インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS NTB州スンバワ島紀行(13) 王宮2(Perjalanan ke Sumbawa No13)

<<   作成日時 : 2008/09/12 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

画像


Perjalanan ke Sumbawa(13) Kerajaan Sumbawa
Daftar Raja Kerajaan Sumbawa(1674-1958).


スンバワ王朝史によれば、初代から最後の国王までの軌跡は以下のようになる。

初代:Sultan Harunnurasyid I(1674-1702)
2代:Sultan Muhammad Jalaluddin Syah I(1702-1723)
Dewa Loka Ling Sampar(幼児の時に死去か?)
3代:Dewa Ling Gunung Setia(1702-1723)皇太子としてか、それとも摂政としてか不明
4代:Sultan Kaharuddin I(1733-1758)
5代:I Sugi Ratu Keraeng Bontoparang(4代の妻のSultan Siti Aisyah)(1759-1760)
6代:Lalu Onye Datu Ungkap Sermin(1761-1762)
7代:Gusti Mesir Abdurrachman(M. Jalaluddin Syah II)(1762-1765)
8代:皇太子→Sultan Mahmud Dewa Mepaconga Mustafa Datu Taliwang(1766-1776)
9代:Datu Seran(Sultan Harunnurrasyid II)(1777-1790)
10代:Sultan Syafiatudin(1791-1795)(Sultan Harunnurrasyidの娘)
11代:Sultan Muhammad Kaharuddin II(1795-1816)
12代:Nene Ranga Mele Manyurang(1816-1825)
13代:Gusti Mele Abddullah(1825-1836)
14代:Sultan Amrullah(1836-1882)(Muhammad Kaharuddin IIの息子)
15代:Sultan Muhammad Jalaluddin III(1883-1931)(Muhammad Amrullahの孫))
16代:Sultan Muhammad Kaharuddin III(1931-1958)(Muhammad Jalaluddin IIIの息子)
ちなみに、最後の国王カハルディン三世の長男であるMuhammad Abdurrahman Daengは1941年4月5日生まれで、誕生日当日に皇太子としての戴冠式を執り行った。その結果、1941-1958年、皇太子職を務めた。現在名Daeng Ewanの同氏は、ガジャマダ大学&インドネシア大学経済学部を卒業した後、某国立銀行に勤務、現在はロンボク島在住で、地銀のNTB(西ヌサトゥンガラ)銀行の役員を務めている。


王様が身につけていたクリス(聖なる短剣)。ベラン・カムタル(Berang Kamutar)よ呼ばれる。全長約58.5cm。剣の長さは約45.5cm。金銀合金製の鞘には、アラビア語文字で“アラーは偉大なり”と彫られている。ハンドル部分には龍が。


画像



バラ・クニン(黄色い館)の入り口に立つニンドさん(ダエン・ニンド・シティ・ラハユ・カハルディン:Daeng Nindo Siti Rahayu Kaharuddin)。彼女は、最後の国王であるカハルディン三世の長女にあたる。


画像



ムハマッド・ジャラルディンIII(Muhamad Jalaluddin III)第15代国王(1883-1931)。最後の国王であるカハルディン三世(1931-1958)の実父。


画像



スンバワ王朝最後の国王であるカハルディン三世。


画像



最後の国王と王妃。オランダ植民地支配、そして日本軍政、さらに草創期のインドネシア共和国の三つの時代を生きた。


画像



後ろは、カハルディン三世国王と王妃。手前の左は、長男で皇太子のムハマッド・アブドゥラフマン・ダエン エワン(Muhammad Abdurrahman Daeng Ewan)、右は長女のニンドさん(Daeng Nindo Rahayu Kaharuddin)。


画像



左より、長女のニンドさん、元王妃、元国王、元皇太子。


画像



皇太子の冠(Mahkota Ode)。金製。被っているのは、最後の国王の長女の息子にあたるコトットさん。世が世ならば、コトットさんも皇太子もしくは国王になれたのかもしれない。現在、同氏はスンバワ県政府の広報課に勤務する公務員。


画像



コトットさんの娘たち。高校生。国王の私邸にあたるバラ・クニン(黄色い館)に、両親と祖母と暮らしている。歴代の王妃らが残したソンケット(縫取り織)の絶品を、惜しげもなく着こなしている。


画像



歴代の王様&王妃が残した結婚衣裳や盛装、そしてアクセサリー類など。黄色い館を守るニンドさんは、これらスンバワ王朝の品々をカタログ化したいと願っているが、資金の見通しはついていないという。無償援助などで対応することはできないものか。


画像




画像




国王の冠。金製。アラビア語文字でアッラー、ムハマッドと刻印されている。


画像




画像



【参考ブログ】


NTB州スンバワ島紀行(12) 王宮(Perjalanan ke Sumbawa No12)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_11.html

NTB州スンバワ島紀行(11) 水牛2 (Perjalanan ke Sumbawa No.11)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_10.html

NTB州スンバワ島紀行(10) 水牛レース(Perjalanan ke Sumbawa No.10)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_9.html

NTB州スンバワ島紀行(9) モスク(Perjalanan ke Sumbawa No.9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_8.html

NTB州スンバワ島紀行(8) 鍛冶屋(Perjalanan ke Sumbawa No.8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_7.html

NTB州スンバワ島紀行(7) ソンケット(Perjalanan ke Sumbawa No.7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_6.html

NTB州スンバワ島紀行(6) 独立記念日2(Perjalanan ke Sumbawa No.6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_5.html

NTB州スンバワ島紀行(5)独立記念日(Perjalanan ke Sumbawa No.5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_4.html

NTB州スンバワ島紀行(4) 観光(Perjalanan ke Sumbawa No.4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_3.html

NTB州スンバワ島紀行(3) タンボラ火山(Perjalanan ke Sumbawa No.3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_2.html

NTB州スンバワ島紀行(2) ブンギン島(Perjalanan ke Sumbawa No.2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_1.html

NTB州スンバワ島紀行(1) ノラ猫(Perjalanan ke Sumbawa, NTB) (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200808/article_5.html

スンバワ県政府Website
http://www.sumbawakab.go.id/

スンバワ島観光
http://sumbawa.org/

スンバワのニュース
http://www.sumbawanews.com/

ドンプー県政府Website
http://www.dompu.go.id/

ビマ県ビマ市政府Website
http://www.bimakota.go.id/

NTB(西ヌサトゥンガラ)州政府Website
http://ntb.go.id/deskripsiwilayah/petasumberdaya.php





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NTB州スンバワ島紀行(14) 王宮3(Perjalanan ke Sumbawa No14)
{%王冠docomo%}バリ島の東の東。ロンボク島の東隣のスンバワ島は、バリ島から極めて近い場所にあるものの、これまで注目されることはなかった。一方、この島を超えた東側のフローレス島は、殊に観光面でツーリストのデスティネーション度が高まってきている。国際クラスのリゾート地であるバリ島は、大規模な爆弾テロを二度ほど受けたが、それでも“バリはバリ”の強みで、新たな観光施設やショッピング街の建設など、依然元気がいい。いわんや、最近では中国人やロシア人が大挙して訪れるようになり、益々グ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/13 00:00
NTB州スンバワ島紀行(15) 王宮4 (Perjalanan ke Sumbawa No15)
Perjalanan ke Sumbawa(15) Pakaian Resmi Raja Sumbawa Di Bala Kuning, pengunjung dapat melihat berbagai jenis benda-benda peninggalan Kerajaan Sumbawa. Antara lain: pakaian resmi dari Raja terakhir. ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/14 00:00
NTB州スンバワ島紀行(16) 王宮5 (Perjalanan ke Sumbawa No16)
Perjalanan ke Sumbawa(16) Pakaian Resmi Raja Sumbawa "Gadu Kamutar(Baju Kebesaran)"---begitu disebut satu set pakaian Raja(Jas, Celana panjang dan Rok=Kere). Warna Hijau dan Hitam merupakan warna khas/lambang bagi seorang Raja. Sedangkan Per... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/15 00:00
NTB州スンバワ島紀行(17) 王宮6 (Perjalanan ke Sumbawa No17)
Perjalanan ke Sumbawa(17) Keris Raja “Kris Baruwayat”dan “Kris Kamutar”----Kerajaan Sumbawa meninggalkan beberapa banyak Keris yang suci/mulia. Dahulu, ketika terjadi bencana kebakaran atau kebanjiran, Raja keluarkan pedang keris. Konon begi... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/16 00:00
NTB州スンバワ島紀行(18) 王宮7 (Perjalanan ke Sumbawa No18)
Perjalanan ke Sumbawa(18) Jimat & Mail Kerajaan Sumbawa---sepertinya mayoritas masyarakat Sumbawa beragama Islam---dahulu merupakan sang pelindung agama Islam. Seorang Raja pun selalu memohon perlindungan kekuatan Tuhan yang maha kuasa. Buk... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/17 00:03
NTB州スンバワ島紀行(19) 王宮8 (Perjalanan ke Sumbawa No19)
Perjalanan ke Sumbawa(19) Pakaian resmi sang Permaisuri Inilah pakian resmi dan aksesori, juga Keris bagi seorang Permaisuri.Warna baju Permaisuri adalah merah dan hijau. Hiasaan dibuat dari logam campuran emas dan perak.Keris yang terpasa... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/18 00:00
NTB州スンバワ島紀行(20) 王宮9 (Perjalanan ke Sumbawa No20)
Perjalanan ke Sumbawa(20) Benda-benda Kerajaan Sumbawa Kerajaan Sumbawa yang berlangsung selama 284 tahun meninggalkan berbagai jenis benda-benda yang tak lain dari "harta" budaya Pulau Sumbawa. Berikut: Kipas yg disebut "Pakebas Kamutar", ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/19 00:00
NTB州スンバワ島紀行(21) 王宮10 (Perjalanan ke Sumbawa No21)
Perjalanan ke Sumbawa(21) Benda-benda Kerajaan Sumbawa Kerajaan Sumbawa yang berlangsung selama 284 tahun meninggalkan berbagai jenis benda-benda yang tak lain dari "harta" budaya Pulau Sumbawa. Berikut: Pasaji(tempat kue), talam, Pabua Kam... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/20 00:00
NTB州スンバワ島紀行(22) 王宮11 (Perjalanan ke Sumbawa No22)
Perjalanan ke Sumbawa(22) Pedang Kerajaan Sumbawa Selain Keris, Kerajaan Sumbawa meninggalkan beberapa banyak Pedang yang mulia. Dari koleksi Pedang, dapat ketahui sejarah Pulau Sumbawa yang sempat dijajah Belanda dan Dai Nippon. ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/21 00:00
NTB州スンバワニュース.com(Sumbawanews.com)
{%感謝(チカチカ)hdeco%}インドネシア文化宮(GBI)のブログが連載している『NTB州スンバワ島紀行』が地元メディアの関心を呼んでいる。スンバワ島のニュースを中心に、NTB(西ヌサトゥンガラ州)ばかりか、全インドネシアのニュースをも適時掲載しているサイト(Sumbawanews.com)が、さる9月18日、これまでの『NTB州スンバワ島紀行』を紹介、リンクし始めた。光栄なことです。掲載は、同WebsiteのPhoto(写真)欄で、国際ニュースコーナーでの紹介。外国人が、どの... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/21 19:21
NTB州スンバワ島紀行(23) 王宮12 (Perjalanan ke Sumbawa No23)
Perjalanan ke Sumbawa(23) Keris & Pedang Kerajaan Sumbawa Inilah "Samurai" alias pedang Jepang yang diberikan tentara Dai Nippon kepada Raja Sumbawa. Dan mahkota Ode yang dipakai sang pangeran mahkota. ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/22 00:00
NTB州スンバワ島紀行(24) 王宮13 (Perjalanan ke Sumbawa No24)
Perjalanan ke Sumbawa(24) Budaya Tenun Songket Kini aktivitas penenunan kain Songket di Kabupaten Sumbawa merosot drastis. Padahal dahulu, terdapat beberapa desa dimana menghasilkan kain Songket yang masih tradisional---pakai benang pintal... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/23 00:00
NTB州スンバワ島紀行(25) 王宮14 (Perjalanan ke Sumbawa No25)
Perjalanan ke Sumbawa(25) Budaya Tenun Songket(2) Kini aktivitas penenunan kain Songket di Kabupaten Sumbawa merosot drastis. Padahal dahulu, terdapat beberapa desa dimana menghasilkan kain Songket yang masih tradisional---pakai benang pin... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/24 00:39
NTB州スンバワ島紀行(26) 王宮15 (Perjalanan ke Sumbawa No26)
Perjalanan ke Sumbawa(26) Budaya Tenun Songket(3) Kini aktivitas penenunan kain Songket di Kabupaten Sumbawa merosot drastis. Padahal dahulu, terdapat beberapa desa dimana menghasilkan kain Songket yang masih tradisional---pakai benang pin... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/09/25 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NTB州スンバワ島紀行(13) 王宮2(Perjalanan ke Sumbawa No13)  インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる