テーマ:パプア

鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(6) Mayor Iwao Hidaka

西部ニューギニアの大河マンベラーモ川一帯を、主要な宣撫工作活動地域に設定した、日高岩男少佐率いる「鰐部隊(機関・工作隊)」。同少佐は、昭和19(1944)年7月31日未明、河口に近いロンベバイ湖(Danau Rombebai)の北東端に浮かぶヤピナ島(Pulau Yapina)で、連合軍の水艇基地奇襲作戦の…
トラックバック:66
コメント:0

続きを読むread more

鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(5) Mayor Iwao Hidaka

陸士第50期卒で、陸軍中野学校の2甲卒業生でもある日高岩男少佐。72年前の昭和19(1944)年7月31日未明、西部ニューギニアの大河マンベラーモ川(Sungai Mamberamo)の河口に近いロンベバイ湖(Danau Rombebai)に浮かぶヤピナ島(Pulau Yapina)で、連合軍の水艇基地奇襲作戦…
トラックバック:65
コメント:0

続きを読むread more

再録 鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(4) Mayor Iwao Hidaka

終戦後、サルミでは、武器弾薬はもとより私物もぜんぶ占領軍に没収された。そして毎日、占領軍の使役に駆り出された。 昭和21年にはいると、内地送還の話が決まった。そのとき、私は高価な時計をもっていた。この時計は、ニューギニアで亡くなった日高少佐のものである。 日高岩男少佐(『鰐部隊とパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再録 鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(2) Mayor Iwao Hidaka

「私は早速(注:日高少佐の左手の小指を)拾っておしいただき、手拭いにくるくると巻いて胸につり下げた。三人の兵隊はもっていた円ぴで穴を掘った。そして遺体の頭部を日本の方に向け、日章旗をおおって埋葬した。私は流木の小枝を削り陸軍少佐日高岩男之墓と青色のエンピツで書いてその上に立てた。ふたたび黙禱してそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再録 鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か? Mayor Iwao Hidaka

72年前の昭和19(1944)年7月31日未明。西部ニューギニアの大河マンベラーモ川(Sungai Mamberamo)の河口に近いロンベバイ湖(Danau Rombebai)。東西約20km、南北約10kmの淡水湖。北に向かって流れるマンベラモ川。河口まではおよそ40kmの地点。川から水が湖に流れ込み、そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 24 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 23 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 22 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 21 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 20 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 19 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 18 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 17 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 16 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 15 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 14 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 13 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 12 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 11 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風 10 Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(9) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(8) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参 西部ニュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(7) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(6) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(5) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西部ニューギニア東部隊(第35師団)作戦記 椰風(4) Japanese Army 35 Div.

通称号が「東(ひがし)」の陸軍第35師団(東2935部隊)。兵員の多くは、東京、神奈川、千葉、埼玉など関東方面出身者。中国戦線(北支)から西部ニューギニアへ転用され、当初マノクワリに司令部を置いた第2軍(豊嶋房太郎中将)隷下、ソロンやマノクワリを拠点に、ビアク島、ヌンホル島などの玉砕戦に参加。 西部ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(4) Mayor Iwao Hidaka

終戦後、サルミでは、武器弾薬はもとより私物もぜんぶ占領軍に没収された。そして毎日、占領軍の使役に駆り出された。 昭和21年にはいると、内地送還の話が決まった。そのとき、私は高価な時計をもっていた。この時計は、ニューギニアで亡くなった日高少佐のものである。 日高岩男少佐(『鰐部隊とパ…
トラックバック:66
コメント:0

続きを読むread more

鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(2) Mayor Iwao Hidaka

「私は早速(注:日高少佐の左手の小指を)拾っておしいただき、手拭いにくるくると巻いて胸につり下げた。三人の兵隊はもっていた円ぴで穴を掘った。そして遺体の頭部を日本の方に向け、日章旗をおおって埋葬した。私は流木の小枝を削り陸軍少佐日高岩男之墓と青色のエンピツで書いてその上に立てた。ふたたび黙禱してそ…
トラックバック:72
コメント:0

続きを読むread more