NTB州スンバワ島紀行(4) 観光(Perjalanan ke Sumbawa No.4)

画像


Perjalanan ke Sumbawa(4) Turis asing ke Sumbawa
Menurut statistik Dinas Pariwisata Kab.Sumbawa, pada tahun 2004, diantara kaum turis asing yang datang di
Kabupaten Dalam Loka, ternyata yang paling banyak adalah keturunan Samurai dari Negeri Sakura, yakni sebanyak
223 orang.Berikut warga Perancis(217 orang), dan warga AS(155 orang).Tampak masih kurang jumlah hoter berbintang.
Tapi disini terdapat alam yang betul2 masih asli---suatu potensi luar biasa di NTB.



人口およそ39万人(2005年県観光局統計)のスンバワ県。面積は約6,643km2。現在22郡から構成。これまで、故ダイアナ王妃も訪れたことがある高級リゾートホテルのあるモヨ島(Pulau Moyo)を中心に“観光”が語られてきたが、県は今、本島サイドで観光オブジェクトの発掘、育成に努めている。マリンリゾート地としては、同県最東部で、ドンプー(Dompu)県との県境付近にあるチェンピ(Cempi)湾のマチ(Maci)やシリ(Sili)浜をサーフィンスポットとして挙げている。これまでサーフィンに適した浜として、チェンピ湾に面したドンプー県のフウ(Huu)が世界のサーファーに知られていたが、スンバワ県は、その対面に位置するマチとシリの大波に期待を賭けている。さらに、対岸にタンボラ火山を望むサレー(Saleh)湾やモヨ島近海は、ダイビングスポットとして注目。
県都スンバワ・ブサールから南西におよそ2時間。バトゥランテ山の手前の山容。スンバワ島は火山が生んだ起伏に富んだ地形が特徴。マリンリゾートだけではなく、山岳部に将来の観光開発の活路を見る。


県都スンバワ・ブサール市内の見どころとしては、やはりスンバワ王朝の王宮跡(Istana Dalam Loka)。木造の巨大な王宮は、現在修復作業が急ピッチで行われており、日本政府も無償技術援助を提供している。さらに、王族の末裔が暮らすバラ・クニン(Bala Kuning)と呼ばれる、黄色い家。最後の王様であるKaharuddin IIIが住んでいた。現在はその長女が息子夫婦や孫らと暮らしている。市内から西へ2時間ほどのアラス(Alas)郡に浮かぶブンギン(Bungin)島は、“世界一の人口密度”を売り物に、今後、観光客の増大を期待している。スンバワ土産は、何といっても蜂蜜。セモンカット(Semongkat)町の蜂蜜は、この島とアフリカの某国にしかないと言われる樹木の花の蜜を集めたもので、インドネシア国内でも最高級の誉れ。


画像



スンバワ県観光局長のザイヌディン氏によれば、2006年に同県を訪れた外国人観光客で一番多かったのは日本人。その数223人。その多くが、モヨ島(P.Moyo)にある四つ星ホテルのアマンワナ(Amanwana Resot。部屋数20)に宿泊した模様。次いでフランス人の217名。三位にアメリカ人、155名。以下、イギリス人(138名)、オーストラリア人(116名)、オランダ人(106名)、スペイン人(27名)、ドイツ人(17名)、イタリア人(14名)、スイス人(12名)。
乾期の8月は、カポック綿の季節。かつては、枕の中身に利用されていたが、今ではほとんど応用されていない


画像




画像



スンバワ・ブサール郊外にある“伝統村”。スンバワ独特の高床式住居


画像




画像



ケンチャナ・ビーチ・コテージ前の浜。8月の西日は、長い影を作る


画像




画像



スンバワ・ブサール市内から車で15分程度の距離にある、綺麗な砂浜に面したケンチャナ・ビーチ・コテージ(Kencana Beach Cottage。部屋数25)。タンボラホテルのオーナーが所有。小さいながらもプールもある。☆☆付きホテル。砂というよりも、珊瑚質の浜。ここにもノラ猫やノラ犬が住み着いていて、彼らと遊ぶと結構楽しい。


画像



市内から10分ほどの高台にあるラグナ・ビル・ホテル(Laguna Biru Hotel。部屋数7)。眼前に港があり、景色はまあまあだが、眼下を通る道路の騒音が気になる。道路は、夕刻から、単車で集まるカップルたちのデートスポット。ここにもノラ猫が。特技は、誰でも構わず、ずっとついてくること。


画像



スンバワ・ブサール市内、県政府庁舎前に建つ、部屋数50のホテル・タンボラ(Hotel Tambora)。中庭にはノラ猫が徘徊し、時には猿も出現。煮干でノラ猫を手なずけたい旅行者に最適。中国製コンビーフ缶詰も試してみたが、なぜか一口も食べなかった。煮干の次に効果的なものは鰯の水煮缶詰だった。


【参考ブログ】


NTB州スンバワ島紀行(3) タンボラ火山(Perjalanan ke Sumbawa No.3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_2.html

NTB州スンバワ島紀行(2) ブンギン島(Perjalanan ke Sumbawa No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_1.html

NTB州スンバワ島紀行(1) ノラ猫(Perjalanan ke Sumbawa, NTB) (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_5.html

スンバワ県政府Website
http://www.sumbawakab.go.id/

スンバワ島観光
http://sumbawa.org/

スンバワのニュース
http://www.sumbawanews.com/

ドンプー県政府Website
http://www.dompu.go.id/

ビマ県ビマ市政府Website
http://www.bimakota.go.id/

NTB(西ヌサトゥンガラ)州政府Website
http://ntb.go.id/deskripsiwilayah/petasumberdaya.php


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック