インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS インドネシアの巨石文化(2) Budaya Megalitik Indonesia(2)

<<   作成日時 : 2008/05/18 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 32 / コメント 2

画像






上の画像は:南スラウェシ州ボリ・パリンディン(Bori Parinding)にあるメンヒル。所有者の勢力と自尊心を象徴するとされ、権力並びに富とサイズは比例する。このメンヒルは、地元の有力者が亡くなった際に、葬儀に関わる儀式で使用された。



画像






















南スラウェシ州のタナ・トラジャ地域のサルプッティ(Saluputti)郡バトゥ・スラ(Batu Sura)で見つかったメンヒル石像。さほど古いものではないといわれている。頭、首、胴体のみで足はない。二体には乳房が彫られている。


画像




























中スラウェシ州ポソ県南ロレ(Lore)ボンバ(Bomba)村でにあり、地元では“Langkebulawa”と呼ばれている。意味は、金製の足環。王妃の像との解釈もある。高さは176cm、顔の長さは96cm、顔の幅は64cm、肩幅は68cm。顔は西方を向いている。両手はへその下の位置で、指を開いている。


画像





















北スラウェシ州サワンガン(Sawangan)で見つかったワルガ(Waruga)と地元で呼ばれている石棺。屋根の上に彫られた動物が何であるかについては結論が出ていないという。


画像




















NTT(東ヌサトゥンガラ)州スンバ島の東部スンバのリンディ(Rindi)にあるドルメン、そしてメンヒル。これは墓で、メンヒルまで含めて高さは4.25m。脚部の高さは約2.15m。平らなドルメンの下側に石棺がある。


画像




















スンバ島の西スンバにあるドルメン。高さは75cm、長さは3.15m、幅は2.3m。


画像


























スンバ島西スンバのアナカラン(Anakalang)にあるメンヒル。ドルメンの飾りとして造られた。幾何学模様、人物像、ゴング、そして星が彫られている。地元民の尊敬を集めた長老のお墓だと推定されている。


画像


















フローレス島のエンデ(Ende)にあるラテ(Rate)と呼ばれるお墓。テラス状の構造。一番上に石棺。一段目のテラスの高さは80cm、長さは5.1mで幅が3.2m。二段目は、高さ69cm、長さ4m、幅2.5m。


画像



















NTT(東ヌサトゥンガラ)州サヴ島の西サヴのナマタ・セバ(Namata Seba)にあるドルメン。地元では“Wowadu”と呼ばれている。農作物の植え付けや収穫時期に、この場で儀式が催される。直径1.65m、高さ75cm。


画像





















NTT(東ヌサトゥンガラ)州アロール県の県都カラバヒからおよそ40分の距離にある伝統村タクパラ(Takpala)にあるメスバ。村並びに村民に関わる重要なことを議決したり、伝統儀式の場所として使用されている。裁判の場としての意味も持つ(GBI撮影)。


画像






(上下の画像)インドネシアの隣国・東ティモールの石文化。同地がインドネシアの版図に組み込まれていた時代に、インドネシアの学者が調査した際の画像。


上は、ケワール(Kewar)のレワルタス(Lewalutas)村にあるメンヒル型人物像。部族統合のシンボルとして造られたとされる。四面の顔は風の四方向に向いている。下は、ケワール(Kewar)にある積み上げられた構造物は、儀式や村人の集いの場所として用いられている。この上部にはミスバ(Misbah)と呼称される場所がある。ミスバは大きな、平らで丸い二つの石から成り、石の間には一本の槍が載っている。ミスバとは、NTT(東ヌサトゥンガラ)州のアロール(Alor)県でメスバ(Mesbah)と称される、神聖なサークル状の石積とほぼ同じ機能を持ち合わせているものと思われる。


画像




【画像キャプション】


「GBI撮影」はインドネシア文化宮が撮影、その他は、インドネシア共和国教育文化省文化局が11年前の1997年に発行した「Album Tradisi Megalitik Di Indonesia(インドネシアにおける巨石伝統アルバム)」と題する非売品書籍から引用。


【参考ブログ】


インドネシアの巨石文化(1) (Budaya Megalitik Indonesia(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_6.html

タニンバル島の謎の石階段(Tangga Batu, Tanimbal, MTB, Maluk)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_5.html

タニンバル島の謎の石船No.2(Kapal Batu, Tanimbal MTB) No.2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_4.html

タニンバル島の謎の石船(Kapal Batu, Tanimbal MTB) No.1
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_3.html

インドネシア考古学研究センターの刊行物(1955〜2000)
http://www.h6.dion.ne.jp/~kawan/sotsumanu/No.23.htm

国際シンポジウム・謎の巨石文化を考える(2003.3.21)
http://www.nara.accu.or.jp/about/symposium/symposium.pdf

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(32件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インドネシアの巨石文化(3) Budaya Megalitik Indonesia(3)
インドネシアの巨石文化は“過去の文化”にとどまらず、現在でも信仰の対象になっていることが特徴だ。特に、東部インドネシア地域でその姿を見ることができる。インドネシアには、おおまかに分類して、次のような石文化が存在する。メンヒルは、通常「Batu Tegak(立石)」と呼ばれ、自然石から造り、信仰対象や墓標として使われた。ドルメンは、通常「Meja Batu(板テーブル)」と呼ばれ、脚石で支えられている。「Kalamba」は主に中スラウェシ州で多く見つかっており、シリン... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/22 19:26
インドネシアの巨石文化(4) Budaya Megalitik Indonesia(4)
{%王冠webry%}「Arca megalitik(巨石像)・Megalithic Statue」は、巨石信仰に関連する人間もしくは動物の形をした石彫刻。「Arca Menhir(メンヒル像)・Menhir Statue」は、胴体、首そして頭から成る足を持たない、人間の形をした石像。「Ksadasn」は、石垣で囲んだ広場。西ティモールに多く、儀式用。「Bosok」は、西ティモールに多く、石積み構築物で、儀式用。「Areosali」は、ニアス島に多く見られ、裁判所と... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/05/23 11:43
北スラウェシ州紀行(22) ワルガ Perjalanan ke Sulut (22) Waruga
{%十字架webry%}エジプトのピラミッド、北京郊外の明の十三陵を見るまでもなく、古いお墓は世界中で著名な観光地となっている。偉人の墓ならなおさらだ。庶民のお墓だって、立派な観光地になることは、スラウェシ島のトラジャ民族の断崖の石室が証明している。実は北スラウェシ州にも、未だ対外的によく知れ渡ってはいないが、それはそれは見ごたえのあるお墓がある。地元で「ワルガ(Waruga)」と呼んでいる、屋根付きの石棺がそれだ。 側聞では、なんでも北スラウェシ州全土に計2,000基ほどあ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/17 16:36
北スラウェシ州紀行(23) ワルガ Perjalanan ke Sulut (23) Waruga
{%十字架webry%}キリスト教が北スラウェシ一帯に入ると時期を同じくして、石棺の中に亡骸を入れて自宅前に置く埋葬形式は徐々に禁止された。以降は土葬に変わり今日に至っている。屋根や石棺に彫られたシンボルやモチーフは、それぞれのマルガ(Marga)、すなわち同一族(氏)によって異なった。また、その昔は、石棺の脇に、故人の氏名を書いた木札が立てられていたそうだが、今では残っていない。 サワンガン(Sawangan)村は、トンセア語を話すトンセア民族。この近辺の人々は、石棺の素材... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/18 15:27
北スラウェシ州紀行(24) ワルガ Perjalanan ke Sulut (24) Waruga
{%十字架webry%}サワンガン(Sawangan)村の古い石棺(ワルガ:Waruga)は計144基。ミナハサ(Minahasa)地域にある2,000基とも言われるワルガの約7%が、この一村に集中している。西暦800年頃に始まったとされるワルガ石棺。その中には西洋人や、日本人のお墓とされるものもある。 サワンガン村のワルガの幾つかは、軍服を着用したヨーロッパ人の姿がレリーフで描かれている。長い銃を手にしたものもある。おそらく大航海時代にやってきて、この地で最期を迎えた者か、... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/19 00:01
北スラウェシ州紀行(25) ワルガ Perjalanan ke Sulut (25) Waruga
{%十字架webry%}ミナハサ民族のワルガ(Waruga)は、単なる墓標であるばかりではなく、身内との“一体感”を具現化する祖霊像的な意味合いも持つ。今では、一か所に公園墓地風にまとめられているが、かつては各家々の前庭や、門前に置かれていたことから考えても、その可能性が高い。考古学と文化人類学の調査を待たねばならないが、例えば、インドネシア最東端のパプア(Papua)州の南西部、アスマット(Asmat)県一帯に見られるアスマット民族のビスポール(Bis Poll)と、その存在... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/20 00:02
北スラウェシ州紀行(26)サンギヘ Perjalanan ke Sulut (26) Sangihe
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}スラウェシ島の最北端付近の西海岸に位置する北スラウェシ(Propinsi Sulawesi Utara = Sulut)州の州都マナド。ここから北のフィリピンのミンダナオ島に向かって、点々と大小の島嶼が並ぶ。サンギヘ(Sangihe)諸島とタラウド(Talaud)諸島だ。この一帯は隣国フィリピンとの国境エリア。タラウド諸島に属する、インドネシア最北端のミアンガス(Miangas)島は、県都のタラウド島へ行くよりも、フィリピン領土に近い場... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/21 00:01
北スラウェシ州紀行(27)サンギヘ Perjalanan ke Sulut (27)Sangihe
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}インド洋から南太平洋まで展開するインドネシア共和国は、幾つもの国と接している。陸上で接する隣国は、西からマレーシアそして東ティモール、さらにパプアニューギニア。一方、海上で接する国は、インド、タイ、シンガポール、フィリピン、オーストラリア。広大な広がりを称して“サバン(Sabang)からメラウケ(Merauke)まで”と表現する。日本の“北は北海道から南は九州・沖縄まで”と同じ類だ。サバンは、スマトラ島北端のアチェ州の州都バンダアチェの... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/22 00:01
北スラウェシ州紀行(28) タルシウス Perjalanan ke Sulut (28)
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}バリ島と東のロンボク島との間にあるロンボク海峡。そしてカリマンタン(ボルネオ)島とスラウェシ島との間のマカッサル海峡。この二つを結ぶ線は、生物学上“ウォレス(Wallace)ライン”と呼ばれ、生物相の東洋区とオーストラリ区とを分かつ分布境界線として知られている。余談だが、ティモール島東部海域とブル島西部海域、そしてハルマヘラ島西部海域とを結ぶ線は“ウェーバー(Weber)ライン”と呼ばれている。前者は、イギリス人博物学者のアルフレッド・... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/26 00:13
北スラウェシ州紀行(29) ブヤット湾 Perjalanan ke Sulut (29) Buyat
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}南ミナハサ県から分離して2007年5月に誕生した南東ミナハサ県(Kab.Minahasa Tenggara:人口約10万人。県都はラタハン:Ratahan)は、かつて重大な汚染問題で世界の耳目を集めた。1996年に金生産を開始した米国の巨大鉱山会社ニューモント社(Newmont Inc)の子会社PT.NMR(Newmont Minahasa Raya)によるとされる、2004年のブヤット湾(Teluk Buyat)の水銀・ヒ素汚染問題の... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/27 00:01
北スラウェシ州紀行(30) コタモバグ Perjalanan ke Sulut (30)
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}コタモバグ(Kotamobagu)は北スラウェシ州(Sulut)にある4都市の一つ。他の3つは州都のマナド(Manado)、そして港町ビトゥン(Bitung)とトモホン(Tomohon)。マナドから南西におよそ100km。内陸部に位置し、トモホン市同様に、高原リゾート、そしてアグリビジネスで未来を切り開こうとしている。人口はおよそ98,000人。面積は約68km2。2007年1月に、ボラアン・モンゴンドウ(Bolaang Mongo... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/28 00:01
北スラウェシ州紀行(31) 経済特区 Perjalanan ke Sulut (31) Kapet
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}インドネシア国内では十数のKAPET(Kawasan Pengembangan Ekonomi Terpadu:経済統合開発地域)が指定されているが、州都マナドを中心とするエリアもその一つに組み込まれている。名称は「KAPET Manado-Bitung」。インドネシア政府は、東部インドネシア地域(KTI:Kawasan Timur Indonesia)の開発に腐心してきているが、マナド・ビトゥンKAPETは、NTT(東ヌサトゥンガラ)... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/29 00:00
北スラウェシ州紀行(32) 画家ソニーPerjalanan ke Sulut (32) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}アトリエを州都のマナドから高原の“花の街(Kota Bunga)”トモホン(Tomohon)に移した、北スラウェシ州(Prop.Sulut)を代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。本名はサムソン・G・A・レンコン(Samson G.A.Lengkong)。地元紙から“東の真珠”と敬称で呼ばれるソニーさんは、1957年7月16日、トモホンで生まれた。『私にとって絵画とは敬虔であるための媒体です』----2男2... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/30 00:14
北スラウェシ州紀行(32) 画家ソニーPerjalanan ke Sulut (32) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}アトリエを州都のマナドから高原の“花の街(Kota Bunga)”トモホン(Tomohon)に移した、北スラウェシ州(Prop.Sulut)を代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。本名はサムソン・G・A・レンコン(Samson G.A.Lengkong)。地元紙から“東の真珠”と敬称で呼ばれるソニーさんは、1957年7月16日、トモホンで生まれた。『私にとって絵画とは敬虔であるための媒体です』----2男2... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/30 00:14
北スラウェシ州紀行(32) 画家ソニーPerjalanan ke Sulut (32) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}アトリエを州都のマナドから高原の“花の街(Kota Bunga)”トモホン(Tomohon)に移した、北スラウェシ州(Prop.Sulut)を代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。本名はサムソン・G・A・レンコン(Samson G.A.Lengkong)。地元紙から“東の真珠”と敬称で呼ばれるソニーさんは、1957年7月16日、トモホンで生まれた。『私にとって絵画とは敬虔であるための媒体です』----2男2... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/30 00:14
北スラウェシ州紀行(32) 画家ソニーPerjalanan ke Sulut (32) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}アトリエを州都のマナドから高原の“花の街(Kota Bunga)”トモホン(Tomohon)に移した、北スラウェシ州(Prop.Sulut)を代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。本名はサムソン・G・A・レンコン(Samson G.A.Lengkong)。地元紙から“東の真珠”と敬称で呼ばれるソニーさんは、1957年7月16日、トモホンで生まれた。『私にとって絵画とは敬虔であるための媒体です』----2男2... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/30 00:14
北スラウェシ州紀行(32) 画家ソニーPerjalanan ke Sulut (32) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}アトリエを州都のマナドから高原の“花の街(Kota Bunga)”トモホン(Tomohon)に移した、北スラウェシ州(Prop.Sulut)を代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。本名はサムソン・G・A・レンコン(Samson G.A.Lengkong)。地元紙から“東の真珠”と敬称で呼ばれるソニーさんは、1957年7月16日、トモホンで生まれた。『私にとって絵画とは敬虔であるための媒体です』----2男2... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/30 00:16
北スラウェシ州紀行(32) 画家ソニーPerjalanan ke Sulut (32) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}アトリエを州都のマナドから高原の“花の街(Kota Bunga)”トモホン(Tomohon)に移した、北スラウェシ州(Prop.Sulut)を代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。本名はサムソン・G・A・レンコン(Samson G.A.Lengkong)。地元紙から“東の真珠”と敬称で呼ばれるソニーさんは、1957年7月16日、トモホンで生まれた。『私にとって絵画とは敬虔であるための媒体です』----2男2... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/30 00:16
北スラウェシ州紀行(33) 画家ソニー Perjalanan ke Sulut (33) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}“東の真珠(Mutiara Timur)”そして“北スラウェシの真珠(Mutiara Sulawesi Utara)”の敬称・愛称で呼ばれる、トモホン(Tomohon)在住の画家ソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。『世界の画家の中では、ヴァン・ゴッホが一番好きかな。彼の全ての作品に共通する、あの線、そして筋。素晴らしい』と。『残念ながら、日本の画家については、未だ多くを知っていませんから、誰の絵画が好きかは言えません』... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/31 00:01
北スラウェシ州紀行(34) 画家ソニー Perjalanan ke Sulut (34) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}『アートの世界で言えば、ここ北スラウェシの芸術家たちは、バリ島やジョグジャカルタ、そしてジャワ島のその他の都市に暮らす芸術家と比べて、その存在が国内的に認識されていない。あたかも、バリ島とジャワ島の外には、アーティストがいないかのようなメディアの報道、そして美術評論家を始めとして、評論家と名が付く者たちの認識の低さ。僕は首都ジャカルタで行った個展では、いつも、ミナハサ(Minahasa)文化を強く打ち出して、ミナハサ、そして北スラウェシ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/11/01 00:02
北スラウェシ州紀行(35) 画家ソニー Perjalanan ke Sulut (35) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}ミナハサを代表する画家ソニー・レンコンさんのストーリーを掲載し始めて三日目(11月1日)、東京・高田馬場のインドネシア文化宮(GBI)で中カリマンタン州映画上映会を楽しんでいた時、携帯が鳴った。『突然のお知らせだから、今夜トモホン(Tomohon)に来てよね、とは言わないけれども、実は今日から9日まで、第15回目の個展をトモホンのアトリエで開催するんで、そのことを伝えておこうと思って電話をかけた』と、ソニーさんの声。聞けば、ソニーさんの... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/11/02 00:01
北スラウェシ州紀行(36) 画家ソニー Perjalanan ke Sulut (36) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}2008年11月1日、トモホン(Tomohon)のソニー・ギャラリー2(Sonny Art Galeri:兼アトリエ)で、第15回目の「ソニー・レンコン個展」がスタートした。9日までの日程だ。画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さんは、州都のマナドにもギャラリーを所有しているが、最近では創作の拠点をトモホンに移している。そして、トモホンでは三月に一回の割合で、新作の個展を開催している。『北スラウェシ州、殊にトモホンで文... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/11/03 17:41
マナドWOC開催記念ソニー・レンコンさんの個展(Pameran Sonny L di Manado)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}インドネシア最南端のNTT(東ヌサトゥンガラ)州政府から派遣され、最北端の北スラウェシ州(Prop.Sulut)の州都マナド(Manado)で5月初旬、ササンドゥ(Sasandu)演奏を行うザカリアス・ンダオン(Zakarias Ndaong)さん。当地では、“インドネシア東部の真珠”の異名を持つ、画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さんが待っている。そしてソニーさんも同時期、個展を開催する。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/05/01 18:02
マナド&トモホンでソニー・レンコンさんの絵画展(Pameran Sonny Lengkong)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}世界海洋会議(WOC=World Ocean Conference:2009年5月11日〜15日)開幕を控える北スラウェシ州の州都マナド(Manado)。5月9日、このインドネシア最北端の州へ、最南端のNTT(東ヌサトゥンガラ)州文化使節団の一員として、ササンドゥ(Sasandu)奏者のザカリアス・ンダオン(Zakarias Ndaong)さんが向かった。およそ150ヵ国から2,000〜5,000名が集まるとされる、マナド史上最大規模の国際会議... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/05/09 19:55
北スラウェシ州のコリンタン音楽(動画)Musik Kolingtan Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolingtan)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GBI... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/07 22:58
北スラウェシ州のコリンタン音楽(2) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolingtan・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/09 11:39
北スラウェシ州のコリンタン音楽(3) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolingtan・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/10 10:56
北スラウェシ州のコリンタン音楽(4) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolintang・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/12 11:53
北スラウェシ州のコリンタン音楽(5) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolintang・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/16 21:27
北スラウェシ州のコリンタン音楽(6) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolintang・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/17 23:52
NTT州サブ・ライジュア県の画像 Foto2 Kab. Sabu Raijua, Prov. NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}NTT(東ヌサトゥンガラ)州政府観光局から、サブ(Sabu)島の画像が送られてきた。州都のクーパンから週一便就航の小型機でおよそ40分の距離。フェリーの場合、片道約8〜12時間。残念ながら未だ訪問の機会がない。自然色のイカット(絣)でつとに有名で、また巨石文化があることでも知られているが、漏れてくる情報が少ない島でもある。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/11/02 19:14
NTT州ベル県の画像 Foto2 Kabupaten Belu, Prov. NTT
{%夏海(チカチカ)hdeco%}NTT(東ヌサトゥンガラ)州政府観光局から、ベル(Belu)県の画像が送られてきた。州都のクーパンから自動車でおよそ10数時間。飛行機ならば州都から30分。隣国東ティモールとの国境に位置する。人口は約418,000人(2008年)。同県は、その南北端で海に面している。北側は、アロール島を北に見るオンバイ海峡。そして南にはティモール海が。県都アタンブア(Atambua)は、かつて東ティモール紛争時代には、取材拠点として世界のジャーナリストを集めた。 ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2010/12/03 22:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、こんにちは。
いきなりのご連絡失礼いたします。
甲南女子大学 文学部4年の寺北と申します。。
ブログの写真の使用許可を取らせていただきたいと思いコメントさせていただきまし
た。

私は、インドネシアのモナスについて卒業制作を制作しています。
制作にあたって、巨石文化に関する写真が手元に少ないので、
こちらのブログの記事の写真と文章をいくつか使用させて頂けませんか。
お返事お待ちしております。よろしくお願いいたします。
さき
2014/10/28 15:47
了解しました。使用後は、その内容を連絡お願い致します。
インドネシア文化宮
okawa@mxg.mesh.ne.jp
インドネシア文化宮
2014/10/28 19:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
インドネシアの巨石文化(2) Budaya Megalitik Indonesia(2) インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる