アチェの津波ポールとアンボンの津波防災啓蒙看板(Tugu Tsunami Aceh) 

画像



あの超巨大津波を生き抜いた大樹が次から次へと切り倒される中、州都バンダアチェのあちらこちらににょきにょきと建立されたコンクリート製の“津波ポール”----津波がこの高さまで来ました、と告げるいわゆるメモリアルポール。2006年12月26日、津波被災二周年を機に、駐ジャカルタ日本公使によって公認された。
未だテント暮らしの被災民が多数いて、基本的な生活に困る市民が溢れていた時期に、こういった一千万円もの費用を投じた“メモリアル”事業が必要だったかどうかについては不問に付すが、筆者が州都バンダアチェ市民の声を集めた限りにおいては、日本側の所期の趣旨通りには、その意義を達成しているようには見えない。そればかりか、馬力に拍車がかかってきた復興事業の影に隠れて、「そんなポールってあったの?」との市民の意識外の存在としての事実に直面する。やがて、これらの津波碑(塔)が、その建設資金を寄贈したとされる“日本国民”の願い通りの目的と効果を現す時が来るのかもしれない。しかしながら、被災三周年を間もなく向かえ、未だ計画中の、公式の津波博物館さえできていない中にあって、なんとも性急な“分かり易いが意味不明”の無償援助であった感は拭えない。
一方、東部インドネシアのアンボン島には、幹線道路沿いに、巨大な津波防災啓蒙看板が立つ。“アチェの教訓”に学ぼうとする姿がそこにはある。しかし、インドネシアの他の地域では、その“アチェの教訓”を活かそうとする努力に出会うことは稀だ。自然災害を含めて「総ては神の思し召し」との諦めにも似た感情が社会・宗教生活を律することが多いインドネシアにあっては、防災意識の向上にあたっては克服しなければならない問題も少なくない。願わくば、“津波ポール”が人々の注視を浴び、未来の災害時に役立つことだ。災害は忘れた頃にやってくる。何度もそう言われてきたのだが。


上の画像は州都バンダアチェ市内や郊外に設置された津波早期警報装置。


画像




画像



教育機関向けに作られた津波避難手順ポスター。
「いつ津波が来ても、私たちは対処できる」と書かれた赤いリボンの下に、警察の車両に乗り込む市民の姿や、ラジオ&テレビ局からの放送、そして市内に設置された拡声器からの避難情報の光景が描かれている。



画像



州都バンダアチェ並びに近郊の津波被災地域に、日本の援助で建てられた“津波碑(津波塔:Tugu Tsunami)”。政府開発援助(ODA)のいわゆる「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の枠組みから978万円が支出され、地元のNGO(Yayasan Umi Abasiah)が建立にあたった。計85本。主要道路脇や、学校、モスク、州政府関連機関の敷地内などに建てられた。
到達した津波の高さの、コンクリート製のポールで、一見ローソク風。モスクの尖塔に似ていないこともないが、地元の女性たちからは余り評判は良くない。『なんで、あんな形にしたのかしら?ポールじゃなくてポルノじゃない?ここアチェは敬虔なイスラム教徒が多く暮らす土地ですよ。恥ずかしくて見られないわよ』と、国立大学講師を夫に持つ主婦。
災害の教訓を風化させずに、防災教育の場として被災を後世に伝え、併せて将来の災害に備えて、避難経路の目印としての機能を持つとされる。このポールの発案者は京都大学の教授だそうだ。



画像



日本人を父に持つサクラさんの自宅脇にも大きな津波ポールが立つ。サクラさんの自宅は、形は残ったが、総ての家財道具類が大波に持っていかれ、孫娘も失った(上下の画像)。


画像



上側のプレートには、津波データが記載されている。内容は:この碑はNo.50。地震は2004年12月26日に発生。津波の高さは4.5メートル。海岸からの距離は2km。津波到達時刻はおおよそ8時25分。マグニチュード8.9の地震の25分後に到達。


画像



下のプレートには次のような記述が。
『この碑は、津波で犠牲者となった方々を追想し、将来起こるかもしれない自然災害(地震や津波)に対して、住民ことに次世代が常に警戒を怠らないために作られた。日本の人々の援助によってこの碑が建立された』---とインドネシア語とアチェ語で書かれてある



画像



市内各所には、津波危険地帯の看板が。『地震が起きたら、直ちに海岸を離れ、高台に避難しましょう』とインドネシア語とアチェ語で書かれてある。


画像



東部インドネシアのマルク州。アンボン島の幹線道路に、津波に対する対処を啓蒙する、大きな看板が設置されている。


画像



津波の兆候として:大型の地震が起こり大地が揺れること、海水が海岸部から突如引いていくこと、水平線の向こうに大波が見えること、そして再び地震、大地の揺れ、などが説明されている。(注:但し、最初に突如潮が満ちてくるパターンの津波もあることについての説明がない点は少し気にかかる)
安全確保の手順として:海岸を離れること、丘や山、その他の高い場所へ避難すること、警報サイレンを鳴らすこと、防災担当者の指示に従うこと、などが書かれてある。



画像



おそらくアチェの被災の光景と思われる画像が45枚。ビジュアルに訴える手法で、防災意識の啓蒙が。


画像



【参考ブログ】

インドネシア文化宮(GBI)活動記録
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

バンダアチェの樹木の運命(2) Nasib pohon2 Banda Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_2.html

バンダアチェの樹木の運命(1) Nasib pohon2 Banda Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200711/article_1.html

アチェ教育映画上映会のお知らせ(Pemutaran Film2 Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200710/article_1.html

アチェに死す(3) Kuburan Warga Jepang di Aceh(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_5.html

アチェに死す(2)Kuburan Warga Jepang di Aceh(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_4.html

アチェに死す(1) Kuburan Warga Jepang di Aceh(1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_3.html

アチェで日本のドキュメンタリー&アニメ映画を上映(Pemutaran Film di Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200709/article_1.html

ドキュメンタリー映画『二つの故国をつなぐ歌』がアチェで上映(Film Jepang ke Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200708/article_10.html

アチェのドキュメンタリー映画上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_4.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』ジャカルタ上映&報告
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_6.html

映画『二つの故国をつなぐ歌』上映会のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_2.html

早春賦をテーマにした映画が完成しました!
http://soushunfu.blog89.fc2.com/

アチェ伝統刺繍文化展のお知らせ(Pameran Budaya Sulaman Aceh)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200704/article_1.html

映像で見るアチェの今昔
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200701/article_2.html

スマトラ島沖大地震・巨大津波二周年報道写真展のお知らせ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_7.html

アチェ&早春賦(映画:二つの故国をつなぐ歌)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200702/article_2.html

2007年8月30日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された映画上映会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=13&beritaid=33867

2007年4月15日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=20&beritaid=27584

2006年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=23554

2006年3月1日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=26&beritaid=15801

2005年12月26日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載された展示会に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=2&topik=39&beritaid=14753

2005年10月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたアチェ詩集本「慟哭の歌」出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=46&beritaid=13505

2005年8月23日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙との協力関係に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=1&topik=46&beritaid=12183

2005年8月20日付け「Serambi Indonesia」紙に掲載されたジャパン・アチェ・ネット(JAN)と同紙による津波記録本出版に関する記事
http://www.serambinews.com/old/index.php?aksi=bacaberita&rubrik=3&topik=20&beritaid=12116






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック