ロテ島ササンドゥ物語(4) Sasandu, Rote, NTT(4)

画像



サリサンドゥとササンドゥ・ビオラの共通点と相違点
サリサンドゥの発展は滞っていましたが、19世紀初頭、この楽器は、大学で音楽を勉強した芸術家たちによって、変貌を遂げました。つまり、サリサンドゥを発展させ、現在ササンドゥ・ビオラ(Sasandu Biola)と呼ばれる“ササンドゥ(Sasandu)”を創りあげたのです。主な芸術家の一人はコーネリス・フランス(Cornelis Frans)です。
サリサンドゥとササンドゥ・ビオラには共通点と相違点があることも知っておく必要があります。それらは以下の通りです。

1:共通点

使用される材料は共通

2:相違点
a . サリサンドゥ(Sarisandu)はササンドゥ・ゴング(Sasandu Gong)と同じ構成

1.五音音階(5つの音から成る):c-d-e-g-a 階名だとド・レ・ミ・ソ・ラ
2.9~11本の弦
3.ロテ島の伝統曲専用
4.独奏
5.バンド編成の中の一楽器

b .ササンドゥ・ビオラ(Sasandu Biola)の構成

1.全音階(7つの音から成る):c-d-e-f-g-a-b 階名だとド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ
2.単音ならば28弦まで、倍音ならば44弦まで
3.一般的な曲、地方のポップスを演奏できる
4.ササンドゥのみのバンド形式
5.合奏



ロンタール(棕櫚椰子)を背景にロテ島伝統舞踊の盛装姿で立つエルニさん(2002年当時、高校三年生)。左側のおじいさんが手にするものは、ササンドゥの形によく似ているが、液体用の容器。ロンタールの葉を丸めると、瞬時に半球型の容器となる。この半球型を応用してササンドゥは作られる。


画像



ササンドゥ合奏隊。左端でゴングを担当するのは、マルテン・ヘヌク(Marthen L. Henukuh)さん。元県都バア(Baa)第一高校の校長、現在は、ロッテンダオ(Rote dan Ndao)県の教育局長。メンバー全員がロテ独特の、ロンタールの葉で編んだ帽子ティイランガ(Tiilangga)を付けている。


インドネシア共和国の独立後、旧秩序の時代から新秩序時代の初めまで、この二種類の楽器はほとんど廃れていました。なぜなら、広くは東ヌサトゥンガラ州の、狭くはロテ島の若い世代の間で、西洋のモダン楽器が好まれるようになり、またポップス、ジョゲットなどの新たな曲が影響したからです。
しかし、新秩序の政策、特に芸術や文化面の政策のおかげで、インドネシア全土の、各地域の隅々にある伝統芸術が保護され、発掘され、さらにその価値を高める必要があるとされたからです。その政策はサバン(Sabang)からメラウケ(Merauke)まで、そしてミアンガス(Miangas)からロテ(Rote)までいきわたりました。



画像



一番手前のサムおじさん(青いシャツ姿)は、ロテ島随一のササンドゥの作り手だったが、昨年他界した。まともなササンドゥを作れて、且つ、演奏もこなす後継者はもはやロテ島にいない。一つの音楽文化が“消滅”の危機に立たされている。


画像



ロンタールの葉を手にするサムおじさん。先端部分の葉は、通常のココナッツ椰子のように細く分かれているが、ロンタールの葉は、このように、葉の真ん中あたりから付け根部分まで各葉がくっついている。このため、軸を真ん中にぐるっと丸めると、半球状になる。これを二つ作って、天秤棒の前後に取り付けると、水やトゥアック(Tuak:椰子酒)を運搬する道具となる。


画像



県都バアを海側から望む。乾燥した丘陵地帯にロンタールの樹が群生している。


【参考ブログ】


ロテ島ササンドゥ物語(3) Sasandu, Rote, NTT(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_7.html

ロテ島ササンドゥ物語(2) Sasandu, Rote, NTT(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_6.html

ロテ島ササンドゥ物語 (1)  Sasandu, Pulau Rote, Propinsi NTT
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_5.html

ロテ島の楽器ササンドゥの運命(2) Nasib Sasando di Pulau Rote(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_4.html

ロテ島の楽器ササンドゥの運命(Nasib Sasando di Pulau Rote) (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_3.html

ロテ島&サブ島伝統イカット展(Pameran Ikat Rotendao & Savu-NTT)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200801/article_1.html

インドネシア最南端のロテ島で伝統イカットが消滅(Tenun Ikat di Pulau Rote)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_2.html

第7回アロール県エキスポ画像リポート(2)Expo Alor ke-VII(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_2.html

第7回アロール県エキスポ画像リポート(1)Expo Alor ke-VII
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_1.html

第7回アロール・エキスポ情報(Expo Alor ke-VII)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_2.html

アロール県エキスポでオスカルさんのファッションショー
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_5.html

第6回アロール県エキスポで日本の竹製品を紹介
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_4.html

第6回アロール・エキスポ情報(Expo Alor ke-VI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_11.html

アロール県がタマンミニにパビリオンをオープン
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_4.html

Mr.おじいさん&Mrs.おばあさんコンテスト
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_5.html

アロール島でミスコンを主催
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_4.html

世界で二番目に美しい海中公園アロール島
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_3.html

第5回アロール・エキスポで日本の絣&着物を展示
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_7.html

第5回アロール・エキスポで寿司を握る
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_6.html

アロール島事典(日本語): http://alor.hp.infoseek.co.jp/

アロール県公式Website(インドネシア語)
http://www.alorkab.go.id/

アロール県Website(英イ語): http://www.alor-island.com/

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック