ロテ島ササンドゥ物語(5) Sasandu, Rote, NTT(5)

画像



【国内でのサリサンドゥの紹介】
ほぼ廃れていた、ロテ島住民のみが所有していたサリサンドゥは現在、広く世界中で、特に国内全土でとても有名です。東ヌサトゥンガラ(NTT)州やロッテンダオ(Kabupaten Rote dan Ndao)県で今、若い世代によってこの楽器を廃れさせないための努力が続けられています。
州都クーパン(Kupang)で行われる東ヌサトゥンガラ州や県・郡レベルの地方芸術大会の催しの場に、サリサンドゥ演奏グループは必ず呼ばれています。また、首都ジャカルタで行われる、全国地方芸術・音楽大会にも必ず参加しています。
1983年10月、サリサンドゥは初めて、州伝統音楽・舞踊・合唱大会において、ロバライン(Lobalain)郡芸術団によって披露されました



楽器ササンドゥ(Sasandu)そして奇妙な形の帽子ティイランガ(Tiilangga)。いずれもロンタール(しゅろ椰子)の葉が素材。ロテ島民にとって、ロンタールは生活に欠くことのできない樹木だ。


画像



ササンドゥ音楽をバックに、伝統舞踊の練習に励む女子高生。


そして1984年1月8~11日にも、首都ジャカルタのTaman Izmail Marzuki(TIM)で行われた全国芸能大会で、東ヌサトゥンガラ州の代表として、ロバライン(Lobalain)郡芸術団によって再び披露されたのです。
この他に、伝統音楽ササンドゥ(Sasandu)は、2001年10月にジャカルタで行われた「2001年度地方自治博」でも、バア(Baa)で編成された芸術グループ「Nusa Tua Meni」によって演奏が行われました。
ササンドゥの歴史についてのロテ住民の話は、だいたいこのようなものです。少しおかしな形をして、バンドとしても、一人でも弾けるササンドゥ。願わくば、このロテ島オリジナルの楽器が、永久に保護され、発展し、世界中へそのメロディーを伝えていくことです。これは、ロテ島民の楽器なのです。



(一連のササンドゥに関する情報は、ロテ島ロバライン第一高校元校長で、現県教育長のDrs. M.arthen L.Henukhさんがまとめたものである)


画像



超近代的なササンドゥ。弦を取り付けた竹筒が3本も。さらにアンプに繋ぐこともできる。


画像



ロテ島西南部のナンブレラ海岸。国際クラスのサーフィン・スポットとして知られている。この一帯は、楽器ササンドゥの発祥地でもある。


画像



まさに“限りなく透明に近いブルー”。ロテ島そしてンダオ(Ndao)島には手つかずの大自然が残っている。


【参考ブログ】


ロテ島ササンドゥ物語(4) Sasandu, Rote, NTT(4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_8.html

ロテ島ササンドゥ物語(3) Sasandu, Rote, NTT(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_7.html

ロテ島ササンドゥ物語(2) Sasandu, Rote, NTT(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_6.html

ロテ島ササンドゥ物語 (1)  Sasandu, Pulau Rote, Propinsi NTT
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_5.html

ロテ島の楽器ササンドゥの運命(2) Nasib Sasando di Pulau Rote(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_4.html

ロテ島の楽器ササンドゥの運命(Nasib Sasando di Pulau Rote) (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_3.html

ロテ島&サブ島伝統イカット展(Pameran Ikat Rotendao & Savu-NTT)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200801/article_1.html

インドネシア最南端のロテ島で伝統イカットが消滅(Tenun Ikat di Pulau Rote)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_2.html

第7回アロール県エキスポ画像リポート(2)Expo Alor ke-VII(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_2.html

第7回アロール県エキスポ画像リポート(1)Expo Alor ke-VII
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_1.html

第7回アロール・エキスポ情報(Expo Alor ke-VII)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_2.html

アロール県エキスポでオスカルさんのファッションショー
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_5.html

第6回アロール県エキスポで日本の竹製品を紹介
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_4.html

第6回アロール・エキスポ情報(Expo Alor ke-VI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_11.html

アロール県がタマンミニにパビリオンをオープン
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_4.html

Mr.おじいさん&Mrs.おばあさんコンテスト
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_5.html

アロール島でミスコンを主催
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_4.html

世界で二番目に美しい海中公園アロール島
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200611/article_3.html

第5回アロール・エキスポで日本の絣&着物を展示
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_7.html

第5回アロール・エキスポで寿司を握る
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_6.html

アロール島事典(日本語): http://alor.hp.infoseek.co.jp/

アロール県公式Website(インドネシア語)
http://www.alorkab.go.id/

アロール県Website(英イ語): http://www.alor-island.com/

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック