テーマ:展示会のお知らせ

『アロールの糸・色彩の世界展』開催予定 Pameran Warna-Warni Alor 

去る3月17日に始まった絵画展『画家ニケン・ララサティ個展 “ドラナン・アナック(子供の遊びの世界)”:Pameran Tunggal Pelukis Niken Larasati, Dunia Dolanan Anak』は、6月16日を最終日に予定しています。古都ジョグジャカルタ在住の女性画家が描く、今や消滅の危機に瀕している“ド…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』開催予定 Pameran Warna-Warni Alor 

去る3月17日に始まった絵画展『画家ニケン・ララサティ個展 “ドラナン・アナック(子供の遊びの世界)”:Pameran Tunggal Pelukis Niken Larasati, Dunia Dolanan Anak』は、およそ一か月後の6月16日を最終日に予定しています。古都ジョグジャカルタ在住の女性画家が描く、今や消滅の危機…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

『アロールの糸・色彩の世界展』開催予定 Pameran Warna-Warni Alor 

インドネシア文化宮(GBI)は、インドネシア・東ヌサトゥンガラ州(Provinsi NTT)のアロール県(Kabupaten Alor)と共催で、2012年6~8月、『アロールの糸・色彩の世界展』を開催する予定です。イカットやソンケットなどの伝統布で知られるアロール県。樹木、葉、茎、根、果物、土、石等々から生み出された計111種の色…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア文化宮(GBI)満14歳です GBI-Tokyo genap usia 14 thn

今日(2012年5月15日)、インドネシア文化宮(GBI=Graha Budaya Indonesia)は満14歳になりました。1998年5月15日のオープン以来、計62回の展示会、そして105回の「インドネシア理解講座」を実施しました。現在は『画家ニケン・ララサティ個展 “ドラナン・アナック(子…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

子供の日に思うインドネシアの子供の遊び Hari Anak Jepang & Dolanan RI

5月5日。日本は子供の日(Hari Anak)。インドネシアの子供たちは、どう過ごしているのだろうか。ジョグジャカルタ在住の女性画家ニケン・ララサティ(Niken Larasati)さんが描くように、つい一昔前まであった伝統的な遊びに代わって、電子ゲーム機器やインターネットのオンラインゲームに…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

アロール県観光チームGBIへ Kunjungan Delegasi Pemkab.Alor, NTT

東京・池袋のサンシャインシテイで行われた第20回マリンダイビングフェアに参加した、NTT(東ヌサトゥンガラ)州アロール県(Kabupaten Alor)観光局の3名。帰国の前日、東京・高田馬場にあるインドネシア文化宮(GBI)を訪問。告知の様に、同県特産のソンケット(縫取り織り肩掛け布)を来訪者に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アロール県政府からプレゼント! 4月9日(月)GBIで!Alor ke Tokyo

4月8日(日)、今年の「マリンダイビングフェア」が終了。午後17時まで、三日間にわたり、観光やショッピングに抜け出すこともなく、NTT(東ヌサトゥンガラ州)アロール県(Kab.Alor)観光局の3名は、連日池袋サンシャインの会場に詰めた。一般的なインドネシア人公務員とは異なり、極めて真面目な“公務…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンさんのジャワ語講座Kursus Bahasa Jawa, Niken Larasati

インドネシア文化宮(GBI)で実施中の『ニケン・ララサティ個展』。古都ジョグジャカルタ在住の女性画家ニケンさんは、帰国の二日前、第105期インドネシア理解講座として「画家として、母として、そして妻として」と題するミニ講義を行う傍ら、ジャワ語の基礎単語111語コースの講師を務めた。 ジャワ語は…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

アロール県政府からプレゼント! 4月9日(月)GBIで!Alor ke Tokyo

4月6日(金)、東京・池袋のサンシャインシティで第20回マリンダイビングフェア(Marine Diving Fair)が始まった。8日(日)までの三日間。会場のアジアエリアを覗くと、フィリピンやマレーシア、そしてベトナム、タイなどのブース奥、ステージ&飲食休憩コーナーの手前に、インドネシアが。 …
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンさんの講演(動画リポート4) Pak Wardiman ke GBI-Tokyo

春そのもの。薄いピンクの桜の花びら。今日こそとばかりに、見る者を感動に導くサクラの木々が咲き誇る。柔らかな陽光を背に、元インドネシア共和国教育文化大臣のワルディマン・ジョジョネゴロ(Prof. Dr. Ing. Wardiman Djojonegoro)さんがGBI(インドネシア文化宮)を訪れた。…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンさんの講演(動画リポート3) Ceramah Niken Larasati di GB

今日(2012年4月5日)、神田川沿いのソメイヨシノが咲きほこる中、元インドネシア共和国教文化大臣のワルディマン・ジョジョネゴロ(Prof. Dr. Ing. Wardiman Djojonegoro)さんがインドネシア文化宮(GBI)を訪れる。日本の春を堪能するため、伊勢、奈良、京都、金沢などを…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンさんの講演(動画リポート2) Ceramah Niken Larasati di GBI

画家ニケンさんが、夫と子供たちが待つジョグジャカルタ(Yogyakarta)に“帰還”。「無事、家族と合流しました。家族皆元気です。日本滞在中の厚意に感謝します」---ニケンさんから携帯電話を通じてショートメッセジが届いた。 初めての海外旅行。でもニケンさんは、その初の海外個展の興奮も…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンさんの講演(動画リポート1) Ceramah Niken Larasati di GBI

2012年4月2日。桜並木が続く東京・、練馬区桜台。ようやく春の女王・サクラの季節がやってきた。地名通りに、ソメイヨシノの蕾が満開の日に向けて、気温を気にしながらも蠢いている。その朝、先月15日まだ肌寒い東京にやってきたジャワ島の古都ジョグジャカルタ在住の女性画家ニケン・ララサティ(Nike…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンさんの講演&ジャワ語講座 Ceramah+Bahasa Jawa Niken

強風下、東京で桜の開花宣言が出た土曜日(2012年3月31日)インドネシア文化宮(GBI)では、戸外の風と雨音を応援歌に、来日中の女性画家ニケン・ララサティさんを講師に、第105期インドネシア理解講座が開催された。幸運にも、参加者全員がインドネシア語が堪能なため、ニケンさんは通訳を介せずに熱…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

今日、画家ニケンさん講演会+ジャワ語講座 Ceramah Niken Larasati

去る3月28日インドネシア文化宮(GBI)を訪ね、画家ニケンさんの作品を鑑賞したインドネシア中央銀行東京事務所のジュナント・ヘルディアワン(Junanto Herdiawan)さん。早速、鑑賞記をインドネシア有力紙『Kompas』が運営する投稿サイトである『Kompasiana』で発表した。…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

第105期「インドネシア理解講座」のお知らせ Ceramah Niken Larasati

個展スタートの二日前、3月15日に来日したジョグジャカルタの女性画家ニケン・ララサティ(Niken Larasati)さん。4月2日(月)には早くも帰国の途に。離日を前に、今週土曜日(3月31日)、彼女はインドネシア文化宮(GBI)恒例の、第105期インドネシア理解講座で「画家として、母とし…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

第105期「インドネシア理解講座」のお知らせ Ceramah Niken Larasati

もうすぐ、と思わせながらなかなか蕾が膨らまない桜。来日してからまもなく二週間。ジョグジャカルタ出身の女性画家ニケンさんは、四月初旬の帰国を前に、桜の開花が気がかりでならない。いつになったら“Negeri Sakura(桜の国日本)”を体感できるのか。 個展開催日(3月17日)以来、肌寒…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

第105期「インドネシア理解講座」のお知らせ Ceramah Niken Larasati

インドネシア文化宮(GBI)が閉宮の土日(3月24~25日)。来日中の画家ニケンさんは、来る土曜日(3月31日)の「インドネシア理解講座」へ向けてジャワ語リストや講演内容の推敲に時を過ごした。『来週の土曜日、晴れることを願っています。そして東京の桜も少しだけでも開花してくれたら』と。一年に一…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

第105期「インドネシア理解講座」のお知らせ Ceramah Niken Larasati

ジョグジャカルタの女性画家ニケン・ララサティさんが描く『ドラナン・アナック(子供の遊び)』に登場する子供は全て女の子、しかも全員がバティック(ろうけつ染め)を身につけている。バティックはジャワ文化の象徴の一つでもある。日本風に言えば、皆が着物を着ている。計22の作品を鑑賞すると、様々なモチー…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンさん個展(動画・2)Pameran Dolanan Anak Indonesia

インドネシア情報をクリックしている方で『ガドガド(gadogado)』を知らない人はいないだろう。オンタイムでインドネシアに関するあらゆるホットな情報を提供している。別ブログの『アチャラカレンダー』なども含めて、きめ細かいインドネシア関連情報を連日紹介している。在日インドネシア大使館でさえで…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンさん個展(動画)Pameran Dolanan Anak Indonesia

ジョグジャカルタ在住の女性画家ニケン・ララサティ(Niken Larasati)さんが来日して一週間。冷たい雨の歓迎を受けたものの、個展オープニング(3月17日)も無事クリア。桜の開花を待ち侘びながらも、寒い春に少しだけ滅入っている。 3月21日、インドネシア文化宮(GBI)で行なわれたビデオ撮影。来…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンが描く子供の遊び4 Dolanan Anak Tradisional Indonesia

3月21日、インドネシア文化宮(GBI)で画家ニケンさんをインタビュー録画。“ドラナン・アナック(Dolanan Anak・子供の遊び)”を描こうとした動機は?なぜ昔の遊びが電子ゲームに駆逐されているのか?どうしたら昔の遊びは復活するのか?今後男の子の遊びの世界も描いていくのか?等々。 映像は編集後ユ…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンが描く子供の遊び3 Dolanan Anak Tradisional Indonesia

春分の日。インドネシア文化宮(GBI)は閉宮。来日中の画家ニケンさんは、都内の美術館巡り。今日から始まった、東京国立博物館の『ボストン美術館・日本の美術の至宝』展へ。屏風絵画や常設展示場の着物に感動しきり。次いで上野の森美術館へ。開催中の『VOCA(現代美術の展望---新しい平面の作家たち)』を鑑賞。 …
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンが描く子供の遊び2 Dolanan Anak Tradisional Indonesia

東京の桜の蕾は、寒空と時折射す暖かい陽光の狭間で、開花の時期を測りかねている。『画家ニケン・ララサティ個展 “ドラナン・アナック(子供の遊びの世界)・Pameran Tunggal Pelukis Niken Larasati, Dunia Dolanan Anak』が始まって三日。Sakuraを楽しみに来…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケンが描く子供の遊び Dolanan Anak Tradisional Indonesia

電子ゲーム機やオンラインゲームが、世界中の子供たちの遊び方を劇的に変化させている。いわゆる昔の遊び(伝統的な子供の遊び)が、危機に瀕していると懸念する以前に、すでに大方消え失せた。先進工業国ばかりか、その傾向はまさにグローバル化している。 木靴競争(Balapan Teklek) …
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケン・ララサティ個展開催が開幕 Pameran Tunggal Pelukis Niken

絵画展初日だというのに、天は冷たい雨を運んできた。寒さに凍える画家のニケンさん。しかし「ドラナン・アナック(インドネシア子供の遊びの世界)」をテーマに据えた、ニケンにとって初の海外個展に駆けつけてくれた方々の暖かい声援に、女性画家の頬が緩んだ。 共催者の『じゃかるた新聞』は開催日(2012年3月17日…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケン・ララサティ個展今日から Pameran Tunggal Pelukis Niken

古都ジョグジャカルタに暮らす女性画家ニケン・ララサティ(Niken Larasati)さんの個展が今日2012年3月17日(土)いよいよ始まります。『ジョグジャカルタ近くのボロブドゥール遺跡は世界的に知られていますよね。でもその古都ジョグジャカルタばかりか、インドネシア全土から、その昔の子供たちの文化であっ…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケン・ララサティ個展開催まで1日 Pameran Tunggal Pelukis Niken

古都ジョグジャカルタからニケン・ララサティ(Niken Larasati)さんが2012年3月15日来日した。『寒い。でもこの寒さが今の東京なんですよね。寒さも楽しまなくちゃ』と三児の母。バリ島経由、ガルーダ航空880便で成田空港着。『売れない絵を描かないと、画家とは見てもらえないインドネシア。首都ジャカル…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケン・ララサティ個展開催まで2日 Pameran Tunggal Pelukis Niken

『色々な活動、多忙、そして技術の進歩、さらには行動空間の制限などによって、今日、昔の子供たちの遊び(Dolanan Anak)の多くがその存在の危機に瀕しています。私は、その頃が黄金時代とも感じた、その昔の幾種類ものドラナン・アナック(子供の遊び)を思い起こし、その心髄をここに描こうと思いました。絵画に再現…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

画家ニケン・ララサティ個展開催まで3日 Pameran Tunggal Pelukis Niken

『色々な活動、多忙、そして技術の進歩、さらには行動空間の制限などによって、今日、昔の子供たちの遊び(Dolanan Anak)の多くがその存在の危機に瀕しています。私は、その頃が黄金時代とも感じた、その昔の幾種類ものドラナン・アナック(子供の遊び)を思い起こし、その心髄をここに描こうと思いました。絵画に再現…
トラックバック:29
コメント:0

続きを読むread more