テーマ:新穂智少佐

太平洋戦争開戦から76周年。“戦後”は続く。新たな“戦前”か。

今日12月8日は、太平洋戦争勃発から76周年。そして、今から69年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯としてオランダ軍によって銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太平洋戦争開戦から75周年。真珠湾を訪問する首相。“戦後”は終わるのか。

今日12月8日は、太平洋戦争勃発から75周年。そして、今から68年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯としてオランダ軍によって銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギニア)の州都ジャヤプラ(当時のホ…
トラックバック:62
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐13 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐12 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐11 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐10 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐(9)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐(8)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。太平洋戦争勃発から74周年目の12月8日も過ぎた。今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニューギ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐(7)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。今日12月8日は、太平洋戦争勃発から74周年目。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐(6)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。明日12月8日は、太平洋戦争勃発から74周年目。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州(旧蘭領ニ…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐(5)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐(4)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐(3)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐(2)Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

太田敏子さんが語る故新穂智少佐 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota

戦後70年の今年、平成27(2015)年。来る12月8日には、太平洋戦争開戦から74周年目を迎える。そして、今から67年前、つまり太平洋戦争開戦7周年目の昭和23(1948)年の12月8日、一人の旧日本帝国陸軍少佐が、戦犯として銃殺刑に処せられた。場所は、現在のインドネシア共和国最東端のパプア州…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

故新穂智少佐の妻・太田敏子さん逝去 Toshiko Ota & Major Satoru Niiho

終戦70周年のその日。平成27(2015)年8月15日。筆者は、横浜市に暮らす太田敏子さんを訪ねた。ちょうど二ヶ月前に満百歳の百寿を祝ったばかりで、100歳と2ヵ月のご高齢にも関わらず、数時間に及んだインタビューにお応えいただいた。敏子さんの夫である新穂智(にいほ さとる)旧日本陸軍少佐は、67年前の昭和2…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

日中戦争の中燃え上がる恋。“秘密戦士”新穂智と敏子、そして智忠さん。

昭和14(1939)年7月12日、満州帝國郵政の、四分額面の切手が貼られた一通の封書が、ハルピン(哈爾濱)から「大日本帝國東京市東大久保1丁目XXX」のアパートに暮らす、うら若き日本女性宛に投函された。 100歳の敏子さん、そして新穂智さんとの間に生まれ、昨年9月に逝去した智忠さんの…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

2015年8月15日。終戦70周年。新穂智元少佐と智忠さん、そして敏子さん。

「私が戦犯者として死刑になった事については何等卑下する必要はない。和蘭軍が一方的形式的裁判で死刑にするのだ。私は皇国の為に活躍して来たのだ。反つてほこりをもつてゐる」---妻の敏子夫人宛の遺書。 「父は君が未だ母のお腹の中にある時に祖国を出発し、黒き雨降る南溟の地『ニューギニア』に転戦、皇国必勝の信念で最後迄戦ってきたが我が…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more