アクセスカウンタ

インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

プロフィール

ブログ名
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
ブログ紹介
インドネシア文化宮(GBI=Graha Budaya Indonesia、ICP=Indonesian Culture Plaza)は、インドネシアの最有力ニュース誌『TEMPO』やニュース局『METRO TV』の元東京支局がプロデュースするインドネシア情報発信基地です。多様性の国・インドネシアの素顔と生ニュースを紹介します。




zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(22)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(22) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/27 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(21)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(21) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/26 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(20)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(20) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/25 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(19)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(19) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/24 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(18)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(18) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/23 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(17)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(17) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(16)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(16) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(15)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(15) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/20 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(14)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(14) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(13)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(13) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/18 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(12)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(12) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/17 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(11)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(11) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/16 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(10)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(10) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/15 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(9)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(9) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/14 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(8)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(8) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/13 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(7)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(7) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/12 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(6)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(6) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/11 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(5)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(5) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(4)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(4) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(3)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(3) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/08 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(2)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(2) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 00:00
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(1)
野垂れヤカチ:マノクワリ→イドレ転進作戦の悲劇(1) 72年も昔の話だ。昭和19(1944)年7月、西部ニューギニアのマノクワリ(Manokwari)に司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)は、迫る連合軍を前に、同地の兵力の内約2万を、西方のソロン(Sorong)、南方のイドレ(Idore)へと転進させることを決めた。“転進”とは当時の呼称。実際は、十分な糧食も持たない敗走劇だった。ベラウ(Berau)地峡のイドレ村へ向かったおよそ1万2千(注:1万5千との数値もある)の将兵。この中には、インドネシア人兵補、台湾人軍属、朝鮮半島出身者、インド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/06 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(12)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(12) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(11)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(11) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/04 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(10)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(10) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/03 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(9)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(9) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/02 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(8)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(8) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/01 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(7)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(7) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/31 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(6)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(6) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/30 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(5)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(5) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/29 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(4)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(4) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/28 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(3)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(3) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/27 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(2)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(2) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/26 00:00
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(1)
海軍ニューギニア調査隊「ホランジア調査隊行動日誌」八木健三(1) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/25 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(15)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(15) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/24 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(14)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(14) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/23 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(13)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(13) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/22 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(12)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(12) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(11)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(11) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/20 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(10)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(10) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/19 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(9)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(9) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/18 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(8)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(8) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/17 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(7)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(7) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 00:00
終戦71周年に想う中野学校卒業生の日高岩男少佐と新穂智少佐
終戦71周年に想う中野学校卒業生の日高岩男少佐と新穂智少佐 2016年8月15日。終戦71周年。ニューギニアの大地に斃れた、二人の陸軍少佐の話をしたい。二人には共通項が多い。まず、二人とも九州男児。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/15 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(6)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(6) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/14 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(5)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(5) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/13 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(4)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(4) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/12 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(3)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(3) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/11 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(2)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(2) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/10 00:00
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(1)
海軍ニューギニア調査隊「アンギ・ランシキ調査隊一般報告」 八木健三(1) 海軍ニューギニア調査隊の資源鉱物調査班。海軍嘱託調査員だった八木健三は、昭和18年3月19日〜4月28日、ランシキ(Ransiki)、アンギ・ギジ(Anggi Giji)&アンギ・ギタ(Anggi Gita)湖一帯の調査隊長を務め、さらに5月〜6月、ホランジア(現ジャヤプラ)センタニ地区などでも地質・鉱物調査を実施した。その模様は、「海軍ニューギニア調査隊報告書 第3篇地質鉱物班報告B」のタイトルで動画アップ済みだが、同氏が海軍への報告後、東北帝国大学理学部助教授として、同大理学部の岩石鉱物... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/09 00:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる