アチェ津波絵画&風刺漫画を義援金に(マフディ・アブドゥラ氏の作品)

画像


インドネシア文化宮(GBI)では、2007年12月17日~29日、『アチェ津波被災三周年企画展』を実施しますが、これに関連して、バンダアチェ在住の画家マフディ・アブドゥラ氏より、絵画作品をオークションにかけ、その売上代金を、JAN(Japan Aceh Net)を通じて、まだまだ援助の手が差し伸べられない分野の義援金として活用することを希望している旨連絡が入りました。また、最新作の風刺漫画も12枚セットでの販売を希望しています。
GBIは、同氏の志に基づいて、作品を以下の条件で販売することになりました。



【アクリル画】オークション形式での販売

1:『261204』オークションスタート価格は\70,000#
2:『飛ぶ船』オークションスタート価格は\50,000#
3:『終焉。そして生還』オークションスタート価格は\40,000#

(備考:額装はされていません。木枠の状態でお送りいたします。送料はこちらで負担します)

絵画オークションに参加、もしくは風刺漫画ご購入希望の方は、氏名、住所、電話番号を明記して、メールでご連絡ください。オークションに入札が入った場合は、その都度、価格をブログにアップ致します。尚、オークションの期間は2008年8月31日までとさせていただきます。メールアドレス:okawa@mxg.mesh.ne.jp


絵画説明(上の画像)
題: 261204(アクリル画・70 X 80cm、2005年4月作)


2004年12月26日に起きた大地震、そして巨大津波。一瞬にして十数万の命が奪われ、数えきれない建物が消滅した。世代も分断された。天国に向かったお年寄り、そして若者。そして現世に残ったお年寄りと若者。父・母そして子供たちとの永久の別離。
不思議な光景が残った。津波の直撃を受けたウレレ海岸の海辺に建つモスク、そしてランプウ村のモスク。それらは、周囲の全てが消えたというのに、毅然と立っている。
巨大な津波の渦に浮かぶ赤、黄、緑の線。それらは遺体であり死体である。アチェの伝統家屋に見られる赤、黄、緑のタペストリ。赤は民衆、黄は王族、そして緑はウラマ(イスラム法学者)。逃げ惑う人々に容赦なく襲いかかる海水の壁。
261204-----アチェは、神が与えた空前の試練を受けた。


画像


題:飛ぶ船
(アクリル画・70 x 80cm、2005年4月作)

津波の狂気が収まった州都バンダアチェ。私は、父母、そして弟と妹の姿を求めて、市内を駆け巡った。最愛の彼らと出会うことはなかった。そこで見たものは、累々と横たわる死体、そして街中にあるはずのない、いくつもの大きな漁船だった。『神が律する大自然。それに比べ、人間、そしてこの世に存在する物のなんと小さなことか』----私は神の御心にひれ伏した。人は、神の前で微塵の意味も持たない。超自然。それは神がお創りになった世界そのものだった。


画像


題: 終焉。そして生還。
(アクリル画・50 X 65cm、2005年4月作)

『261204』に次いで、2005年、僕が絵筆をとった第二作目だ。前触れもなしに突如、巨大な津波が押し寄せてきた時、人々は枯葉のように濁流に飲み込まれた。パニックという言葉のなんと陳腐なことか。その光景は、この世の終焉そのものだった。自然の脅威を背に、逃げ惑い、そして生き延びた母と子。母は子を強く抱きしめた。


【風刺漫画】通常販売

計12枚セット(A4版カラー印刷)で\6,000#(郵送料込み)
購入希望者は:氏名、住所、電話番号を明記の上、以下の郵便振替口座までご入金お願い致します。

口座番号:00190-5-544521
名義:インドネシア文化宮
(通信欄に風刺漫画希望とお書きください)



画像


(A) Guibernur Irwandi Yusuf ke Luar Negeri
イルワンディ州知事世界へ!
去る2月の就任以来、イルワンディ・ユスフ(Irwandi Yusuf)アチェ州知事は、海外視察が多い。9月末にはアメリカを訪れ、バイオディーゼル工場を見学。アチェの輸出産物を紹介する一方でアチェへの投資を呼びかけている。

(B) Dana Takziah
義援金
復興に向けた巨額の義援金が海外からアチェに流れ込んでいる。と同時に、そのお金目当てに首都の企業と結びついた外国企業や労働者がやってきて、そのお金を持っていってしまう。アチェの義援金がアチェに落ちない。一握りのアチェ人は異常なまでの利益を手にしたが、多くの庶民の経済生活は向上していない。

(C) HPH
森林伐採権
非合法の伐採が止まない。売れればドリアンの木さえ切ってしまう。2007年6月、イルワンディ州知事は、伐採モラトリアムを宣言。しかし、不法伐採は依然続いている。

(D) AIDS
エイズ
イスラム法が施行されているアチェ州。しかしエイズと無縁ではない。州保険局のデータによれば、これまでに全州で16名のHIV感染者並びにエイズ患者がいる。



画像


(E) BRR
アチェ・ニアス復興庁
中央政府によって組織された、アチェの復興を目的としたBRRは、どうも横柄な姿勢が目立つ。首都ジャカルタで開催される会議はいつも超一流ホテル。そしてBRRの幹部に支払われている、とてつもない高額の給与。復興はまだまだ、にも関わらず。

(F) Dinas Syariat
イスラム法管理当局
イスラム法がきちんと適用されているかを監視する機関であるにも関わらず、まるで“羽毛を見てから”の姿勢だ。例えば、サバン市で発覚した地裁の裁判長による不倫。そしてロクスマエ市議会議員の不倫。さらにはWH(Wilayatul Hisbah:イスラム警察)スタッフによる不義。しかしいずれのケースもイスラム法に基づく処罰がなされていない。

(G) Merdeka
独立
2007年8月17日のインドネシア共和国独立記念日に際して、北アチェ県や東アチェ県では、軍靴の圧力の下、“メラプティ(インドネシアの紅白旗)”の掲揚が強制された。

(H) Nazar
ナザール副州知事
モハマッド・ナザール副州知事は「アチェはもはや謀反する必要はない」と言い切った。以前の姿勢とは逆転。かつてアチェ独立派と見られていた彼も、副州知事の椅子の座り心地が素晴らしいのか、贅沢な生活が目立つようになってきた。


画像


(I) PIM/KKA
ロクスマエにある二つの大企業。PIM(Pupuk Iskandar Muda:イスカンダルムダ肥料)と製紙メーカーのKKA(Kertas Kraft Ache)が瀕死の危機に。天然ガスの供給量が背景にある。格言が言う「生きるも躊躇、死ぬのは嫌」の状況だ。2010年まではガスが供給されるそうだが、それ以降は?


(J) Sak BRR
アチェ・ニアス復興庁汚職対策チーム
汚職撲滅委員会は、BRRの43もの汚職ケースを州警察に告訴した。さて、一般州民の期待通りに事が運ぶのか?巨額の復興資金が、汚職・背任・横領の餌食に。

(K) Teror
テロ
最近、テロ事件が頻発している。爆発物を使ったケースも少なくない。イルワンデ州知事は、「アチェが安定してほしくない輩の犯行」と推察。「私は、やつらが誰で、誰が指導者で、どういうメカニズムか知っている」と州議会で発言(2007年5月7日)

(L) Wilayatul Hisbah
イスラム警察
イスラム法長官のアリアサ・アクバールは「イスラム法警察(Polisi Syariat/Wilayatul Hisbah)は、イスラム法に反した警察官と軍人を逮捕できないでいる」と発言。



【参考ブログ】

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

アチェ津波被災三周年企画展のお知らせ(Pameran Aceh 3 thn Tsunami)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_4.html

アチェの津波ポールとアンボンの津波防災啓蒙看板(Tugu Tsunami Aceh) 
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_3.html

バンダアチェの樹木の運命(2) Nasib pohon2 Banda Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_2.html

バンダアチェの樹木の運命(1) Nasib pohon2 Banda Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_1.html

アチェ教育映画上映会のお知らせ(Pemutaran Film2 Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200710/article_1.html

アチェに死す(3) Kuburan Warga Jepang di Aceh(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_5.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

アチェに死す(1) Kuburan Warga Jepang di Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_3.html

アチェで日本のドキュメンタリー&アニメ映画を上映(Pemutaran Film di Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_1.html

ドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌』がアチェで上映(Film Jepang ke Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_10.html

アチェのドキュメンタリー映画上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_4.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』ジャカルタ上映&報告
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_6.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_2.html

早春賦をテーマにした映画が完成しました!
http://soushunfu.blog89.fc2.com/

アチェ伝統刺繍文化展のお知らせ(Pameran Budaya Sulaman Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_1.html

映像で見るアチェの今昔
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200701/article_2.html

スマトラ島沖大地震・巨大津波二周年報道写真展のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_7.html

アチェ&早春賦(映画:二つの故国をつなぐ歌)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_2.html

2007年8月30日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された映画上映会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=13&beritaid=33867

2007年4月15日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=20&beritaid=27584

2006年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=23554

2006年3月1日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=26&beritaid=15801

2005年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=14753

2005年10月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたアチェ詩集本「慟哭の歌」出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=46&beritaid=13505

2005年8月23日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙との協力関係に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=46&beritaid=12183

2005年8月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=20&beritaid=12116


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック