アクセスカウンタ

<<  2019年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(60)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(60) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/31 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(59)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(59) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/30 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(58)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(58) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/29 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(57)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(57) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/28 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(56)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(56) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/27 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(55)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(55) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/26 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(54)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(54) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/25 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(53)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(53) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/24 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(52)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(52) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/23 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(51)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(51) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/22 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(50)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(50) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/21 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(49)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(49) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/20 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(48)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(48) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/19 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(47)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(47) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/18 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(46)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(46) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/17 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(45)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(45) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/16 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(44)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(44) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/15 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(43)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(43) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/14 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(42)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(42) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/13 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(41)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(41) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/12 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(40)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(40) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/11 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(39)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(39) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/10 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(38)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(38) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/09 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(37)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(37) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/08 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(36)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(36) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/07 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(35)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(35) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/06 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(34)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(34) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/03/05 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(33)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(33) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/04 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(32)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(32) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/03 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(31)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(31) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/02 00:00
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(30)
運命の海上機動兵団(続編)・海上機動第二旅団(30) “日本版海兵隊”とも言われる、陸上自衛隊の「水陸機動団(Amphibious Rapid Development Brigade)」が、2018(平成30)年3月に創設された。将来的に約3,000人規模を目指すとされる同部隊は、中華人民共和国の急激な軍事力増大や、尖閣諸島問題の長期化を睨み、南西諸島に対する脅威に対応するとされる。この陸上総隊直轄部隊は、長崎県佐世保市西部の陸上自衛隊相浦駐屯地に設置される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/01 00:00

<<  2019年3月のブログ記事  >> 

トップへ

インドネシア文化宮(GBI-Tokyo) 2019年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる