インドネシアの巨石文化(4) Budaya Megalitik Indonesia(4)

画像






「Arca megalitik(巨石像)・Megalithic Statue」は、巨石信仰に関連する人間もしくは動物の形をした石彫刻。「Arca Menhir(メンヒル像)・Menhir Statue」は、胴体、首そして頭から成る足を持たない、人間の形をした石像。「Ksadasn」は、石垣で囲んだ広場。西ティモールに多く、儀式用。「Bosok」は、西ティモールに多く、石積み構築物で、儀式用。「Areosali」は、ニアス島に多く見られ、裁判所としての機能を持つほか、村や地域の掟や規則を決定する場所として使われた。「Neogadi」は、ニアス島で見られ、儀式の際に、舞踊の舞台として用いられた円形テーブル。「Neoadulomano」は、小さなNeogadi。「Sitilubagi」は、ニアス島で見られ、結婚式などで用いられる、動物のような形をした石椅子。「Lasara」は、守護動物と捉えられた空想の動物像。

上の画像は、東ジャワ州ボンドウォソ(Bondowoso)・ナンカアン(Nangkaan)村にある石棺。盗掘にあった形跡が。長さ275cm、高さ135cm、幅115cm


画像





























南スラウェシ州ランテ・カラシック(Rante Karasik)にあるメンヒル。生贄の水牛を縛り付けるポールに使用したと推定されている。彫られたものではなく、形が美しい自然石を用いている。直径約150cm、高さ約450cm


画像




























南スラウェシ州ジェネポント(Jeneponto)で見つかり、現在はマカッサルの博物館で所蔵している石像。墓石として使用された、とされる。メンヒル型


画像






















中スラウェシ州の南ロレ(Lore Selatan)郡パダン・ビラントゥア(Padang Birantua)にある人物像のメンヒル。長さ約360cm。幅約87cm


画像





























北スラウェシ州ウォロハン(Wolohan)で見つかった石像


画像



























北スラウェシ州サワンガン(Sawangan)で見つかったワルガ(Waruga・墓石)。王冠を被ったトペン(仮面)風な顔が描かれている。高さ125cm、幅58cm


画像





















NTT(東ヌサトゥンガラ)州スンバ島の東スンバにあるドルメン。王様の墓。スンバ最大の規模。このメンヒルの長さは5.8m、幅3.15m、高さ78cm


画像























NTT(東ヌサトゥンガラ)州スンバ島の西スンバのアナカラン(Anakalang)にあるドルメンの彫刻。胸飾りの間に立つ人物。そしてマムリ(Mamuli)と呼ばれる耳飾。そして馬に乗る人物像


画像



























NTT(東ヌサトゥンガラ)州スンバ島の西スンバで見つかったメンヒル石棺の一部で、あの世への無事の到達を祈ったものとされる。高さ115cm、幅45cm、厚み17cm


画像


























NTT(東ヌサトゥンガラ)州スンバ島の西スンバにあるドルメン。雨乞いの儀式にも使用されたと言われている


画像























NTT(東ヌサトゥンガラ)州スンバ島にある儀式用舞台。直径375cm、高さ100cm。後ろの円錐形の家は墓


【備考】


画像は、インドネシア共和国教育文化省文化局が11年前の1997年に発行した「Album Tradisi Megalitik Di Indonesia(インドネシアにおける巨石伝統アルバム)」と題する非売品書籍から引用。


【参考ブログ】


インドネシアの巨石文化(2) Budaya Megalitik Indonesia(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_7.html

インドネシアの巨石文化(1) (Budaya Megalitik Indonesia(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_6.html

タニンバル島の謎の石階段(Tangga Batu, Tanimbal, MTB, Maluk)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_5.html

タニンバル島の謎の石船No.2(Kapal Batu, Tanimbal MTB) No.2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_4.html

タニンバル島の謎の石船(Kapal Batu, Tanimbal MTB) No.1
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_3.html

インドネシア考古学研究センターの刊行物(1955~2000)
http://www.h6.dion.ne.jp/~kawan/sotsumanu/No.23.htm

国際シンポジウム・謎の巨石文化を考える(2003.3.21)
http://www.nara.accu.or.jp/about/symposium/symposium.pdf

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック