テーマ:フローレス

フローレス島中部を旅する(6) Kab. Manggarai, Pulau Flores

今から10年前の2003年9月、フローレス島で、世界の人類学会を揺るがす“大発見”があった。身長1mあまりの人骨が洞窟(鍾乳洞)内で見つかった。後にホモ・フローレシエンシス(Homo floresiensi)あるいは愛称で“Flo”と名づけられたホビット(小人)。3万8千年から1万3千年前まで存在していたとされ…
トラックバック:119
コメント:0

続きを読むread more

フローレス島中部を旅する(5) Kab. Manggarai, Pulau Flores

過日(2013年8月23日付け)、NTT(東ヌサトゥンガラ)州の食文化が劇的に向上していることを書いたが、フローレス島(Pulau Flores)でも、全NTT州に響き渡る名物パンがあることを知った。それは、マンガライ県(Kabupaten Manggarai)の県都ルーテン(Ruten…
トラックバック:121
コメント:0

続きを読むread more

フローレス島中部を旅する(4) Kab. Manggarai, Pulau Flores

バリ島から飛行機で真東へおよそ1時間20分。NTT(Nusa Tenggara Timur・東ヌサトゥンガラ)州の州都クパン(Kupang)に到着。ちょっと小ぶりのトランス・ヌサ(Trans Nusa)航空の双発プロペラ機に乗り換え、フローレス(Flores)島へ飛ぶ。新たな航空路が次から次へと開発されている中…
トラックバック:124
コメント:0

続きを読むread more

フローレス島中部を旅する(3) Kab. Manggarai, Pulau Flores

40年も昔の話だが、筆者が初めてインドネシアの地を踏んだ時、最初に出会った人物は、フローレス島、そしてティモール島出身者だった。今のNTT(東ヌサトゥンガラ)州が包括するエリアだ。一人は、今日のマンガライ(Manggarai)県の県都ルーテン(Ruteng)出身で教育者。フローレス人の彼は首…
トラックバック:121
コメント:0

続きを読むread more

フローレス島中部を旅する(2) Manggarai Timur, Flores

東マンガライ県(県都は南部の海岸近くに位置するボロン=Borong)は、マンガライ県の分割に伴って新たに誕生した二県の一つ。もう一つはコモド島を包括する西マンガライ県。新県庁舎もほぼ完成。現在は関連政府施設の建設が進んでいる。かと言え、県庁のボロン(Borong)は、街とまでは呼べない規模。…
トラックバック:125
コメント:0

続きを読むread more

フローレス島中部を旅する Ngada & Manggarai, Cool Flores

NTT(東ヌサトゥンガラ)州を旅している。今回は、フローレス島の中部から西部が対象地。まずは、マンガライ(Manggarai)県が分割されて誕生した東マンガライ県と、その東隣のンガダ(Ngada)県。州都クパンから双発プロペラ機で約1時間。ンガダ県の県都郊外のソア(Soa)にある空港へ。同県…
トラックバック:124
コメント:0

続きを読むread more