テーマ:テルナテ島

テルナテ島の皆既日食 Gerhana Matahari di Pulau Ternate

2016年3月9日(水)、インドネシア各地で皆既日食(Gerhana Matahari Total)が観測された。21年ぶりとか。インド洋に始まり、スマトラ島、カリマンタン島、スラウェシ島、そしてテルナテ島やハルマヘラ島へと、まさに赤道を横断する天体劇。日本からも相当な数の観光客が訪れた模様だ。 {%上昇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島で日本語学習熱・日本研究センターもみじ Momji-Ternate(5)

国際政治面そして経済局面で、日本社会が自信を少しずつ喪失あるかに見える昨今、日本語・日本事情研究に熱い思いを寄せる人々もいる。その一例が、インドネシアの北東部&東部エリア。担当機関が知っているのか、あるいは全くその動きを把握していないのかは不明だが、今日も、自らの意志で懸命にひらがな&カタカナを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島の要塞跡(2) Benteng Tolukko, Ternate

大航海時代、インドネシアの東部海域は、次々と香料を求めるヨーロッパ列強の進出を受けた。いわゆる香料貿易、香料諸島。ポルトガルが、スペインが、そしてイギリス、オランダなどがやってきた。現インドネシアを欧州社会と結びつけた香料。現インドネシアの数世紀に渡るオランダによる植民地支配。丁子を、胡椒を、ナ…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島の要塞跡(1) Benteng Tolukko, Ternate

大航海時代、インドネシアの東部海域は、次々と香料を求めるヨーロッパ列強の進出を受けた。いわゆる香料貿易、香料諸島。ポルトガルが、スペインが、そしてイギリス、オランダなどがやってきた。現インドネシアを欧州社会と結びつけた香料。現インドネシアの数世紀に渡るオランダによる植民地支配。丁子を、胡椒を、ナ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ王宮 Keraton Kesultanan Ternate

新州庁舎が完成はしているが、ハルマヘラ島のソフィフィへの移転が進まないため、北マルク州の実質的姑であるテルナテ島のテルナテ市。ここには13世紀半ばから続くテルナテ王宮がある。現在第48代目のDrs. Haji Mudaffar Syah(Mudaffar II)。観光客にも公開されている同宮を侍…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島周遊(3) Keliling Pulau Ternate(3)

インドネシア東北部の北マルク州。大小の島嶼から構成され、1999年、当時のマルク州の北部地域が分離して生まれた。ハルマヘラ島やモロタイ島、オビラ島、バチャン島、タリアブ島、マンゴリ島、カシルタ島、そしてテルナテ島やティドレ島などが主な島。 テルナテ島のスラマダハ浜から…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島周遊(2) Keliling Pulau Ternate(2)

インドネシア東北部の北マルク州。大小の島嶼から構成され、1999年、当時のマルク州の北部地域が分離して生まれた。ハルマヘラ島やモロタイ島、オビラ島、バチャン島、タリアブ島、マンゴリ島、カシルタ島、そしてテルナテ島やティドレ島などが主な島。 大トリレ湖の向こう、噴煙をあ…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島周遊(1) Keliling Pulau Ternate(1)

インドネシア東北部の北マルク州。大小の島嶼から構成され、1999年、当時のマルク州の北部地域が分離して生まれた。ハルマヘラ島やモロタイ島、オビラ島、バチャン島、タリアブ島、マンゴリ島、カシルタ島、そしてテルナテ島やティドレ島などが主な島。 噴煙をあげるテルナテ島のガマ…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島で日本語学習熱・日本研究センターもみじ Momji-Ternate(5)

国際政治面そして経済局面で、日本社会が自信を少しずつ喪失あるかに見える昨今、日本語・日本事情研究に熱い思いを寄せる人々もいる。その一例が、インドネシアの北東部&東部エリア。担当機関が知っているのか、あるいは全くその動きを把握していないのかは不明だが、今日も、自らの意志で懸命にひらがな&カタカナを…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島で日本語学習熱・日本研究センターもみじ Momji-Ternate(4)

国際政治面そして経済局面で、日本社会が自信を少しずつ喪失あるかに見える昨今、日本語・日本事情研究に熱い思いを寄せる人々もいる。その一例が、インドネシアの北東部&東部エリア。担当機関が知っているのか、あるいは全くその動きを把握していないのかは不明だが、今日も、自らの意志で懸命にひらがな&カタカナを…
トラックバック:31
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島で日本語学習熱・日本研究センターもみじ Momji-Ternate(3)

かつて大東亜戦争・太平洋戦争時代、侵攻した日本軍は東南アジアの各地で日本語教育を強制的に実施した。戦争自体の功罪・評価は別問題として、特にインドネシアの東部地域を訪ねると、その多くの地域で、日本語や日本の唱歌・軍歌を学んだことを憎悪の感情無しに、時には感謝の念さえ込めて話す戦争世代の人々に出会う…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島で日本語学習熱・日本研究センターもみじ Momji-Ternate(2)

インドネシア東北部の北マルク州のテルナテ島で、日本語普及と日本研究に“孤軍奮闘”するサフリル・マフムッド(Sahril Mahmud)さん(42歳)と、日本人妻の持丸智恵さん(41歳)。二人は、北マルク・ムハマディア大学(UMMU=Universitas Muhammadiyah Maluk…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

北マルク州テルナテ島で日本語学習熱・日本研究センターもみじ Momji-Ternate

インドネシア共和国東北部に位置する北マルク州(Provinsi Maluku Utara=Malut。人口約104万人(2010年)。7県と2市から構成)。1999年10月4日、マルク州から分離して独立一州となる。今日、13周年の誕生日を迎える。2010年に州都は形式上ハルマヘラ島のソフィフィ(…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

TTE48+2: 北マルク州テルナテ島に誕生したAKB48テルナテ版 そして日本語熱

2012年9月16日、インドネシア東部の北マルク州(Provinsi Maluku Utara)の実質的州都(注:実は対岸のハルマヘラ島のソフィフィに新州庁舎が完成しているが、機能移転が進んでいない)であるテルナテ島に、AKB48のテルナテ版が誕生した。現地を取材で訪れた筆者の提案で、北マルク・…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more