再録:パプア州のジャヤプラからサルミへ(4) Jayapura to Sarmi, Papua

西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約320km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。そ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:パプア州のジャヤプラからサルミへ(3) Jayapura to Sarmi, Papua

西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約320km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。そ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:パプア州のジャヤプラからサルミへ(2) Jayapura to Sarmi, Papua

西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約320km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。そ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:パプア州のジャヤプラからサルミへ(1) Jayapura to Sarmi, Papua

西部ニューギニアのパプア州の州都ジャヤプラ(旧ホランジア)から、直線距離でおよそ233km(道路上の距離では約320km)西方のサルミ県の県都サルミを目指した。途中、センタニ湖やゲニェム、ボンゴ、ベタフ、タカール、トゥム、アラレなどを通過してトル川越え。トル川は、戦時中、“命を取る(トル)川”とまで称された。そ…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(20)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(19)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(18)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(17)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(16)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(15)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(14)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(13)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(12)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(11)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(10)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(9)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(8)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(7)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(6)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(5)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(4)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(3)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(2)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録“極秘”地図に見る西部ニューギニア戦線 戦争と地図(1)

十数万人もの戦死・戦病死(主に餓死)を記録したニューギニア戦線。開戦時には、陸海軍共、ニューギニア島に関してほとんど知識・情報を持っていなかった。海軍は初戦の勢いのまま、昭和17(1942)年初頭、いわゆる「FS作戦」と呼ばれるフィジー、サモア、ニューカレドニアまでをも占領する計画を立案したこともある。これは、…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア・ロンベバイ湖ヤピナ島に瞑る日高岩男少佐(62) 2017年3月22日

〈元「神工作隊通訳」風見秀雄氏が詠む戦時雑詠〉 三一 靴も無く葦分け 行けど 岸遠し    夜(ヨ)は何処(ドコ)に寝(ネ)む 鰐住む湖(ウミ)の 三二 流木に 休みゐて嬉し ゆくりなく    水に埋もれし カヌー見つけたり 三三 忘られし パプアの舟か 苔むすを    押し浮ぶれば…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア・ロンベバイ湖ヤピナ島に瞑る日高岩男少佐(61) 2017年3月21日

〈元「神工作隊通訳」風見秀雄氏が詠む戦時雑詠〉 二六 戦ひて 幾莫もなきに 夜は白み    硝煙匂う島 あらわなり行く 二七 天の助けと云へるもありや 目の前に    一本の流木 浮び漂よひぬ 二八 流木に倚(ヨ)り 藻を被(カヅ)き 暁(アサ)となりて    米兵の声す 島を離れぬ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア・ロンベバイ湖ヤピナ島に瞑る日高岩男少佐(60) 2017年3月20日

〈元「神工作隊通訳」風見秀雄氏が詠む戦時雑詠〉 二一 次次に上る照明灯 銃撃を    花火の如しと 伏せて見てゐぬ 二二 照明と銃撃の間縫ひ 撤退をと    湖(ウミ)に走れど カヌーは見えず 二三 葦のかなた 東北弁の兵あれど    銃撃またし 近よれぬまま 二四 首まで沈む…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア・ロンベバイ湖ヤピナ島に瞑る日高岩男少佐(59) 2017年3月19日

〈元「神工作隊通訳」風見秀雄氏が詠む戦時雑詠〉 十六 敵、味方さだかに見えず くらやみに    生死分(ワカ)たぬ 白兵戦続く 十七 シュルシュルと 突如上れる照明灯に    島も吾等も 真昼の如く顕(タ)つ 十八 照明灯上る待ちしか 突如敵の    機銃掃射の火 弾(ハジ)け飛びぬ…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア・ロンベバイ湖ヤピナ島に瞑る日高岩男少佐(58) 2017年3月18日

〈元「神工作隊通訳」風見秀雄氏が詠む戦時雑詠〉 一一 葦を軋(キシ)らせカヌー止れり 泥地踏む    音怖れつつ 敵地に立ちぬ 一二 闇に小さく赤き火浮び 動き来ぬ    敵の歩哨の 煙草なるらし 一三 南無三、藤井少尉の影しのぶ    一瞬の絶呼 敵斃ふるらし 十四 隊長の“…
コメント:0

続きを読むread more

再録:西部ニューギニア・ロンベバイ湖ヤピナ島に瞑る日高岩男少佐(57) 2017年3月17日

〈元「神工作隊通訳」風見秀雄氏が詠む戦時雑詠〉 六 日高少佐、藤井少尉と兵二名   隊長カヌーに 吾通訳も 七 敵を臨(ノゾ)む岸の葦間に 一日経ぬ   攻撃は月没 暁(アケ)の闇待つと 八 黙々と擢(カイ)の音(ネ)殺し   カヌー五隻 くらやみの奥 敵目指し行く 九 漆黒の…
コメント:0

続きを読むread more