再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(12)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(11)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(10)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(9)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(8)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(7)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(6)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(5)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(4)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(3)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(2)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:運命の海上機動兵団・海上機動第二旅団・巡部隊史(1)

“日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(138) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(137) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(136) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(135) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

終戦77周年に想う中野学校卒業生の日高岩男少佐と新穂智少佐

2022年8月15日。終戦77周年。ニューギニアの大地に斃れた、二人の陸軍少佐の話を再録したい。二人には共通項が多い。まず、二人とも九州男児。 新穂智(さとる)少佐は、大正5(1916)年5月6日、鹿児島県日置郡上伊集院村直木(今日の鹿児島市直木町)生まれ。 日高岩男少佐は、今日の宮崎県日南市飫肥出身。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(134) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(133) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(132) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(131) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(130) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(129) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(128) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(127) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(126) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(125) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(124) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(123) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(122) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more

再録:吉崎直人著『ニューギニア戦線異状あり』(121) 西部ニューギニア戦線 第14師団海上輸送隊

西部ニューギニア(旧蘭領ニューギニア・現インドネシア共和国最東端のパプア州&西パプア州)戦線と言えば、陸軍としては第2軍、そして隷下の第36師団、第35師団、第32師団、第5師団、第6飛行師団、そして第48師団、海上機動第2旅団、南洋第6 支隊、そして海軍202設営隊、海軍第9艦隊などの戦史がよく知られている。…
コメント:0

続きを読むread more