テーマ:フローレス島アドナラ島

NTT州の海峡横断橋をオランダが建設 Jembatan Palmerah, Prov. NTT

一昨年の10月、そして昨年12月と、二年連続して、州知事自らが率いる“陳情団”を日本へ送り込んだNTT(東ヌサトゥンガラ)州政府。このブログでも何度も報じたが、これまでのところ、日本側(JICA・独立行政法人国際協力機構)からの“回答”はない。同州は、フローレス島(Pulau Flores)と東隣のアド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NTT(東ヌサトゥンガラ)州知事来日。海峡横断橋支援を要請。Jembatan Palmerah-5

インドネシアの一地方州政府である、人口約530万人のNTT(東ヌサトゥンガラ)州政府が、二年連続で州予算を使い来日し、隔絶され た島と島とを繋ぐ橋梁建設の協力を日本政府機関に懇願した。かつてのスハルト独裁政権時代なら考えられない試みだ。長期独裁政権のあっけない“崩壊”を受けて始まった地方自治の向上、そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

NTT(東ヌサトゥンガラ)州知事来日。海峡横断橋支援を要請。Jembatan Palmerah-4

NTT(東ヌサトゥンガラ)州政府が行ったFS(フィージビリティスタディ)によれば、幅およそ700~800mのフローレス海峡(ララントゥカ海峡)をまたぐ吊り橋の建設は、日本の力を借りれば、技術面で全く問題ないとする。東京のレインボーブリッジ(長さ798m)や横浜のベイブリッジ(長さ860m)と大差ない距離…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

NTT(東ヌサトゥンガラ)州知事来日。海峡横断橋支援を要請。Jembatan Palmerah-3

東部インドネシア地域の発展にとって電力の安定確保は喫緊の課題。州都クパンでさえ頻繁に起こる停電。かと言って化石燃料を燃や す発電は、地球温暖化の観点からも可能な限り避けたい。これまで注目されてきたのは主に太陽光発電。しかし、最近、潮流(潮力)発電が急速に期待され始めてきている。 世界最大の島嶼国…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

NTT(東ヌサトゥンガラ)州知事来日。海峡横断橋支援を要請。Jembatan Palmerah-2

僅か700~800m幅のフローレス海峡(Selat Flores)。別名ララントゥカ(Laranuka)海峡。地元ではゴンサル(Gonsalu)海峡とも呼ばれている。最も狭いエリアの水深は最大約350m。そのため常に激しい潮流が渦巻き、時として渡し船の転覆事故も起きている。フローレス島の最東端である東フ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

NTT(東ヌサトゥンガラ)州知事来日。海峡横断橋支援を要請。Jembatan Palmerah

1年と2ヵ月ぶりに、フランス・レブ・ラヤ(Drs. Frans Lebu Raya, 55歳)NTT(Nusa Tenggara Timur・東ヌサトゥンガラ)州知事率いるチームが来日した。目的は、昨年10月の訪日同様、同州政府が悲願とするパルメラ橋(Jembatan Palmerah)建設について日本…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more