第5回アロール・エキスポで日本の絣&着物を展示

画像




















『日本の絣&着物展』会場を訪れたアロールの子供たち



インドネシア文化宮(GBI)は、今夏(2006.8.3-8.7)、NTT(東ヌサトゥンガラ州)アロール県の県都カラバヒで、同県政府と共催で『第5回アロール・エキスポ』を開催しました。“島興しプロジェクト”である『アロール・エキスポ』も、今夏で五回目を迎えました。これまでのアロール県との協力関係を整理しますと下記のようになります。



2002年4月30日~5月2日:第一回アロール県エキスポ(Expo Alor)
2002年7月6日~11月9日:東京で『アロール県伝統イカット展』
2003年4月29日~5月2日:第二回アロール県エキスポ
2003年7月26日~11月28日:東京で『アロール県伝統ソンケット展』
2004年8月2日~8月6日:第三回アロール県エキスポ&フラボモラ大文化祭
2005年8月4日~8月7日:第四回アロール県エキスポ
2006年5月20日~7月22日:東京で『アロール島児童絵画展』



振り返りますと、四年前、地方自治の向上の波に乗り、まずは村の女性たちの掌にある能力、つまりイカット(絣織り)産業の復興を機に、それまでインドネシア国内でさえ余り知られていなかった、小さな島々からなるアロール県を世に打ち出そう、との想いからスタートしたプロジェクトでした。伝統イカット・コンテストを核に始まったエキスポも今では、名実ともに全県挙げての大文化&スポーツ大会に成長しました。第5回アロール・エキスポ期間中に実施された主なイベントは下記の通りです。



1:各村・各郡単位の伝統衣装をまとったパレード
2:ゲルバデスタン『Gerbadestan=Gerakan Membangun Desa dan Pertanian(村落農業開発運動)』展示会。アンス・タカラペタ県知事が公約に掲げて勧めている運動が目指す四つのアジェンダは、大衆経済の興隆、人材の質的向上、地域差のないインフラの整備、各種インスティテューションの強化。
3:手工芸品ジャンボリー(手紡ぎ糸作りコンテスト、自然染料100色を目指す染色コンテスト、
イカット=絣織り作りコンテストなど)
4:セミナー(昨年に次いでモコ=銅鼓文化について討論が行われます)
5:フロバモラ地域(フローレス、スンバ、ティモール、アロール)の伝統織布展示会
6:染色教室(島外から来た国内外の観光客を対象)
7:コマ競技会
8:貝殻楽器コンテスト
9:カヌー競争
10:絵画コンテスト
11:Mr.おじいさんコンテスト
12:Mrs.おばあさんコンテスト
13:第二回Miss.アロール(Putri Alor)コンテスト
14:各地の文化伝統芸術公演
15:日本・アロール友好イベント(アロールの食材を使った寿司作り)
16:日本・アロール友好イベント(日本の絣&着物展示会)
17:日本・アロール友好イベント(日本語会話短期講座)
18:Sail Indonesiaに参加する世界各国のヨット愛好家が県都に集結。
19:世界から集まった観光客を対象に観光スポット巡り




画像

















第5回アロール・エキスポのメイン会場。県都カラバヒ市中心部にある通称ミニ・スタディオン。左右に見える白い大型テントは、2004年に起きたアロール大地震の際、日本政府が援助物資として寄贈した物で、今では、県の催しで頻繁に再利用され、感謝されている。右側のテントは、県政府関連の展示会場、そして左側のテントが『日本の絣&着物展』会場。



画像




















カメや魚、そして蝶などのモチーフで知られる、ビビッドな臙脂色を特徴とするアロール県のイカット(絣)。インドネシア文化宮(GBI)は、県のDekranasda(伝統工芸品評議会)と共催で、過去五年間にわたって、手紡ぎ糸&総自然色染めを条件とする、いわゆる伝統イカットの復興運動を行っています。第五回の節目の年にあたる今回、日本・アロール友好イベントの一つとして、GBIは『日本の絣&着物展』を企画し、約20枚の和製イカットと着物を展示しました。そして展示会終了後には、全ての展示品を、閉会式で行われた表彰式で、ミス・アロールやミスター・アロール、そしてMr.アロールおじいさん、Mrs.アロール・おばあさんなどの受賞者たちへの賞品として贈呈しました。
イカットの産地で日本の絣を紹介する今回の試みは大成功を収めました。まず、なによりも地元のイカット織りの女性たちが、日本にもイカット文化があることを初めて知り、さらに、日本のモチーフのほとんどが、アロールのそれと酷似していることに驚嘆したことにあります。今回持参した絣は、琉球絣、伊予絣、久留米絣、備後絣、越後絣などで、その外、絣ではありませんが、“日本的な”着物も展示しました。




画像


















アロール・エキスポ開催期間中、ヨットレースのSail Indonesia 2006に参加した世界十数カ国からやってきた人々が、エキスポ会場を訪れ、日本の絣&着物展も見学しました。



GBIは、日本の絣&着物展示に加えて、2006年5月15日~7月15日に東京で行われた『アロール島児童絵画展』の模様を写した写真、さらに、GBIがインドネシア各地の博物館で取材した銅鼓(アロールは、古来モコと呼ばれる銅鼓が終結し、今でも重要な結婚結納品として生き続けている独特な文化を持っています)のタイプを紹介する写真なども展示し、アロールと島外の世界とをビジュアルに見せる試みにもチャレンジしました。



以下、『日本の絣&着物展』の画像リポートです(撮影:斉藤久美&S.Okawa)



画像




















展示会場設営風景


画像



















画像
















画像






















画像






















会場を訪れて熱心に見入る生徒たち



画像


















画像



















画像


























画像






















Sail Indonesia 2006のメンバーも熱心に日本のテキスタイル文化を堪能



画像





















画像



















女子高生の質問攻めに会うGBI代表



画像


















会場警備の国軍兵士らもモコの比較画像に興味津々



画像


















『日本の絣&着物展』会場入り口



【参考URL】

アロール島事典(日本語): http://alor.hp.infoseek.co.jp/

アロール県Website(英イ語): http://www.alor-island.com/

"第5回アロール・エキスポで日本の絣&着物を展示" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント