NTB州スンバワ島紀行(13) 王宮2(Perjalanan ke Sumbawa No13)

画像


Perjalanan ke Sumbawa(13) Kerajaan Sumbawa
Daftar Raja Kerajaan Sumbawa(1674-1958).


スンバワ王朝史によれば、初代から最後の国王までの軌跡は以下のようになる。

初代:Sultan Harunnurasyid I(1674-1702)
2代:Sultan Muhammad Jalaluddin Syah I(1702-1723)
Dewa Loka Ling Sampar(幼児の時に死去か?)
3代:Dewa Ling Gunung Setia(1702-1723)皇太子としてか、それとも摂政としてか不明
4代:Sultan Kaharuddin I(1733-1758)
5代:I Sugi Ratu Keraeng Bontoparang(4代の妻のSultan Siti Aisyah)(1759-1760)
6代:Lalu Onye Datu Ungkap Sermin(1761-1762)
7代:Gusti Mesir Abdurrachman(M. Jalaluddin Syah II)(1762-1765)
8代:皇太子→Sultan Mahmud Dewa Mepaconga Mustafa Datu Taliwang(1766-1776)
9代:Datu Seran(Sultan Harunnurrasyid II)(1777-1790)
10代:Sultan Syafiatudin(1791-1795)(Sultan Harunnurrasyidの娘)
11代:Sultan Muhammad Kaharuddin II(1795-1816)
12代:Nene Ranga Mele Manyurang(1816-1825)
13代:Gusti Mele Abddullah(1825-1836)
14代:Sultan Amrullah(1836-1882)(Muhammad Kaharuddin IIの息子)
15代:Sultan Muhammad Jalaluddin III(1883-1931)(Muhammad Amrullahの孫))
16代:Sultan Muhammad Kaharuddin III(1931-1958)(Muhammad Jalaluddin IIIの息子)
ちなみに、最後の国王カハルディン三世の長男であるMuhammad Abdurrahman Daengは1941年4月5日生まれで、誕生日当日に皇太子としての戴冠式を執り行った。その結果、1941-1958年、皇太子職を務めた。現在名Daeng Ewanの同氏は、ガジャマダ大学&インドネシア大学経済学部を卒業した後、某国立銀行に勤務、現在はロンボク島在住で、地銀のNTB(西ヌサトゥンガラ)銀行の役員を務めている。


王様が身につけていたクリス(聖なる短剣)。ベラン・カムタル(Berang Kamutar)よ呼ばれる。全長約58.5cm。剣の長さは約45.5cm。金銀合金製の鞘には、アラビア語文字で“アラーは偉大なり”と彫られている。ハンドル部分には龍が。


画像



バラ・クニン(黄色い館)の入り口に立つニンドさん(ダエン・ニンド・シティ・ラハユ・カハルディン:Daeng Nindo Siti Rahayu Kaharuddin)。彼女は、最後の国王であるカハルディン三世の長女にあたる。


画像



ムハマッド・ジャラルディンIII(Muhamad Jalaluddin III)第15代国王(1883-1931)。最後の国王であるカハルディン三世(1931-1958)の実父。


画像



スンバワ王朝最後の国王であるカハルディン三世。


画像



最後の国王と王妃。オランダ植民地支配、そして日本軍政、さらに草創期のインドネシア共和国の三つの時代を生きた。


画像



後ろは、カハルディン三世国王と王妃。手前の左は、長男で皇太子のムハマッド・アブドゥラフマン・ダエン エワン(Muhammad Abdurrahman Daeng Ewan)、右は長女のニンドさん(Daeng Nindo Rahayu Kaharuddin)。


画像



左より、長女のニンドさん、元王妃、元国王、元皇太子。


画像



皇太子の冠(Mahkota Ode)。金製。被っているのは、最後の国王の長女の息子にあたるコトットさん。世が世ならば、コトットさんも皇太子もしくは国王になれたのかもしれない。現在、同氏はスンバワ県政府の広報課に勤務する公務員。


画像



コトットさんの娘たち。高校生。国王の私邸にあたるバラ・クニン(黄色い館)に、両親と祖母と暮らしている。歴代の王妃らが残したソンケット(縫取り織)の絶品を、惜しげもなく着こなしている。


画像



歴代の王様&王妃が残した結婚衣裳や盛装、そしてアクセサリー類など。黄色い館を守るニンドさんは、これらスンバワ王朝の品々をカタログ化したいと願っているが、資金の見通しはついていないという。無償援助などで対応することはできないものか。


画像




画像




国王の冠。金製。アラビア語文字でアッラー、ムハマッドと刻印されている。


画像




画像



【参考ブログ】


NTB州スンバワ島紀行(12) 王宮(Perjalanan ke Sumbawa No12)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_11.html

NTB州スンバワ島紀行(11) 水牛2 (Perjalanan ke Sumbawa No.11)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_10.html

NTB州スンバワ島紀行(10) 水牛レース(Perjalanan ke Sumbawa No.10)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_9.html

NTB州スンバワ島紀行(9) モスク(Perjalanan ke Sumbawa No.9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_8.html

NTB州スンバワ島紀行(8) 鍛冶屋(Perjalanan ke Sumbawa No.8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_7.html

NTB州スンバワ島紀行(7) ソンケット(Perjalanan ke Sumbawa No.7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_6.html

NTB州スンバワ島紀行(6) 独立記念日2(Perjalanan ke Sumbawa No.6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_5.html

NTB州スンバワ島紀行(5)独立記念日(Perjalanan ke Sumbawa No.5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_4.html

NTB州スンバワ島紀行(4) 観光(Perjalanan ke Sumbawa No.4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_3.html

NTB州スンバワ島紀行(3) タンボラ火山(Perjalanan ke Sumbawa No.3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_2.html

NTB州スンバワ島紀行(2) ブンギン島(Perjalanan ke Sumbawa No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_1.html

NTB州スンバワ島紀行(1) ノラ猫(Perjalanan ke Sumbawa, NTB) (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_5.html

スンバワ県政府Website
http://www.sumbawakab.go.id/

スンバワ島観光
http://sumbawa.org/

スンバワのニュース
http://www.sumbawanews.com/

ドンプー県政府Website
http://www.dompu.go.id/

ビマ県ビマ市政府Website
http://www.bimakota.go.id/

NTB(西ヌサトゥンガラ)州政府Website
http://ntb.go.id/deskripsiwilayah/petasumberdaya.php





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック