インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS スマトラ島ランプン州伝統タピス展(Pameran Budaya Tapis Lampung)

<<   作成日時 : 2007/01/31 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

画像


インドネシア文化宮(GBI)の2007年文化イベントの第一弾は、スマトラ島の最南端に位置するランプン(Lampung)州にスポットを当てます。GBIは同州政府との間で、今後、定期的に文化交流イベントを実施することで合意しました。そして最初のテーマとして、同州特産の金銀刺繍文化であるタピス布を取り上げます。
タピス(Tapis)布は、ズバリ豪華絢爛。インドネシア国内でも、タピスほど華やかで存在感の強いテキスタイル文化は他地域では見ることができません。基本的には、タピスは結婚式で花嫁が着けるサルン(腰巻)として知られていますが、その他の儀式の盛装として今でも多くの女性に愛されています。タピスのモチーフは多彩で、Tapis Jung Sarat, Tapis Dewasano, Tapis Raja Medal, Tapis Cucuk Andak, Tapis Kaca, Tapis Bintang Perak, Tapis Laut Linau, Tapis Limar Skebar, Tapis Kilab Turki, Tapis Agheng, Tapis Nyelem Dilawek Timbul di Gunung, Tapis Inuh, Tapis Cucuk Andak Komering, Tapis Semaka, Tapis Kuning, Tapis Cukil, Tapis Mandi, Tapis Pelakoなどが主だったものです。
GBIは、州都バンダルランプンで最も有名なタピスメーカーであるHelau Galleryと提携し、20点を超える最高レベルのタピス作品を展示します。また、同州Dekranasda(州伝統工芸品評議会)の協力の下、ウスス刺繍(Sulaman Usus)と呼ばれる、インドネシア国内で同州でしか見ることのできない、ユニークで独特の技術で縫製された製品群も紹介します。
さらに、同州特産のビーズ箱や、アンティークな木製仮面、そして悪霊払いの壺なども展示されます。


【名称】 スマトラ島ランプン州伝統タピス展
【期間】 2007年2月3日(土)〜3月31日(土) 11:00〜18:00 但し、日曜・祝日並びに第2&第4土曜日はお休みです。また、雨天などの悪天候の日も、予告無しに閉める場合があります。
【展示品】 タピス約25点、花嫁衣裳完璧セット、ウスス刺繍衣装、木彫、土器など
【主催】 インドネシア文化宮&ランプン州政府
【後援】 じゃかるた新聞
【場所】 インドネシア文化宮(GBI) JR高田馬場駅より徒歩約6分
【入場】 無料
【備考】 2007年3月には、同州より代表団が来日し、タピス製作実演や、同州の観光PR講演会、Dekranasdaによる工芸品展示会なども予定されています。


画像



画像



画像




Tapis Krui:およそ110年前に作られた新婦用のタピス。結婚式場の新婦控え室の入り口に飾られたもので、主に、西部ランプン地方で使われた。中心部に“生命樹”が。


画像



画像



画像

Tapis Kruiを手にするHelau Galleryオーナーのラスワン(Raswan)氏。

画像

展示会場の様子

画像



画像



画像



画像

2007年1月22日、州都バンダルランプンの州政府観光投資局で、GBIと州政府によるタピス展に関する共同記者発表が行われた。1月23日付けの「Lampung Post」や「Lampung Ekspres」紙が大きく報じた。


画像

「Lampung Ekspres」紙2007.2.23付け紙面

画像




参考URL

ランプン州タピス展の予告
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_8.html

インドネシア文化宮http://clik.to/GBI

ランプン情報
http://www.enggano.com/lampung.php

ランプン・ポスト紙
http://www.lampungpost.com/aktual/main.php

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
3時間で話せるランプン語(第66期インドネシア理解講座)参加者募集Bahasa Lampung)
現在開催中の『スマトラ島ランプン州伝統タピス展』(2007.2.3〜3.31)にちなんで、以下のような日程で、『3時間で話せるランプン語』講座を開設します。インドネシア文化宮(GBI)では、これまでに“超スピードで覚えるインドネシア各地の言語講座”シリーズの一環として、「インドネシア語」、「アチェ語」、「マカッサル語」、そして「ブギス語」講座を実施してきました。これらは、111の基本単語(インドネシア文化宮が独自に選択・考案)を覚え、それで会話まで習得してしまおうとの、大胆かつ不届... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/02/19 17:22
ランプン州政府文化使節団が来日(Rombongan Budaya dari Lampung)
3月31日(土)まで開催中の『スマトラ島ランプン州伝統刺繍展』のフィナーレを飾るイベントとして、ランプン州政府は、文化交流使節団を送ることを決定しました。3月21日、その一陣として「ランプン州芸術評議会(DKL)」は2名の舞踊家兼ファッションモデル、そして演出家と音楽担当者各一名、さらに芸術集団のSanggar Radin Intanを主宰するメイ・サリ・ベルティ女史の計5名を、さらに「ランプン州伝統工芸品評議会(Dekranasda Propinsi Lampung」は、議長のウ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/03/14 18:19
ランプン州文化フェスティバル(Festival Budaya Propinsi Lampung)
2007年3月23日(金)、ランプン州文化使節団の第一陣がやってきた。ランプン州芸術評議会会長のウィディヤンティ女史を始め計7名。スマトラ島最南端の同州州都バンダル・ランプンを夜行バスで発って、スンダ海峡をフェリーでジャワ島へ。そして翌朝ジャカルタからシンガポールへ。同日、深夜便で一路東京へ。翌朝、成田着。そしてそのまま高田馬場のインドネシア文化宮(GBI)へ。休む暇もなく、第一回目のランプン伝統舞踊を披露。「日本はまだ寒いわね。だから、こうして身体を動かしている方が温まっていい」... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/03/24 01:34
ランプン州タピス文化&観光講演会(第67期インドネシア理解講座)
3月31日まで開催中の『スマトラ島ランプン州伝統刺繍展』に関連して、以下の日程で第67期インドネシア理解講座を実施します。ランプンで育まれた金刺繍文化の歴史的背景やモチーフの意味、そして儀礼布としてのタピス(金刺繍布)文化を知る絶好の機会です。講師は、州都バンダルランプンで最も有名なタピス工房を営むラスワン(Raswan)氏です。 同時に、ランプン州政府観光文化投資局のムハマッド・ハルン(Muhammad Harun)氏による、ランプン観光の魅力に関する講演も行われます。使用... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/03/24 11:09
ランプン州文化フェスティバル報告(Festival Budaya Lampung)
2007年3月23日(金)〜24日(土)、インドネシア文化宮(GBI)で、『スマトラ島ランプン州伝統タピス展』の最後の一週間を飾る「ランプン州文化フェスティバル」が開催された。ランプン州芸術評議会(DKL)は、この日のために計7名を派遣。事前の広報活動に余裕がなかったことは大きな反省点だが、それでも同州政府の対外PRの意気込みは、インドネシアの他州と比較しても大いに評価できる。二人の舞踊家に加えて、音楽担当、演出担当を送り込む力の入れよう。特に、同州で老舗の芸術グループ「SRI(S... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/03/30 00:07
ランプン州ファッションショー
2007年3月24日(土)、『スマトラ島ランプン州タピス展』の一環として、ランプン州から来日したDKL(ランプン州芸術評議会)主催のファッションショーが開催された。モデルは、舞踊家でもあるアニー・クルニアシさん(愛称アニー)、そしてアンディナ・マルタディノヴァさん(愛称ディナ)。アニーさん(23歳)は、国立ランプン大学経済学部を卒業し、現在は、中部ランプン県の県庁勤務。県知事室でプロトコールを担当。ディナさん(20歳)は、現在、国立ランプン大学社会政治学部二年生。ランプン独特の花嫁... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/03/30 00:35
ランプン語講座
インドネシア文化宮(GBI)の第66期インドネシア理解講座『2時間で学ぶランプン語』が2007年3月24日(土)開催された。「ランプン州文化フェスティバル」の『ランプン伝統舞踊ショー』と『ランプン州ウスス刺繍ファッションショー』の合間に実施。事前広報が不十分で、今回は計4名が参加。インドネシア文化宮では、これまでインドネシア語、アチェ語、マカサル語、ブギス語などの集中講座を実施してきた。2007年夏にはスラウェシ島のトラジャ語講座を実施する予定です。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/03/30 00:46
ランプン州伝統工芸品評議会来日
インドネシア文化宮(GBI)が2007年2月3日〜3月31日に開催した『スマトラ島ランプン州伝統刺繍タピス展』。同展に向けて、同州政府はまさに“大型”文化使節団を送り込んできた。まずは3月23日〜26日、第一陣として7名構成の「ランプン州芸術評議会(DKL)」チーム。伝統舞踊やファションショーを披露。農業生産地として知られる同州のこれまでのイメージを劇的に変える、華やかなパフォーマンスを繰り広げた。 そして第二陣として3月25日〜30日、計11名の「ランプン州伝統工芸品評議会(D... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/03/30 01:18
ランプン州観光&タピス講座
2007年3月28日(水)、開催中の『スマトラ島ランプン州伝統刺繍タピス展』の最後の講座イベントとして「第67期インドネシア理解講座」が開催された。テーマは、ランプン州が発祥の地と言われるタピス(金刺繍)文化、そして同州の観光ポテンシャル。 上は、タピス文化の講師ラスワンさん。同氏は、州都バンダルランプンでTapis Helau Galleryを主宰。現在、タピスの全てをまとめた書籍の刊行に向けて、調査・執筆に忙しい。 ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/03/30 01:32
ランプン州でSiger TV開局(Siger TV diudarakan)
1883年5月20日、その三ヵ月後に歴史的大爆発を起こす、ジャワ島とスマトラ島の中間点、スンダ海峡に浮かぶクラカタウ火山が噴火を始めた。そして124年後の今日、クラカタウ火山を抱えるスマトラ島最南端のランプン州で、“Ada Karena Anda(あなた故、存在)”をキャッチフレーズに、民放テレビ局が“噴火”を開始した。その名は、SIGER TV。5月20日は、「Hari Kebangkitan Nasional(民族覚醒の日)」にもあたる。 20 Mei 1883, Gunun... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/05/19 21:06
2007年8月限定インドネシア同行スタッフ募集
インドネシア文化宮(GBI)は去る5月15日、満9歳を迎えました。“自転車操業”ですが、インドネシア全土の文化紹介を至上命題に、これまでに最西端のアチェから最東端のパプアまで、まさにヌサンタラ(インドネシアの別称)各地の伝統文化の一端を展示会方式で紹介してきました。 今夏、GBIは新たなエリアの“地域興し”&“島興し”プロジェクトに着手します。これに伴い、2007年の夏を限定とした「インドネシア同行スタッフ」の募集を行います。詳細は下記の通りです。 上の画像は:2006年8月の... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/05/29 12:27
スマトラ島ランプン州無料招待のお知らせ(象の上の結婚式)
インドネシア文化宮(GBI)では、2007年文化イベントの第一弾として去る2月3日〜3月31日、スマトラ島の最南端に位置するランプン(Lampung)州にスポットを当てた『ランプン州伝統タピス展』を実施しました。これは、GBIと同州政府との間で合意した定期的な文化交流イベントの一環として行われたものです。同展の期間中、ランプン州政府は計18名もの文化使節団を東京へ派遣し、ランプン州文化フェスティバル(伝統舞踊&ファッションショー)や、ランプン州観光&タピス文化講演など開催。一方GB... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/06/02 11:39
スマトラ象の上で結婚式参加者決定(Nikah di atas Gajah, Lampung)
今夏、スマトラ島最南端のランプン州政府がインドネシア文化宮(GBI)と共催で実施する観光PRイベントの一つである“象の上の結婚式”の参加者が決まりました。この企画は、同州が毎年実施している「クラカタウ祭り」の一環として今年初めて実施されることになりました。日本から一組、そしてインドネシア国内から一組の計二組のカップルを同州政府が全額負担して行うものです。 巨大なスマトラ象の背中で“永久の愛を誓う”エレファント・ウエディングへの応募者の中から、厳正な審査で次の方々が選ばれました。 ... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/08/02 12:59
スマトラ象の上で結婚式画像報告(Nikah di atas Gajah, Lampung)
インドネシア文化宮(GBI)が企画し、ランプン州政府と共催した『スマトラ象の上で結婚式』は、第17回クラカタウ祭りのメインイベントとして2007年8月25日、州都バンダルランプンで実施されました。日本から招待された江口祐介(28歳)&當山舞さん(29歳)カップル、そしてインドネシアのボゴール在住の久保木勇(37歳)&由美さん(40歳)夫妻。江口&當山さんは、同州の内陸部地域で用いられている結婚衣装のプパダン(Pepadan)を、そして久保木夫妻は、海岸部で一般的なサイ・バティン(S... ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/08/28 21:06
インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
2007年1月、「アチェ伝統刺繍展」準備のため、アチェ州内陸部を、州都バンダアチェから南東アチェ県のクタチャネまで縦断。各県で、伝統刺繍を種集。(上の画像は、アチェの“象の学校”の象さんたち)” ...続きを見る
インドネシア文化宮
2007/12/30 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スマトラ島ランプン州伝統タピス展(Pameran Budaya Tapis Lampung) インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる