テーマ:サンギヘ諸島

北スラウェシ州紀行(27)サンギヘ Perjalanan ke Sulut (27)Sangihe

インド洋から南太平洋まで展開するインドネシア共和国は、幾つもの国と接している。陸上で接する隣国は、西からマレーシアそして東ティモール、さらにパプアニューギニア。一方、海上で接する国は、インド、タイ、シンガポール、フィリピン、オーストラリア。広大な広がりを称して“サバン(Sabang)…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(9) ベンテナン布  Perjalanan ke Sulut (9)

州都のマナドから車でおよそ2時間。ミナハサ県のソンデール(Sonder)にあるベンテナン・センター(Pusat Bentenan)は、ミナハサ・テキスタイル文化の“殿堂”的存在。州知事夫人の積極的な関与で建設されたと聞く。ここには数棟の施設があり、ベンテナン・イカット(絣)の工房もあ…
トラックバック:35
コメント:0

続きを読むread more

北スラウェシ州紀行(8) イカット文化 Perjalanan ke Sulut (8)

インドネシアは世界最多の種類を誇るテキスタイル文化を有している。西端のアチェから東端のパプアまで、多種多様な繊維・布文化が花開いている。中でも、イカット(絣)文化は、インドネシアの“お家芸”で、世界中にファンを持つ。スマトラ島、ジャワ島、カリマンタン島、バリ島、東ヌサトゥンガラ(NT…
トラックバック:36
コメント:0

続きを読むread more