テーマ:ハルディ

画家ハルディ氏近況 Jumpa kembali dgn Pelukis Hardi

インドネシア文化宮(GBI)が初めて開催したインドネシア人画家の絵画展は、1999年4月のハルディ個展だった。スハルト政権下で、反政府のかどで逮捕された経験を持つハルディ(Hardi)さん。『2001年インドネシア共和国大統領スハルディ(Presiden RI TH.2001 SUHARDI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(14)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/28#2 本名ラデン・スハルディ・アディマルヨノ(Raden Soehardi Adimarjono)。1951年5月26日、東ジャワ州、ブリタール市の南およそ10kmのガンバール(Gambar=絵画の意味)村で八人兄妹の四男として生まれる。もうすぐ48歳の誕生日。生まれつき両手足…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(13)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/28 来日13日目の4月28日、水曜日。ゴールデンウイークで海外へ出かける日本人の後を追うように、画家ハルディ氏が祖国への帰国の途に着いた。夜19:10発のSQ(シンガポ―ル航空)11便。現地時間で深夜の1時にシンガポール到着予定。7時間後、SQ-152便で、午前8時30分、家族が…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(12)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/27 4月27日(火)。夕刻、ハルディ氏は、総理府並びに外務省海外広報課が出している月刊誌『Pacific Friend』の取材を、個展会場であるGBI(インドネシア文化宮)で受けた。同誌は、いわば日本政府の海外向け広報誌であり、全世界に散らばる日本大使館や日本政府関連機関を通じて…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(11)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/25 沖縄旅行から東京へ戻ったばかりのハルディさん。疲れも見せずに、東京・北の丸公園にある東京国立近代美術館を訪ねた。目的は、3月27日~5月9日まで同美術館で開催中の、美人画の巨匠鏑木清方(かぶらき きよかた=Kiyokata Kaburaki)展。案内役は、GBIセクレタリー兼…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

再録【画家ハルディの日本日記(10)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/24 宜野湾市上原358番地。米軍普天間基地を取り囲む金網フェンスに接する場所に、小さいながらも巨大・偉大な絵画を収蔵する美術館がある。佐喜眞美術館(SAKIMA ART MUSEUM)だ。5年前の1994年11月23日に、佐喜眞道夫(Michio Sakima)氏が開館した。 …
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(9)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/23#3 どこからともなく三線(さんしん)の音色が聞こえてくる那覇の夜。4月23日、金曜の夜。画家ハルディ氏の来沖を歓迎する小さな宴が市内桜通りにある海鮮居酒屋『ぱやお(魚礁)』で開かれた。この夜駆けつけてくれたのは、インドネシア文化宮のホームページ上で「沖縄マタハリ物語」を連載中…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(8)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/4/23#2 那覇見学のスタートは、国際通り、そして平和通りと決めてあった。この二つの通りを歩けば『国際平和』だからだ。午前9時、那覇のメインストリートである国際通りは、渋滞こそ激しいが、人通りはまだまだ少ない。『つまり、この通りはジャカルタで言えば、スディルマン通りだね』と、ハルディ…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(7)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/04/23 快晴の那覇。気温25度。首里へと急いだ。かつて琉球王朝の居城であり、王朝の栄華を今に伝える首里城。守礼門をくぐると、観光記念撮影のための業者の集団。ハルディさんは、三千円を支払い、王の服を身につけ、伝統衣装の美女二名に挟まれ、神妙な面もち。王様の衣装がなんと似合うことか。 …
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(6)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/04/22 ハルディ氏は「雨男」。東京を出て以来、雨に打たれ続けている。 22日、計画を一日繰り上げ、沖縄本島の那覇へ向かうこととなった。『与那国(よなぐに)は余りにもインドネシアと似ている。特に西ジャワの光景と。もう十分だ。もっと大勢の人々が都市型の生活をしている場所へ移動したい』…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(5)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/04/21 与那国島。二日目。早朝の雨もあがり、雲の合間から時折強い陽光が差し込む。ホテル・ホワイトハウスのオーナーが運転する車で比川(ひかわ)浜へ。 比川浜でTBS撮影クルーの取材を受けるハルディ氏。 このホテル経営者、実は元与那国町長だったのです。『町…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(4)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/04/20 インドネシア共和国の広大な広がりを称して「Dari Sabang Sampai Merauke(サバンからメラウケまで)」と言うが、これはスマトラ島北端に浮かぶウェ(Weh)島のサバン(Sabang)市から、最東端のイリアンジャヤ州の東南端に位置するメラウケ(Merauke…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(3)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

1999/04/19 個展2日目の4月19日(月)。初日に続き雨の高田馬場。ガンマ東京支局で目覚めたハルディ氏は、近くのコンビニへ朝飯の物色に出かけたとか。『24時間オープンしているからご飯に困らない』とは言うものの、来日以来、2日目の朝食を除けば、全てコンビニ食だが、ハルディ氏は全然気にしてい…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(2)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

『ハルディ展』が開幕した4月18日(日)。前日の快晴とはうって変わり、東京は雨模様。 午前11時30分。GBIボランティアの一員である東信太郎君が打ち鳴らすゴングの響きに続いて、東京外国語大学大学院生(インドネシア文学専攻)の鈴木美智さん、そしてバリ島で二年間バリ舞踊を学んだ川崎智子さんが、ハル…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

再録 【画家ハルディの日本日記(1)】 Pelukis Hardi di Negeri Sakura

14年前、インドネシア文化宮(GBI)が誕生満一歳を迎えるにあたって、初の絵画展を開催した。『画家ハルディ個展』だ。1999年4月18日~1999年9月17日、五ヵ月間の長期展示会だった。1979年、“2001年インドネシア共和国大統領スハルディ(PRESIDEN RI.TH.2001 SUHAR…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

画家ハルディ氏らが『石油の世界絵画展』 Dunia Perminyakan Indonesia

今から14前に誕生したインドネシア文化宮(GBI)が、初めて開催したインドネシア人画家の個展は、ハルディ(Hardi)さんだった。彼はスハルト政権崩壊(1998年)まで、辛苦をなめ続けてきた“反体制画家”の象徴だった。1999年4月~5月、GBIはハルディ個展を実施した。 “飛行機嫌い”のハルディさん…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

再録『GBIニュース』1998.9.5#2画家ハルディWWCR dgn Pelukis Hardi

1998年8月~2003年1月まで、宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックのホームページを間借りして掲載された『GBI(インドネシア文化宮)ニュース』。サーバー事情により消えてしまった一連の記事をここに復刻する。10数年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判…
トラックバック:150
コメント:0

続きを読むread more

再録『GBIニュース』1998.9.4 WWCR dgn Pelukis Hardi

1998年8月~2003年1月まで、宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックのホームページを間借りして掲載された『GBI(インドネシア文化宮)ニュース』。サーバー事情により消えてしまった一連の記事をここに復刻する。10数年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判…
トラックバック:273
コメント:0

続きを読むread more

画家ハルディ氏と見たサッカーをする与那国島の子犬 Anjing main bola

1999年4月21日、沖縄県の与那国島。日本最西端の地。祖納のナンタ浜で、子供た ちとサッカーに興じる子犬がいた。インドネシア人画家ハルディ氏と共に、“最も東南アジアに近い日本”の与那国島を旅した。日本最西端、台湾までわずか111kmの地で、ハルディ氏はスケッチ、そして水彩画を描き続けた。ナンタ…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア人画家ハルディ氏東京個展の動画(5) Pelukis Hardi di Tokyo 99

連載中の「10年前のユドヨノ現大統領会見記」のためビデオ整理をしていると、“2001年インドネシア共和国大統領スハルディ”こと、画家のハルディ氏の個展の映像が出てきた。今からちょうど10年前、インドネシア文化宮(GBI)の満一歳の誕生日企画として、「画家ハルディ個展」を催した。そこで、早速当時を振…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア人画家ハルディ氏東京個展の動画(4) Pelukis Hardi di Tokyo 99

連載中の「10年前のユドヨノ現大統領会見記」のためビデオ整理をしていると、“2001年インドネシア共和国大統領スハルディ”こと、画家のハルディ氏の個展の映像が出てきた。今からちょうど10年前、インドネシア文化宮(GBI)の満一歳の誕生日企画として、「画家ハルディ個展」を催した。そこで、早速…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア人画家ハルディ氏東京個展の動画(3) Pelukis Hardi di Tokyo 99

連載中の「10年前のユドヨノ現大統領会見記」のためビデオ整理をしていると、“2001年インドネシア共和国大統領スハルディ”こと、画家のハルディ氏の個展の映像が出てきた。今からちょうど10年前、インドネシア文化宮(GBI)の満一歳の誕生日企画として、「画家ハルディ個展」を催した。そこで、早速…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア人画家ハルディ氏東京個展の動画(2) Pelukis Hardi di Tokyo 99

連載中の「10年前のユドヨノ現大統領会見記」のためビデオ整理をしていると、“2001年インドネシア共和国大統領スハルディ”こと、画家のハルディ氏の個展の映像が出てきた。今からちょうど10年前、インドネシア文化宮(GBI)の満一歳の誕生日企画として、「画家ハルディ個展」を催した。そこで、早速…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア人画家ハルディ氏東京個展の動画 Pelukis Hardi di Tokyo 1999

連載中の「10年前のユドヨノ現大統領会見記」のためビデオ整理をしていると、“2001年インドネシア共和国大統領スハルディ”こと、画家のハルディ氏の個展の映像が出てきた。今からちょうど10年前、インドネシア文化宮(GBI)の満一歳の誕生日企画として、「画家ハルディ個展」を催した。そこで、早速…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more