アクセスカウンタ

インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

プロフィール

ブログ名
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
ブログ紹介
インドネシア文化宮(GBI=Graha Budaya Indonesia、ICP=Indonesian Culture Plaza)は、インドネシアの最有力ニュース誌『TEMPO』やニュース局『METRO TV』の元東京支局がプロデュースするインドネシア情報発信基地です。多様性の国・インドネシアの素顔と生ニュースを紹介します。




zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(39) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(39) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/24 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(38) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(38) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/23 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(37) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(37) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/22 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(36) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(36) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/21 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(35) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(35) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/20 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(34) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(34) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/19 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(33) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(33) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/18 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(32) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(32) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/17 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(31) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(31) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/16 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(30) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(30) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(29) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(29) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(28) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(28) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/13 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(27) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(27) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/12 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(26) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(26) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(25) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(25) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(24) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(24) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/09 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(23) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(23) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/08 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(22) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(22) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(21) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(21) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/06 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(20) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(20) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(19) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(19) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/04 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(18) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(18) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/03 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(17) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(17) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/02 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(16) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(16) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(15) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(15) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(14) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(14) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(13) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(13) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/29 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(12) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(12) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/28 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(11) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(11) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/27 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(10) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(10) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/26 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(9) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(9) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(8) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(8) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/24 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(7) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(7) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/23 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(6) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(6) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(5) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(5) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/21 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(4) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(4) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(3) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(3) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(2) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(2) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/18 00:00
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(1) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊
吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(1) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊 西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。しかし、この戦線には第3師団や第14師団の一部部隊なども参戦していたことは余り知られていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/17 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(20)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(20) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/16 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(19)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(19) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/15 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(18)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(18) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/14 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(17)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(17) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/13 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(16)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(16) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/12 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(15)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(15) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/11 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(14)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(14) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/10 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(13)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(13) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/09 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(12)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(12) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/08 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(11)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(11) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/07 00:00
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(10)
“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(10) 十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、アメリカとオーストラリアの間のシーレーンを絶つことにその狙いがあった。さらに「豪州侵攻論」も討議されたが、いずれも日本の国力の限界を超すものとして断念された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 00:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる