画:二つの故国をつなぐ歌)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_2.html






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック