東部インドネシアの旧日本軍航空基地(38) Bandara Dai Nippon(38) ヤムール湖

画像



第二軍の司令部があったマノクワリ(Manokwari)には、昭和17(1942)年10月13日、海軍の「ニューギニア民政府」が置かれた(総監は浜田海軍中将。但し二年後の2月1日、民政府は解体され、第26海軍建設部が設立された)。この海軍民政府の要請に基づいて、昭和18(1943)年、学者を中心とした編成で、「海軍ニューギニア調査隊」が西部ニューギニア各地で地質、鉱物、農業、植物、民族、動物、測量などの分野の調査を行った。当然のことながら、この第一班から第六班に分かれて実施された調査は、将来の軍用飛行場や軍用道路、さらには将兵の自活を支える農場適地などについて重大な関心を持たされた。
昭和18(1943)年9月30日、大本営陸海軍部は、中・南部太平洋方面作戦陸海軍中央協定を発表したが、この中で、濠北方面の航空基地設定に関する分担表を提示し、ヤムール湖地域においては、海軍が担当して第一から第五までの計5個の飛行場の造成を計画していた。この陸海軍中央協定が結ばれる数か月前に、海軍はすでにヤムール地峡での飛行場適地探しを行っていた。



ヤムール(Yamur)湖。8 X 4kmの菱形をしている。周囲約35km。


画像


ヤムール湖を源にオンバ(Omba)川が発し、南西6km地点でウラマ(Ulama)川と合流。そこから南東約67km地点でナプリ(Napri)川と合流、後、アラフラ海のオンバ村に注ぐ。


『㊙ ニューギニア調査報告書 第9篇(測量班報告)』(昭和19年6月 海軍ニューギニア調査隊)は、ヤムール(Yamur)地峡とベラウ(Berau)地峡の調査結果をまとめている。調査期間は昭和18(1943)年3月12日~5月17日で、マノクワリを出発点とした。その「測量班報告1」は「西部ニューギニア・ヤムール地峡交通路踏査報告書」と題し、調査員・海軍嘱託・遠藤友平の名でまとめられている。同報告書は、“結論”の項で、飛行場適地の有無に関して次のように記している。
飛行場適地として:a.パプー部落附近、b.アカマ、シニミ間路線近傍、c.ヤムール湖東方モロパリイ一帯、d.オンバ川と支流ウラマ川合流点右岸地域、e.オンバ川とナプリイ川との合流点左岸地域、f.オンバ部落附近、g.エトナ湾頭ナノサ岬
水上基地として:a.ヤムール湖、b.エトナ湾一圓
この報告書は、資材集結所や貯蔵地の適地についても言及している。また道路については「本地峡の交通路開設は比較的容易にして軍用道路として價値あるのみならず、路線沿に展開する可耕地約3萬町歩と推定さるるに付産業道路としての價値亦極めて大なり」と、軍派遣の調査隊らしい、期待感溢れる提言をしている。
調査隊の名称は「資源調査隊第3班先遣隊」。遠藤友平海軍嘱託を含め計4名の測量班、これに医療班が2名、輸送並びに原住民調査担当として、泉靖一調査員以下2名、通信担当1名、通訳1名、並びに海軍報道班員1名の計11名が調査員。これに警戒隊と称する海軍兵士が計4名加わり、この他、カナカ軍夫(日本統治下のミクロネシアから連れてきたパラオ人)を常時5名使用し、さらにパプア人苦力を村ごとに募集し、延べで3,647名使用したとされる。しかし、ヤムール地峡の飛行場が建設されることはなかった。



画像



ヤムール湖に浮かぶアンガディ(Anggadi)島(左)とアイリピアマ島。


画像



『㊙ ニューギニア調査報告書 第9篇(測量班報告)』(昭和19年6月 海軍ニューギニア調査隊)


『西イリアン記』(廣川書店刊 昭和38年6月5日初版)を著した佐竹義輔氏は、東京帝国大学理学部植物学科を卒業後、昭和14年から東京科学博物館(現在の国立科学博物館)で学芸官を務めていたが、この海軍ニューギニア調査隊の第三班(東京科学博物館職員で編成)の班長として参加した。同書によれば、調査隊の計6班は、人の和を重んじて、一班一校(所)の指針で編成された。第一班は東北帝国大学、第二班は資源科学研究所、第四班は京都帝国大学、第五班は南洋庁、そして第六班は南洋興発株式会社だった。第三班に課せられた重要任務は「ヤムール地峡の軍用道路の測量、飛行場の適地を調査する」ことであった。
「ヤムール地峡は軍略上極めて重大な所であるから一日も早く我軍がこれを確保し、南アラフラ海への連絡軍用道路を作りたい。大体が平地であるからワオブの直ぐ南にある三〇〇米の山を迂回又はケーブル施設によって征服さえすればあとは道路建設も楽と思う。ヤムール湖畔附近に兵舎建設地及び幅ニ〇〇米の飛行場を偵察選定されたい。湖より南方エトナ湾までの水路並に陸路を偵察し、戦略的地点は特に注意されたい」---『西イリアン記』によれば、二十五根拠地司令官(筆者注:海軍第25特別根拠地隊。司令官は鈴木長藏少将)は、そのように田山利三郎海軍ニューギニア調査隊長、佐竹義輔第三班長、そして遠藤友平嘱託(南洋庁技手・測量担当)の三氏を前に語ったという。「要するに目的は、軍用道路建設のざっとした測量と兵舎及び飛行場の適地選定であることがわかった」---佐竹班長がその時の感想を述べている。



画像



ヒクイ鳥の形にも似ているニューギニア島。ヤムール地峡は、ちょうどその首部分にあたる。


画像




画像




画像



印は、調査隊が推薦した6ヵ所の飛行場適地


画像



アラフラ海上空から見たヤムール地峡(衛星画像)。幅およそ2-3kmのエトナ湾がアラフラ海から約45km先のキルル村まで続く。


画像




画像



現在では、ワオブからヤムール湖方向に向けて道路が出来ている。おそらく木材業者が整備したものと思われる。


画像



画像



マナミ湖の中心部をオンバ川が貫流。湖の中、左右に陸地を抱えるオンバ川。珍しい光景だ。


【参考ブログ】


東部インドネシアの旧日本軍航空基地(37) Bandara Dai Nippon(37) ハベマ湖(Danau Habema)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(36) Bandara Dai Nippon(36) ロンベバイ湖(Danau Rombebai)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(35) Bandara Dai Nippon(35) ウィッセル湖(Danau Wiessel/Paniai)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(34) Bandara Dai Nippon(34) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(33) Bandara Dai Nippon(33) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(32) Bandara Dai Nippon(32) ワクデ島(Pulau Wakde)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(31) Bandara Dai Nippon(31) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_2.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(30) Bandara Dai Nippon(30) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_34.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(29) Bandara Dai Nippon(29) サルミ(Sarmi)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_33.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(28) Bandara Dai Nippon(28) ナビレ(Nabire)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_32.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(27) Bandara Dai Nippon(27) ヌンホル島(Pulau Numfor)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_31.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(26) Bandara Dai Nippon(26) ヌンホル島(Pulau Numfor)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_30.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(25) Bandara Dai Nippon(25) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_29.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(24) Bandara Dai Nippon(24) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_28.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(23) Bandara Dai Nippon(23) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_26.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(22) Bandara Dai Nippon(22) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_25.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(21) Bandara Dai Nippon(21) ビアク島(Pulau Biak)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_24.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(20) Bandara Dai Nippon(20) マピア島(Pulau Mapia)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_22.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(19) Bandara Dai Nippon(19) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_21.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(18) Bandara Dai Nippon(18) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_20.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(17) Bandara Dai Nippon(17) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_19.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(16) Bandara Dai Nippon(16) ソロン(Sorong)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_18.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(15) Bandara Dai Nippon(15) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_17.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(14) Bandara Dai Nippon(14) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_16.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(13) Bandara Dai Nippon(13) イドレ(Idore)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_15.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(12) Bandara Dai Nippon(12) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_14.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(11) Bandara Dai Nippon(11) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_12.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(10) Bandara Dai Nippon(10) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_11.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(9) Bandara Dai Nippon(9) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_10.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(8) Bandara Dai Nippon(8) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_9.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(7) Bandara Dai Nippon(7) マノクワリ(Manokwari)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_8.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(6) Bandara Dai Nippon(6) サガ&バボ(Saga & Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_7.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(5) Bandara Dai Nippon(5) バボ&サガ(Babo & Saga)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_6.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(4) Bandara Dai Nippon(4) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_5.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(3) Bandara Dai Nippon(3) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_4.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(2) Bandara Dai Nippon(2) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_3.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地 (Bandara Dai Nippon) バボ(Babo)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200812/article_2.html

マルク州タニンバル紀行(9) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_1.html

マルク州タニンバル紀行(8) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_10.html

マルク州タニンバル紀行(7) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_9.html

マルク州タニンバル紀行(6) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_8.html

マルク州タニンバル紀行(5) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_7.html

マルク州タニンバル紀行(4) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_6.html

マルク州タニンバル紀行(3) Ke Tanimbar, MTB. Maluk (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_5.html

マルク州タニンバル紀行(2) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_4.html

マルク州タニンバル紀行(1) Ke Tanimbar, MTB, Maluk (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200806/article_3.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

戦後が来ない西南東マルク県。占領の傷跡は誰が癒してくれるのか?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_6.html

パプアの桜(No.2) Pohon Sakura Papua(No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_4.html

パプアの桜(No.1) Pohon Sakura Papua(No.1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_3.html

西パプア州政府(Provinsi Papua Barat)
http://www.papuabaratprov.go.id/

パプア州政府(Provinsi Papua)
http://web.papua.go.id/

マノクワリ県(Kabupaten Manokwari)
http://www.manokwarikab.go.id/

ヤーペン島嶼県(Kabupaten Kepulauan Yapen)
http://www.yapenwaropen.go.id

ビアク・ヌンホル県(Kabupaten Biak Numfor)
http://www.biak.go.id/

ソロン県(Kabupaten Sorong)
http://www.sorongkab.go.id/

南ソロン県(Kabupaten Sorong Selatan)
http://sorongselatankab.go.id/

サルミ県(Kabupaten Sarmi)
http://www.sarmikab.go.id/

ワローペン県(Kabupaten Waropen)
http://www.waropenkab.go.id/

ファクファク県(Kabupaten Fakfak)
http://www.fakfakkab.go.id/

ビントゥニ湾県(Kabupaten Teluk Bintuni)
http://www.bintunikab.go.id/

ウォンダマ県(Kabupaten Teluk Wondama)
http://www.telukwondama.go.id/

カイマナ県(Kabupaten Kaimana)
http://www.kaimanakab.go.id/

ジャヤプラ市(Kota Jayapura)
http://www.jayapurakota.go.id/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック