第1回国際口琴フェスティバルin東京(Jew's Harp)

画像



日本口琴協会代表の直川礼緒(ただがわ れお)さんから、今月末に『第1回国際口琴フェスティバルin東京』が開催されることを教えてもらった。口琴(こうきん)は英語では「Jew's Harp」と称されるようで、世界各地にその楽器文化が展開している。インドネシアでも、各地に口琴楽器が存在している(いた)。
筆者がよく知っているのは、同国最東端のパプア州の中央高地。標高およそ1,500mの高原に暮らすラニ民族(総称でダニ民族と呼称されることもある)やヤリ民族、そして南部低湿地帯と中央高地の境界付近に暮らすモミナ民族やチタック民族の間でも、ごくごく普通に、伝統楽器として用いられている。パプア州のそれは、その全てが竹製だ。奏者も子供から老人まで、世代を超えている。しかし、女性が奏でることは極めて稀である。
一方、“神々の島”バリではゲンゴン(Genggong)と呼ばれている。どちらかと言えばお年寄りに奏者が多い。今時の若者にはウケない楽器なのかもしれない。


パプア州の中央高地、ワメナ盆地に暮らすラニ民族のピコン(撮影:GBI)。


画像



十数年前、北海道の阿寒湖・屈斜路湖をベースとするアイヌ詞曲舞踊団の『モシリ(Moshiri)』のメンバーと共に、当時はイリアンジャヤ(Irian Jaya)と呼ばれていたパプア州を旅行し、中央高地のジャヤウィジャヤ(Jayawijaya)県の県都ワメナ(Wamena)で、公演会を実施したことがある。その公演の目玉は、モシリの若い女性メンバーと、地元のラニ民族との口琴合奏だった。
モシリは、口琴楽器「ムックリ(Mukkuri)」を、ラニの人々は「ピコン(Pikon)」を奏でた。その形といい、演奏方法といい、瓜二つと言っても過言ではない共通文化に、双方が驚いたことは言うまでもない。もちろんモシリのメンバーは“プロ”なので、まるで電子楽器のような音色とメロディーは、ラニの村人たちをして『上手すぎ!』と感動させた。北海道の道東から真南へおよそ5,500km。世界で二番目に大きなニューギニア島の、内陸奥深く、脊梁山脈のど真ん中で繰り広げられた“口琴合奏”は、「♪びよびょーん♪」のリズムで、異民族の共通文化を目の当たりに曝け出した。



画像


パプア州のモミナ民族のソマクレ。中央高地民族の「ピコン」と比べて大きく、太い竹を用いている。ヒモは内側に引っ張る(撮影:GBI)。


一体、ヌサンタラ(インドネシア群島)にどれぐらいの種類の口琴があり、その素材が何であって、どのような演奏方法なのか---を知る術はない。一説では、素材は竹や木、そして金属とのことだが、その存在地域を列挙できるほどの情報はない。インドネシアに在住している読者諸兄からの情報を待ちたい。
ちなみに、ジャワ島のスンダ地方では、カリンディン(Karinding)と呼ばれ、なんでもケチャピ(Kecapi:ギターに似た弦楽器)が登場するずっと以前から存在していたとも言われる。中部ジャワではリンディン(Rinding)と称され、。バリ島ではゲンゴン(Genggong)と呼ばれる。
西ジャワでは、素材として竹か「Pelepah Kawung(棕櫚椰子の主脈)」が使われている。そして、これら口琴楽器の目的と言うのが、世界の他地域とは大きく変わっている。それは、害虫や害獣などを田圃や畑などに近づけないための“超音波装置”として、その昔使っていたのだという。人の耳には聞こえにくい、もしくは聞こえない音波を出すことによって、鳥やネズミ、そしてモグラなどを追い出していた、と。
日がな田圃で、畑で口琴を使って“超音波”を出している内に、リズムを付けたり、メロディを創作していき、やがて音楽の楽器に変貌を遂げていった---少なくとも西部ジャワではそうだったようだ。



画像



モミナ民族(上)とラニ民族(下)の口琴の形状比較。


画像



バリ島のバトゥアン村のニョマン・サデックさんはゲンゴン演奏の名手。その昔、ニューヨークやロサンゼルスで公演を行ったこともある(1997年撮影:GBI)


画像



日本口琴協会代表の直川礼緒さんが著した『口琴のひびく世界』


【注】 東京音楽大学民族音楽研究所2008年度公開講座として行われる『第1回国際フェスティバルin東京』は、2009年3月27日(金)~28日(土)に東京音楽大学で開催される。詳細は以下のURLを参照。

http://www.koukin.jp/ikft1flower/


【参考ブログ】


日本口琴協会(Japan Jew's Harp Association)のホームページ
http://www.koukin.jp/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック