テーマ:ランプン州

スマトラ象の上で結婚式画像報告(Nikah di atas Gajah, Lampung)

インドネシア文化宮(GBI)が企画し、ランプン州政府と共催した『スマトラ象の上で結婚式』は、第17回クラカタウ祭りのメインイベントとして2007年8月25日、州都バンダルランプンで実施されました。日本から招待された江口祐介(28歳)&當山舞さん(29歳)カップル、そしてインドネシアのボゴール…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

スマトラ象の上で結婚式参加者決定(Nikah di atas Gajah, Lampung)

今夏、スマトラ島最南端のランプン州政府がインドネシア文化宮(GBI)と共催で実施する観光PRイベントの一つである“象の上の結婚式”の参加者が決まりました。この企画は、同州が毎年実施している「クラカタウ祭り」の一環として今年初めて実施されることになりました。日本から一組、そしてインドネシア国内から一組の計二組のカップルを同州政府が…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

インドネシアで無料結婚式を挙げませんか?(Nikah di atas Gajah)

インドネシアで無料の結婚式を挙げるラストチャンスまで秒読み段階です。スマトラ島最南端のランプン州政府がインドネシア文化宮(GBI)と共催で実施する“象の上の結婚式”の申し込み期限が迫っています(2007年7月20日まで)。これは、日本から一組、そしてインドネシア国内から一組の計二組のカップルを同州政府が全額負担して行うものです。…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

スマトラ島へ無料招待!(象の上の結婚式)Pernikahan di atas Gajah

インドネシア文化宮(GBI)では、2007年文化イベントの第一弾として去る2月3日~3月31日、スマトラ島の最南端に位置するランプン(Lampung)州にスポットを当てた『ランプン州伝統タピス展』を実施しました。これは、GBIと同州政府との間で合意した定期的な文化交流イベントの一環として行われたものです。同展の期間中、ランプン州…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

2007年8月限定インドネシア同行スタッフ募集

インドネシア文化宮(GBI)は去る5月15日、満9歳を迎えました。“自転車操業”ですが、インドネシア全土の文化紹介を至上命題に、これまでに最西端のアチェから最東端のパプアまで、まさにヌサンタラ(インドネシアの別称)各地の伝統文化の一端を展示会方式で紹介してきました。 今夏、GBIは新たなエリアの“地域興し”&“島興し”プロジェ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ランプン州でSiger TV開局(Siger TV diudarakan)

1883年5月20日、その三ヵ月後に歴史的大爆発を起こす、ジャワ島とスマトラ島の中間点、スンダ海峡に浮かぶクラカタウ火山が噴火を始めた。そして124年後の今日、クラカタウ火山を抱えるスマトラ島最南端のランプン州で、“Ada Karena Anda(あなた故、存在)”をキャッチフレーズに、民放テレビ局が“噴火”を開始した。その名は…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ランプン州観光&タピス講座(Ceramah Pariwisata & Budaya Lampung)

2007年3月28日(水)、開催中の『スマトラ島ランプン州伝統刺繍タピス展』の最後の講座イベントとして「第67期インドネシア理解講座」が開催された。テーマは、ランプン州が発祥の地と言われるタピス(金刺繍)文化、そして同州の観光ポテンシャル。 上は、タピス文化の講師ラスワンさん。同氏は、州都バンダルランプンでTapis Hela…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ランプン州伝統工芸品評議会来日(Dekranasda Prop.Lampung ke Tokyo)

インドネシア文化宮(GBI)が2007年2月3日~3月31日に開催した『スマトラ島ランプン州伝統刺繍タピス展』。同展に向けて、同州政府はまさに“大型”文化使節団を送り込んできた。まずは3月23日~26日、第一陣として7名構成の「ランプン州芸術評議会(DKL)」チーム。伝統舞踊やファションショーを披露。農業生産地として知られる同州…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

ランプン語講座(Kursus Bahasa Lampung)

インドネシア文化宮(GBI)の第66期インドネシア理解講座『2時間で学ぶランプン語』が2007年3月24日(土)開催された。「ランプン州文化フェスティバル」の『ランプン伝統舞踊ショー』と『ランプン州ウスス刺繍ファッションショー』の合間に実施。事前広報が不十分で、今回は計4名が参加。インドネシア文化宮では、これまでインドネシア語、…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ランプン州ファッションショー(Lampung Fashion Show)

2007年3月24日(土)、『スマトラ島ランプン州タピス展』の一環として、ランプン州から来日したDKL(ランプン州芸術評議会)主催のファッションショーが開催された。モデルは、舞踊家でもあるアニー・クルニアシさん(愛称アニー)、そしてアンディナ・マルタディノヴァさん(愛称ディナ)。アニーさん(23歳)は、国立ランプン大学経済学部を…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

ランプン州文化フェスティバル報告(Festival Budaya Lampung)

2007年3月23日(金)~24日(土)、インドネシア文化宮(GBI)で、『スマトラ島ランプン州伝統タピス展』の最後の一週間を飾る「ランプン州文化フェスティバル」が開催された。ランプン州芸術評議会(DKL)は、この日のために計7名を派遣。事前の広報活動に余裕がなかったことは大きな反省点だが、それでも同州政府の対外PRの意気込みは…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ランプン州タピス文化&観光講演会(第67期インドネシア理解講座)

3月31日まで開催中の『スマトラ島ランプン州伝統刺繍展』に関連して、以下の日程で第67期インドネシア理解講座を実施します。ランプンで育まれた金刺繍文化の歴史的背景やモチーフの意味、そして儀礼布としてのタピス(金刺繍布)文化を知る絶好の機会です。講師は、州都バンダルランプンで最も有名なタピス工房を営むラスワン(Raswan)氏…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

ランプン州文化フェスティバル(Festival Budaya Propinsi Lampung)

2007年3月23日(金)、ランプン州文化使節団の第一陣がやってきた。ランプン州芸術評議会会長のウィディヤンティ女史を始め計7名。スマトラ島最南端の同州州都バンダル・ランプンを夜行バスで発って、スンダ海峡をフェリーでジャワ島へ。そして翌朝ジャカルタからシンガポールへ。同日、深夜便で一路東京へ。翌朝、成田着。そしてそのまま高田馬場…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

ランプン州政府文化使節団が来日(Rombongan Budaya dari Lampung)

3月31日(土)まで開催中の『スマトラ島ランプン州伝統刺繍展』のフィナーレを飾るイベントとして、ランプン州政府は、文化交流使節団を送ることを決定しました。3月21日、その一陣として「ランプン州芸術評議会(DKL)」は2名の舞踊家兼ファッションモデル、そして演出家と音楽担当者各一名、さらに芸術集団のSanggar Radin In…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

2時間で話せるランプン語(第66期インドネシア理解講座)参加者募集Bahasa Lampung)

現在開催中の『スマトラ島ランプン州伝統タピス展』(2007.2.3~3.31)にちなんで、以下のような日程で、『2時間で話せるランプン語』講座を開設します。インドネシア文化宮(GBI)では、これまでに“超スピードで覚えるインドネシア各地の言語講座”シリーズの一環として、「インドネシア語」、「アチェ語」、「マカッサル語」、そして「…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

スマトラ島ランプン州伝統タピス展(Pameran Budaya Tapis Lampung)

インドネシア文化宮(GBI)の2007年文化イベントの第一弾は、スマトラ島の最南端に位置するランプン(Lampung)州にスポットを当てます。GBIは同州政府との間で、今後、定期的に文化交流イベントを実施することで合意しました。そして最初のテーマとして、同州特産の金銀刺繍文化であるタピス布を取り上げます。 タピス(Tapis)…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

スマトラ島ランプン州タピス展の予定

ランプン州伝統の花嫁衣裳(モデルは伊藤紗世さん) インドネシア文化宮(GBI)では2007年2月3日(土)~3月31日(土)の二ヶ月間、スマトラ島最南端のランプン州にスポットを当てた文化イベントを企画しています。クラカタウ火山で知られるランプン。首都ジャカルタから飛行機を利用すれば、わずか30分。高速道路とスンダ海峡横…
トラックバック:19
コメント:1

続きを読むread more