マルク州タニンバル紀行(1) Ke Tanimbar, MTB, Maluk(1)

画像



【MTB(西南東マルク県・West South-East Molluccas Regency)のあらまし】

陸面積は約14,584km2(11.63%)、海上面積は約110,838km2(88.37%)。134の島々から構成。内110は無人島。主要な島はタニンバル(Tanimbar)諸島、ババル(Babar)島、レモラ(Lemola: Leti島、Moa島、Lakor島3島の略称)諸島、そしてウェタル(Wetar)島。17郡187村。27の言語。人口は152,247(2000年)。2002年8月、南東マルク県から分離。1都市(アンボン)と7県から成るマルク州(人口約133万人)の1県。但し、2008年7月19日にも、ババル島からウェタル島までの島々が、同県から分離し、MBD(マルク南西)県として新たな行政をスタートさせる予定。MBDはその県都をモア(Moa)島のティアクール(Tiakur)に置く予定。この結果、MTB県はヤムデナ(Yamdena)島を核とするタニンバル諸島のみとなる。
宗教構成は、プロテスタントが約45%、カトリックが約38%、その他のキリスト教が約12%、そしてイスラムが5%。圧倒的にキリスト教率が高い。この背景には、“香料諸島”を目指したヨーロッパ勢力の進出が大いに関係している。7世紀の唐の時代には、すでに、中国から香料を求めて中国人がマルク一帯にやってきたとされる。そして9世紀にはアラブ系商人が、やはり香料に惹かれマルクに。そしてこれに伴って14世紀頃までには、アラブ人を通じてイスラム教が同地にもたらされた。一方、12世紀にはスリウィジャヤ王国、そして14世紀にはマジャパイト王国がスマトラ島・ジャワ島からマルク諸島一帯までをも支配したとされる。大航海時代の到来は、マルク諸島を劇的に変化させた。1512年にポルトガル船がヨーロッパ勢として初めて到達。地元の王国と友好を結ぶ一方で、香料取引に足場を作った。1546年2月には、あのフランシスコ・ザビエルもやってきた。この頃からキリスト教の布教も本格化したものと思われる。しかし、1570年には、地元民の抵抗の末、ポルトガルは撤退。やがて、同地域の支配権はオランダに移る。VOC(東インド会社)の下、その後約350年間、オランダは香料取引を独占する一方で、キリスト教の浸透にも努めた。1800年、英国はオランダの追い出しをスタート、1810年、その実現に成功。しかし、1814年、英国は東インドを再びオランダに返すことを余儀なくされた。


上の画像は:サムラキ市郊外の西オリリット(Olilit Barat)地区に5年前から建設が始まった観光スポット“聖地”の「Findrwar(フィンドゥワール・たくさんの石柵の意味)」。キリスト教にちなんだ数々の像(イエス・キリスト像、マリア像、キリスト&マリア像、十字架に張り付けられたキリスト像など)が、海が見える高台に建つ。


画像



MTB(西南東マルク)県政府のパンフレットによれば、州都から遠く離れ、いわんや首都ジャカルタの遥か東の外れに位置することから、“インドネシアの忘れられた島々”と、そのネガティブ面を逆手にとって長所として紹介している。2008年6月時点での航空網は、メルパティ(Merpati Nusantara Airlines)がアンボン→サムラキ→キサール島→サムラキ→アンボンのルートを週2便就航。またトゥリガナ航空(Trigana Air)がアンボン→サムラキ→トゥアル→アンボンを週2便就航している。
船便はさておき、貧弱な航空路は、これまで同県をまさに“Forgotten Islands”にしてきた。天候に大きく左右され、また小型双発機しか離着陸できないオリリット(Olilit)空港の規模が、その背景にある。そこで、同県政府は、2010年開港を目標に、県都サムラキの北東に位置するロルルン(Lorulun)に1,700メートルの滑走路を建設中だ。これが完成すると、ジェット機は無理だが、F-27型機のような中型双発機の離着陸が可能となり、航空事情は格段に向上する。
MBD県が生まれると多少事情は変わるが、MTB県は、東ティモールとオーストラリアという二つの隣国と接する位置にあるため、県政府は“忘れられた島々”のロケーションをして“黄金の三角地帯”に変貌させようと目論んでいる。すなわち、国境の地を活かして、豪州と東ティモールとの貿易・交流を進める計画だ。特に、豪州との関係は最優先課題だ。このため、2005年7月には県政府自らダーウィンへ出かけて、サムラキ市と同市との友好都市締結を持ちかけ、基本合意に達している。そして遠くない将来、この基本合意を踏まえて、教育や医療面での協力関係に関する覚書を結ぶ計画を持っている。
2002年の南東マルク(Maluk Tenggara)県からの分離による新県の誕生から6年。遅いと言えばその通りかもしれないが、今ようやく新県としてのインフラ整備が終盤を迎えている。サムラキの高台には、赤瓦平屋建ての官庁街が出現し、県庁ビルも完成間近。そして三ツ星を謳うホテル・ギャラクシーもオープンした。
タニンバル諸島は、かつて太平洋戦争の時代、日本軍にとって、連合国と対峙する“最前線”と位置づけられていた。このため、今日のMTB県の主要な島に、その地元住民数並びに農水産能力とは不釣り合いな規模の日本兵が駐屯した。また、日本軍の“最前線”はそのまま連合国軍の“最前線”をも意味し、その結果、海上・航空能力で優った連合国軍の攻撃を受け、多数の地元住民もその犠牲者となった歴史がある。疑心暗鬼が軍と住民双方に生まれやすい緊張感に包まれた最前線。この結果、後述するが、日本軍による地元住民の大規模虐殺事件もMTB県の一角であるババル(Babar)島で起きている。
“忘れられた島々”からの離脱を賭け、SDD(Saumlaki・Darwin・Dili)ゴールデン・トライアングル構想を推し進めるMTB県。計9回の予定で、『タニンバル紀行』シリーズを掲載します。



画像




タニンバル諸島はオーストラリアのダーウィンからおよそ500km。2005年7月、サムラキ市とダーウィン市は、将来、友好都市を締結することで合意。これまで5回、ヨットレースの「Sail Saumlaki(ダーウィン→サムラキ)」が開催されており。今年は7月19日に第6回目を実施予定。


画像




マルク州の州都アンボンのパティムラ(Pattimura)空港。メルパティ航空の双発小型機がヤムデナ島のサムラキまで就航している。所要時間およそ3時間。


画像




アンボンとサムラキの間には、“地震の巣”とも言われるバンダ海が。


画像




ヤムデナ島の東南端に県都のサムラキが位置する。その南西には、かつて日本軍が最前線を置いたセラル島。


画像




メルパティ航空の機内。およそ20人乗り。


画像




サムラキのオリリット(Olilit)空港(撮影:MTB県政府)


画像




天候が悪い時期は、頻繁に飛行がキャンセルされる。確実な空路の確保がMTB県の優先課題の一つ。県はサムラキ市北東のロルルン地区に新たな空港を建設中。


画像



サムラキ空港のターミナル“ハウス”。市内からは十数分の距離。


下の3枚の画像はサムラキ市内の海岸通り。新たなホテル建設が進む。


画像




画像




画像



下の2枚の画像は、サムラキの新港湾設備。下側は、同港湾の衛星画像。


画像




画像




MTB県政府が所有する、県内を就航する船。


画像




港では、アンボンやティモール島のクーパンからの荷揚げが。


画像




港近くには、外島から“輸入”された雑貨を販売する店が軒を連ねる通りが。建物の割には大きなパラボラアンテナ。テレビ放送の受信や携帯電話網は、インドネシアの他の島々と変わらないが、インターネット網の整備にはまだ数年要するものと思われる。


画像




下の4枚の画像は、サムラキで2007年時点で最高級とされたHotel Harapan Indah(美しい希望)。宿泊客のために、乾季でも水の確保に力を注いでいる。食事はルームサービスを含めてすべて現金払い。華人青年が経営者で、バリにもアンティークショップを持っているとか。


画像




画像




画像




画像




【タニンバル関連ブログ】


タニンバル島謎の石階段(Tangga Batu, Tanimbar, MTB, Maluk)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_5.html

タニンバル島謎の石船No.2(Kapal Batu, Tanimbar MTB) No.2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_4.html

タニンバル島謎の石船(Kapal Batu, Tanimbar MTB) No.1
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_3.html

戦後が来ない西南東マルク県。占領の傷跡は誰が癒してくれるのか?
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_6.html

西南東マルク県政府公式Website
http://www.mtbkab.go.id/

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック