テーマ:マナド

マナド&トモホンでソニー・レンコンさんの絵画展(Pameran Sonny Lengkong)

世界海洋会議(WOC=World Ocean Conference:2009年5月11日~15日)開幕を控える北スラウェシ州の州都マナド(Manado)。5月9日、このインドネシア最北端の州へ、最南端のNTT(東ヌサトゥンガラ)州文化使節団の一員として、ササンドゥ(Sasandu)奏者のザカ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(28) タルシウス Perjalanan ke Sulut (28)

バリ島と東のロンボク島との間にあるロンボク海峡。そしてカリマンタン(ボルネオ)島とスラウェシ島との間のマカッサル海峡。この二つを結ぶ線は、生物学上“ウォレス(Wallace)ライン”と呼ばれ、生物相の東洋区とオーストラリ区とを分かつ分布境界線として知られている。余談だが、ティモール島…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(25) ワルガ Perjalanan ke Sulut (25) Waruga

ミナハサ民族のワルガ(Waruga)は、単なる墓標であるばかりではなく、身内との“一体感”を具現化する祖霊像的な意味合いも持つ。今では、一か所に公園墓地風にまとめられているが、かつては各家々の前庭や、門前に置かれていたことから考えても、その可能性が高い。考古学と文化人類学の調査を待たねばならないが、例…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(24) ワルガ Perjalanan ke Sulut (24) Waruga

サワンガン(Sawangan)村の古い石棺(ワルガ:Waruga)は計144基。ミナハサ(Minahasa)地域にある2,000基とも言われるワルガの約7%が、この一村に集中している。西暦800年頃に始まったとされるワルガ石棺。その中には西洋人や、日本人のお墓とされるものもある。 サワンガン村のワル…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(23) ワルガ Perjalanan ke Sulut (23) Waruga

キリスト教が北スラウェシ一帯に入ると時期を同じくして、石棺の中に亡骸を入れて自宅前に置く埋葬形式は徐々に禁止された。以降は土葬に変わり今日に至っている。屋根や石棺に彫られたシンボルやモチーフは、それぞれのマルガ(Marga)、すなわち同一族(氏)によって異なった。また、その昔は、石棺の脇に、故人の氏名…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(22) ワルガ Perjalanan ke Sulut (22) Waruga

エジプトのピラミッド、北京郊外の明の十三陵を見るまでもなく、古いお墓は世界中で著名な観光地となっている。偉人の墓ならなおさらだ。庶民のお墓だって、立派な観光地になることは、スラウェシ島のトラジャ民族の断崖の石室が証明している。実は北スラウェシ州にも、未だ対外的によく知れ渡ってはいないが、それはそれは見…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(11) マナド美女 Perjalanan ke Sulut (11)

誰が言い始めたのか、マナドの魅力を表現する“五つのB”があるそうだ。まず世界的なダイビングスポットであるブナケン(Bunaken)のB、次いで、マナドお粥つまりブブール・マナド(Bubur Manado:地元ではティヌトゥアン(Tinutuan)と呼ぶ)のB。そしてブキット・カシ(Bukit K…
トラックバック:33
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(10) 竹楽器 Perjalanan ke Sulut (10)

北スラウェシのミナハサ民族は、インドネシアの中でも、最も音楽好きで、かつ音楽センスが高い民族と言える。とにかく歌が上手い。そして当地の楽器の主役と言えば「コリンタン(Kolingtang)」。コリンタンをして“インドネシアの木琴”とまで呼ばれている。木製そして竹製の二種がある。いわば…
トラックバック:34
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(7) マナドのお粥  Perjalanan ke Sulut (7)

“ブナケンのマナド”、“シーラカンスのマナド”。北スラウェシ州の州都マナドは、これまでその世界的に知れ渡った美しい海洋公園と、生きた化石のシーラカンスの発見といった「海」のイメージを強く打ち出してきた。しかし、最近、新たなイメージの創造に懸命だ。2009年5月11~15日、WOC(世…
トラックバック:37
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(6) マナド(Manado)  Perjalanan ke Sulut (6)

ドイツ生まれの二人のキリスト教宣教師が今でもミナハサの人々に記憶されている。リーデル(Riedel)とシュワルツ(Schwarz)。オランダ植民地時代、二人はオランダ政府によってNZGという組織を通じて、プロテスタント教の布教を目的として北スラウェシに送り込まれた。1831年6月12…
トラックバック:38
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(5) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (5)

東部インドネシアの中心地と言えば、誰しもが、スラウェシ島の西南端近くに位置する、南スラウェシ州の州都であるマカッサル(Makassar・旧ウジュンパンダン)を思い浮かべる。人口は約123万。つまり北スラウェシ州の州都マナドのおおよそ3倍弱だ。南スラウェシ州では、タナトラジャ県を例外と…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(4) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (4)

ダイビングで使われるスクーバ(潜水用の呼吸器具)の発明者の一人として知られる、フランス人海洋学者ジャック・イヴ・クストー(Jacques Yves Cousteau:1910年6月11日~1997年6月25日)は、今では世界的に知られるようになった北スラウェシのダイビングスポットの“…
トラックバック:40
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(3) ブナケン(Bunaken) Perjalanan ke Sulut (3)

“竜宮城”は絵にもかけない美しさだそうだが、ミナハサ民族が世界に誇るブナケン(Bunaken)のサンゴ海を、マナド・トモホン在住で、北スラウェシを代表する画家のソニー・レンコン(Sonny Lengkong)さん(51歳)は描き続けている。その題材に選ぶロケーションは、やはり古マナド(M…
トラックバック:41
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(2) シーラカンス  Perjalanan ke Sulut (2)

“生きた化石”シーラカンス(学名:Coelacanthus コエラカントゥス)は、1938年12月22日、南アフリカ南東部、インド洋のカルムナ(Chalumna)川河口付近で漁師が偶然捕獲し「世紀の大発見」となった。属名&種小名はラティメリア・カルムナエ(Latimeria chal…
トラックバック:42
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(1) マナド(Manado) Perjalanan ke Sulut (1)

スラウェシ(旧セレベス)島の北端に位置する北スラウェシ州(Sulawesi Utara=Sulut)は、日本に一番近いインドネシアだ。かつて“大東亜戦争”において、日本軍がカリマンタン(ボルネオ)島のタラカン島を奇襲攻撃し、インドネシア占領の第一歩を記すが、次いで攻略作戦を実行した地…
トラックバック:44
コメント:0

続きを読むread more