テーマ:ラマレラ

NTT州レンバタ島にシロナガスクジラが迷い込む Ikan Paus di Lembata

NTT(東ヌサトゥンガラ州)のレンバタ島(Pulau Lembata・あるいはロンブレン島=Pulau Lomblen)。日本と並び、東南アジアで唯一といっていい伝統鯨漁が行われている地域だ。殊に、同島の南岸に位置するラマレラ村(Desa Lamalera)は捕鯨の村として世界に知られている。主にマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Flight Lewoleba to Kupang (3) レンバタ県都レオレバから州都クパンへ飛行

NTT(東ヌサトゥンガラ)州内の航空網は、着実な発展を遂げている。1,192もの島々から構成される人口およそ530万人の“海のシャングリラ州”。伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more

Flight Lewoleba to Kupang (2) レンバタ県都レオレバから州都クパンへ飛行

NTT(東ヌサトゥンガラ)州内の航空網は、着実な発展を遂げている。1,192もの島々から構成される人口およそ530万人の“海のシャングリラ州”。伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今…
トラックバック:41
コメント:0

続きを読むread more

Flight Lewoleba to Kupang(1) レンバタ県都レオレバから州都クパンへ飛行

NTT(東ヌサトゥンガラ)州内の航空網は、着実な発展を遂げている。1,192もの島々から構成される人口およそ530万人の“海のシャングリラ州”。伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今…
トラックバック:41
コメント:0

続きを読むread more

レンバタ県都レオレバから伝統捕鯨のラマレラ村へ(7) Lewoleba to Lamalera

伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今や世界にその名を轟かせている。人口は1,742人(2010年県政府統計)。わずか493戸。しかし、ラマレラ村で古来続けられてきた銛打ち漁は、海洋…
トラックバック:43
コメント:0

続きを読むread more

レンバタ県都レオレバから伝統捕鯨のラマレラ村へ(6) Lewoleba to Lamalera

伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今や世界にその名を轟かせている。人口は1,742人(2010年県政府統計)。わずか493戸。しかし、ラマレラ村で古来続けられてきた銛打ち漁は、海洋…
トラックバック:45
コメント:0

続きを読むread more

レンバタ県都レオレバから伝統捕鯨のラマレラ村へ(5) Lewoleba to Lamalera

伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今や世界にその名を轟かせている。人口は1,742人(2010年県政府統計)。わずか493戸。しかし、ラマレラ村で古来続けられてきた銛打ち漁は、海洋…
トラックバック:46
コメント:0

続きを読むread more

レンバタ県都レオレバから伝統捕鯨のラマレラ村へ(4) Lewoleba to Lamalera

伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今や世界にその名を轟かせている。人口は1,742人(2010年県政府統計)。わずか493戸。しかし、ラマレラ村で古来続けられてきた銛打ち漁は、海洋…
トラックバック:47
コメント:0

続きを読むread more

レンバタ県都レオレバから伝統捕鯨のラマレラ村へ(3) Lewoleba to Lamalera

伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今や世界にその名を轟かせている。人口は1,742人(2010年県政府統計)。わずか493戸。しかし、ラマレラ村で古来続けられてきた銛打ち漁は、海洋…
トラックバック:48
コメント:0

続きを読むread more

レンバタ県都レオレバから伝統捕鯨のラマレラ村へ(2) Lewoleba to Lamalera

伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今や世界にその名を轟かせている。人口は1,742人(2010年県政府統計)。わずか493戸。しかし、ラマレラ村で古来続けられてきた銛打ち漁は、海洋…
トラックバック:49
コメント:0

続きを読むread more

レンバタ県都レオレバから伝統捕鯨のラマレラ村へ(1) Lewoleba to Lamalera

伝統捕鯨で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統クジラ漁のインドネシア国内唯一の“拠点”として、今や世界にその名を轟かせている。人口は1,742人(2010年県政府統計)。わずか493戸。しかし、ラマレラ村で古来続けられてきた銛打ち漁は、海洋…
トラックバック:48
コメント:0

続きを読むread more

NTT州レンバタ島を旅する(7) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT

捕鯨というと、なんとなく巨艦の先端に位置する電動銛でクジラを刺し殺すイメージがある。一方、クジラ漁と言うと、前近代的な手法で鯨を追っかけるイメージを持つ。単に個人的感想ではあるが。小学生時代、肉と言えばクジラ肉だった世代。誰が悪い、誰が良いとか言うまい。戦後、次世代の蛋白源を求める日本政府に対して、…
トラックバック:100
コメント:0

続きを読むread more

NTT州レンバタ島を旅する(6) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT

捕鯨というと、なんとなく巨艦の先端に位置する電動銛でクジラを刺し殺すイメージがある。一方、クジラ漁と言うと、前近代的な手法で鯨を追っかけるイメージを持つ。単に個人的感想ではあるが。小学生時代、肉と言えばクジラ肉だった世代。誰が悪い、誰が良いとか言うまい。戦後、次世代の蛋白源を求める日本政府に対して、…
トラックバック:101
コメント:0

続きを読むread more

NTT州レンバタ島を旅する(5) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT

NTT(東ヌサトゥンガラ)州レンバタ県のラマレラ村(Desa Lamalera)。伝統的手銛りクジラ漁で知られる。今年こそ、10月初旬現在、わずか五頭の捕獲でしかないが、村人たちは、双眼鏡を手に沖合のウォッチに余念がない。まだまだクジラが通過する可能性がある月だ。『誰も監視していないような雰囲気があ…
トラックバック:111
コメント:0

続きを読むread more

NTT州レンバタ島を旅する(4) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT

伝統クジラ漁で知られる、人口およそ115,000人(2011年統計:2012年統計では124,912人)のレンバタ県(Kabupaten Lembata)。東西に長いフローレス島の東、フローレス海峡を挟んで上下に点在する、東フローレス県のアドナラ島(Pulau Adonara)とソロール島(Pula…
トラックバック:112
コメント:0

続きを読むread more

NTT州レンバタ島を旅する(3) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT

クジラ漁で知られるレンバタ島(Pulau Lembata)のラマレラ村(Lamarela)。今年は10月初旬現在、計5頭の捕獲が記録されている。二年前に比べると十分の一と、その激減は村人たちを曇らせている。保護か漁の継続か?ラマレラ村の漁師、そして県政府共、視点は別ながら互いにこれからの行方に注目し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NTT州レンバタ島を旅する(2) Perjalanan ke Pulau Lembata, NTT

手銛りクジラ漁の村ラマレラ(Lamalera)。NTT(東ヌサトゥンガラ)州レンバタ県レンバタ島の南岸に位置し、行政的にはウランドニ(Wulandoni)郡に入る。人口は1,742人(2011年統計)で、大きく分けて二つの集落から成る。ラマレラA(250世帯)とラマレラB(243世帯)。氏系列は32…
トラックバック:113
コメント:0

続きを読むread more