インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS 北スラウェシ州紀行(26)サンギヘ Perjalanan ke Sulut (26) Sangihe

<<   作成日時 : 2008/10/21 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 18 / コメント 0

画像



スラウェシ島の最北端付近の西海岸に位置する北スラウェシ(Propinsi Sulawesi Utara = Sulut)州の州都マナド。ここから北のフィリピンのミンダナオ島に向かって、点々と大小の島嶼が並ぶ。サンギヘ(Sangihe)諸島とタラウド(Talaud)諸島だ。この一帯は隣国フィリピンとの国境エリア。タラウド諸島に属する、インドネシア最北端のミアンガス(Miangas)島は、県都のタラウド島へ行くよりも、フィリピン領土に近い場所にある。そこには、インドネシア国軍の国境警備隊が詰めている。また、フィリピンのイミグレーション事務所も置かれていて、フィリピン通貨の方がインドネシアのお金よりも流通度が高い。小島とは言え、まさに国境最前線のインドネシア領土だ。現在どうなっているかは別問題として、かつてこの小島を舞台に密貿易が行われ、ミンダナオ島からイスラム過激派がこの島を経由して、インドネシア国内に潜入したとの噂もあった。
さて、ミナハサ(Minahasa)半島から北に向かって、このエリアには3県がある。マナドに近い方から挙げれば、ビアロ(Biaro)島、タグランダン(Tagulandang)島、シアウ(Siau)島などから構成されるシアル・タグランダン・ビアロ県(略してSITARO)県。人口およそ63,000人。次いで、マハンゲタン(Mahangetang)島、カラマ(Kalama)島、カハキタン(Kahakitang)島、パラ(Para)島、そして最も大きいサンギヘ(Sangihe)島、さらにミンダナオ島との間に展開するマロレ(Marore)島、カウィオ(Kawio)島などを含むサンギヘ県。人口はおよそ132,000人。そしてサンギヘ諸島の北東に浮かぶカラケロン(Karakelong)島、サレバブ(Salebabu)島、カブルアン(Kabruang)島、さらに小さなネヌサ(Nenusa)諸島やミアンガス島から構成されるタラウド県。人口はおよそ82,000人。
サンギヘ島とタラウド島は、2002年6月11日に、金環日食(太陽が完全に隠れずに、指輪のように見える日食)が通過した地点として天文ファンには知られている。


上の画像は、サンギヘ県マハンゲタン(Mahangetang)島の海底火山


画像




画像



サンギヘ諸島とタラウド諸島の衛星画像。この地域は自然災害が多く、サンギヘ島の北側には、活発な噴火活動で知られるアウ(Awu)山(1320m)がある。アウ山は、1711年12月10日、大爆発を起こし、約3,000名の犠牲者を出した。1966年8月12日の爆発でも34名が亡くなっている。最近では2004年5月に大噴火前兆によって、約2万名の住民が避難したことがある。


画像




画像



サンギヘ島の観光スポット(県政府資料より)。美しい白砂の海岸線、県都タフナのタフナ湾、昔の王族のお墓、さらにはバードウォッチングに最適とか。


画像




画像



フィリピンとは一衣帯水。
Winsulangi Salindehoサンギヘ県知事(左)とJabes Ezar Gaghana副知事



画像




画像




画像



タフナ湾と県都タフナ


画像




画像




画像




画像



バタハ・サンティアゴ(Bataha Santiago)王の墓。オランダの侵略に抵抗して1675年に処刑された“縛り首になろうと、オランダに跪きたくはない”との最期の言葉が碑に刻まれている。


画像




画像




サンギヘ島南西部のライネ(Laine)地区のカマディマ(Kamadima)の滝。


画像



カマディマの滝の脇にあるシェルター。県政府は観光産業の基盤作りを進めている


画像




画像



サンギヘ島の東方に浮かぶ小島ブアン(Buang)島。県政府は将来、フィッシング・ポイントとしてその可能性に期待している。


画像




画像



【参考ブログ】


北スラウェシ州紀行(25) ワルガ Perjalanan ke Sulut (25) Waruga
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_23.html

北スラウェシ州紀行(24) ワルガ Perjalanan ke Sulut (24) Waruga
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_22.html

北スラウェシ州紀行(23) ワルガ Perjalanan ke Sulut (23) Waruga
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_21.html

北スラウェシ州紀行(22) ワルガ Perjalanan ke Sulut (22) Waruga
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_20.html

北スラウェシ州紀行(21) トモホン10 Perjalanan ke Sulut (21)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_17.html

北スラウェシ州紀行(20) トモホン9 Perjalanan ke Sulut (20)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_17.html

北スラウェシ州紀行(19) トモホン8 Perjalanan ke Sulut (19)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_15.html

北スラウェシ州紀行(18) トモホン7 Perjalanan ke Sulut (18)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_14.html

北スラウェシ州紀行(17) トモホン6 Perjalanan ke Sulut (17)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_13.html

北スラウェシ州紀行(16) トモホン5 Perjalanan ke Sulut (16)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_12.html

北スラウェシ州紀行(15) トモホン4 Perjalanan ke Sulut (15)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_11.html

北スラウェシ州紀行(14) トモホン3 Perjalanan ke Sulut (14)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_10.html

北スラウェシ州紀行(13) トモホン2 Perjalanan ke Sulut (13)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_9.html

北スラウェシ州紀行(12) トモホン Perjalanan ke Sulut (12)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_8.html

北スラウェシ州紀行(11) マナド美女 Perjalanan ke Sulut (11)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_7.html

北スラウェシ州紀行(10) 竹楽器 Perjalanan ke Sulut (10)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_5.html

北スラウェシ州紀行(9) ベンテナン布  Perjalanan ke Sulut (9)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_4.html

北スラウェシ州紀行(8) イカット文化 Perjalanan ke Sulut (8)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_3.html

北スラウェシ州紀行(7) マナドのお粥  Perjalanan ke Sulut (7)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_2.html

北スラウェシ州紀行(6) マナド(Manado)  Perjalanan ke Sulut (6)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200810/article_1.html

北スラウェシ州紀行(5) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_34.html

北スラウェシ州紀行(4) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_33.html

北スラウェシ州紀行(3) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_32.html

北スラウェシ州紀行(2) シーラカンス  Perjalanan ke Sulut (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_31.html

北スラウェシ州紀行(1) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (1)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200809/article_30.html

マカッサルの「パニンクル」が二冊目の出版(INDONESIA di Panyingkul!)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200807/article_3.html

マカッサル市民ジャーナリズムに支援の手を(Bantuan utk Buku Panyingkul)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_8.html

マカッサル映画鑑賞&マカッサル文学講演(Film & Sastra Makassar)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200804/article_2.html

西スラウェシの伝統船サンデックで黒潮海道を航海
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200707/article_3.html

トラジャ文化&トラジャ語を学ぶインドネシア理解講座(Budaya & Bahasa Toraja)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200707/article_1.html

トラジャ人画家マイク・トゥルーシー個展(Pameran Tunggal Mike Turusy)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200706/article_10.html

トラジャ人画家マイク・トゥルーシー個展のお知らせ(Pameran Mike Turusy)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200705/article_2.html

北スラウェシ州政府
http://www.sulut.go.id/new/?

マナド市観光局
http://www.manadokota.info/

NSTPB(North Sulawesi Torusim Promotion Borad)
http://www.north-sulawesi.org/index.html

北スラウェシ州サンギヘ諸島県
http://www.sangihe.go.id/

World Ocean Conference 2009
http://www.woc2009.org/

特定非営利活動法人 Manado Net Japan
http://manadonet.com/

Sulutlink Foundation
http://www.sulutlink.org/

北スラウェシ州トモホン市ホームページ
http://www.tomohonkota.go.id/

トモホン市フラワーフェスティバル
http://www.tomohonflowerfestival.com/

2008年トモホン・フラワー・フェスティバルの様子
http://www.tomohonkota.go.id/gallery.php

常夏のスラウェシ島(インドネシア)情報マガジン
http://www5d.biglobe.ne.jp/~makassar/

インドネシアの巨石文化(2) Budaya Megalitik Indonesia(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_7.html

インドネシアの巨石文化(4) Budaya Megalitik Indonesia(4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200805/article_10.html

サンギヘ県政府ホームページ
http://www.sangihe.go.id/

シタロ県データ
http://www.sulut.go.id/dataweb/sitaro.pdf



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
北スラウェシ州紀行(27)サンギヘ Perjalanan ke Sulut (27)Sangihe
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}インド洋から南太平洋まで展開するインドネシア共和国は、幾つもの国と接している。陸上で接する隣国は、西からマレーシアそして東ティモール、さらにパプアニューギニア。一方、海上で接する国は、インド、タイ、シンガポール、フィリピン、オーストラリア。広大な広がりを称して“サバン(Sabang)からメラウケ(Merauke)まで”と表現する。日本の“北は北海道から南は九州・沖縄まで”と同じ類だ。サバンは、スマトラ島北端のアチェ州の州都バンダアチェの... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/22 00:00
北スラウェシ州紀行(28) タルシウス Perjalanan ke Sulut (28)
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}バリ島と東のロンボク島との間にあるロンボク海峡。そしてカリマンタン(ボルネオ)島とスラウェシ島との間のマカッサル海峡。この二つを結ぶ線は、生物学上“ウォレス(Wallace)ライン”と呼ばれ、生物相の東洋区とオーストラリ区とを分かつ分布境界線として知られている。余談だが、ティモール島東部海域とブル島西部海域、そしてハルマヘラ島西部海域とを結ぶ線は“ウェーバー(Weber)ライン”と呼ばれている。前者は、イギリス人博物学者のアルフレッド・... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/26 00:11
北スラウェシ州紀行(29) ブヤット湾 Perjalanan ke Sulut (29) Buyat
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}南ミナハサ県から分離して2007年5月に誕生した南東ミナハサ県(Kab.Minahasa Tenggara:人口約10万人。県都はラタハン:Ratahan)は、かつて重大な汚染問題で世界の耳目を集めた。1996年に金生産を開始した米国の巨大鉱山会社ニューモント社(Newmont Inc)の子会社PT.NMR(Newmont Minahasa Raya)によるとされる、2004年のブヤット湾(Teluk Buyat)の水銀・ヒ素汚染問題の... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/27 00:00
北スラウェシ州紀行(30) コタモバグ Perjalanan ke Sulut (30)
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}コタモバグ(Kotamobagu)は北スラウェシ州(Sulut)にある4都市の一つ。他の3つは州都のマナド(Manado)、そして港町ビトゥン(Bitung)とトモホン(Tomohon)。マナドから南西におよそ100km。内陸部に位置し、トモホン市同様に、高原リゾート、そしてアグリビジネスで未来を切り開こうとしている。人口はおよそ98,000人。面積は約68km2。2007年1月に、ボラアン・モンゴンドウ(Bolaang Mongo... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/28 00:00
北スラウェシ州紀行(31) 経済特区 Perjalanan ke Sulut (31) Kapet
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}インドネシア国内では十数のKAPET(Kawasan Pengembangan Ekonomi Terpadu:経済統合開発地域)が指定されているが、州都マナドを中心とするエリアもその一つに組み込まれている。名称は「KAPET Manado-Bitung」。インドネシア政府は、東部インドネシア地域(KTI:Kawasan Timur Indonesia)の開発に腐心してきているが、マナド・ビトゥンKAPETは、NTT(東ヌサトゥンガラ)... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/29 00:00
北スラウェシ州紀行(32) 画家ソニーPerjalanan ke Sulut (32) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}アトリエを州都のマナドから高原の“花の街(Kota Bunga)”トモホン(Tomohon)に移した、北スラウェシ州(Prop.Sulut)を代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。本名はサムソン・G・A・レンコン(Samson G.A.Lengkong)。地元紙から“東の真珠”と敬称で呼ばれるソニーさんは、1957年7月16日、トモホンで生まれた。『私にとって絵画とは敬虔であるための媒体です』----2男2... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/30 00:00
北スラウェシ州紀行(33) 画家ソニー Perjalanan ke Sulut (33) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}“東の真珠(Mutiara Timur)”そして“北スラウェシの真珠(Mutiara Sulawesi Utara)”の敬称・愛称で呼ばれる、トモホン(Tomohon)在住の画家ソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん。『世界の画家の中では、ヴァン・ゴッホが一番好きかな。彼の全ての作品に共通する、あの線、そして筋。素晴らしい』と。『残念ながら、日本の画家については、未だ多くを知っていませんから、誰の絵画が好きかは言えません』... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/10/31 00:00
北スラウェシ州紀行(34) 画家ソニー Perjalanan ke Sulut (34) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}『アートの世界で言えば、ここ北スラウェシの芸術家たちは、バリ島やジョグジャカルタ、そしてジャワ島のその他の都市に暮らす芸術家と比べて、その存在が国内的に認識されていない。あたかも、バリ島とジャワ島の外には、アーティストがいないかのようなメディアの報道、そして美術評論家を始めとして、評論家と名が付く者たちの認識の低さ。僕は首都ジャカルタで行った個展では、いつも、ミナハサ(Minahasa)文化を強く打ち出して、ミナハサ、そして北スラウェシ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/11/01 00:00
北スラウェシ州紀行(35) 画家ソニー Perjalanan ke Sulut (35) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}ミナハサを代表する画家ソニー・レンコンさんのストーリーを掲載し始めて三日目(11月1日)、東京・高田馬場のインドネシア文化宮(GBI)で中カリマンタン州映画上映会を楽しんでいた時、携帯が鳴った。『突然のお知らせだから、今夜トモホン(Tomohon)に来てよね、とは言わないけれども、実は今日から9日まで、第15回目の個展をトモホンのアトリエで開催するんで、そのことを伝えておこうと思って電話をかけた』と、ソニーさんの声。聞けば、ソニーさんの... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/11/02 00:00
北スラウェシ州紀行(36) 画家ソニー Perjalanan ke Sulut (36) Sonny
{%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}2008年11月1日、トモホン(Tomohon)のソニー・ギャラリー2(Sonny Art Galeri:兼アトリエ)で、第15回目の「ソニー・レンコン個展」がスタートした。9日までの日程だ。画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さんは、州都のマナドにもギャラリーを所有しているが、最近では創作の拠点をトモホンに移している。そして、トモホンでは三月に一回の割合で、新作の個展を開催している。『北スラウェシ州、殊にトモホンで文... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2008/11/03 17:40
マナドWOC開催記念ソニー・レンコンさんの個展(Pameran Sonny L di Manado)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}インドネシア最南端のNTT(東ヌサトゥンガラ)州政府から派遣され、最北端の北スラウェシ州(Prop.Sulut)の州都マナド(Manado)で5月初旬、ササンドゥ(Sasandu)演奏を行うザカリアス・ンダオン(Zakarias Ndaong)さん。当地では、“インドネシア東部の真珠”の異名を持つ、画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さんが待っている。そしてソニーさんも同時期、個展を開催する。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/05/01 18:01
マナド&トモホンでソニー・レンコンさんの絵画展(Pameran Sonny Lengkong)
{%夏海(チカチカ)hdeco%}世界海洋会議(WOC=World Ocean Conference:2009年5月11日〜15日)開幕を控える北スラウェシ州の州都マナド(Manado)。5月9日、このインドネシア最北端の州へ、最南端のNTT(東ヌサトゥンガラ)州文化使節団の一員として、ササンドゥ(Sasandu)奏者のザカリアス・ンダオン(Zakarias Ndaong)さんが向かった。およそ150ヵ国から2,000〜5,000名が集まるとされる、マナド史上最大規模の国際会議... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/05/09 19:54
北スラウェシ州のコリンタン音楽(動画)Musik Kolingtan Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolingtan)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GBI... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/07 22:57
北スラウェシ州のコリンタン音楽(2) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolingtan・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/09 11:38
北スラウェシ州のコリンタン音楽(3) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolingtan・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/10 10:55
北スラウェシ州のコリンタン音楽(4) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolintang・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/12 11:53
北スラウェシ州のコリンタン音楽(5) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolintang・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/16 21:26
北スラウェシ州のコリンタン音楽(6) Musik Kolintang Sulawesi Utara
{%音符A(キラキラ)hdeco%}インドネシア最南端・ロテ島の伝統楽器ササンドゥ(Sasandu)の音色は、まさに“水芭蕉に眠るかぐや姫の調べ”。さて、インドネシア最北端・北スラウェシ州の伝統楽器コリンタン(Kolintang・木琴)の音色はどう表現すべきだろうか。ササンドゥとコリンタンのコラボ、それにプラスしてインドネシア最西端・アチェの太鼓ラパイ、そしてインドネシア最東端・パプアの口琴楽器ピコンを加えての、インドネシア“最果て四重奏”の実現を夢見るインドネシア文化宮(GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2009/07/17 23:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北スラウェシ州紀行(26)サンギヘ Perjalanan ke Sulut (26) Sangihe インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる