鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(5) Mayor Iwao Hidaka

画像

陸士第50期卒で、陸軍中野学校の2甲卒業生でもある日高岩男少佐。72年前の昭和19(1944)年7月31日未明、西部ニューギニアの大河マンベラーモ川(Sungai Mamberamo)の河口に近いロンベバイ湖(Danau Rombebai)に浮かぶヤピナ島(Pulau Yapina)で、連合軍の水艇基地奇襲作戦の中、敵の銃弾に斃れた。そして、今、同島に残る同少佐のお墓の存在が注目を集めている。と同時に、ご遺族に関する情報も、徐々に集まり始めている。

東京警察病院の敷地の一角に建つ「陸軍中野学校跡」石碑

中野学校2甲卒業生は計13名。日本が対米英蘭に宣戦を布告した昭和16(1941)年の2月1日に入校、早くも5月には卒業している。2甲卒業生で戦死した者は、日高少佐の他に村沢淳氏(陸士第43期卒)がいる。日高さんは、中野学校卒業後、同校実験隊の教官として後輩の指導にもあたった経験を持つ。

日高少佐の部下で、奇襲作戦にも参加した徳野明元曹長が著した『鰐部隊とパプア人マンドル』(昭和45年8月15日、今日の話題社発行)によれば、日高氏は宮崎県の高千穂出身とされているが、本当は、今日の日南市城下町飫肥(おび)の出身であるようだ。飫肥と言えば、明治時代の外交官であり外務大臣も務めた小村壽太郎の故郷でもある。

日高少佐が卒業した中野学校。同校の跡地には、現在東京警察病院が建つ。同病院の敷地内、北西の角、早稲田通りから少し入った場所の、ツツジで囲まれた一角に「陸軍中野学校跡」と書かれた石碑がある。すぐ脇には、「摂政官殿下行啓記念」と刻まれた、少し小型の石碑もある。こちらは、皇太子時代の昭和天皇が同地を訪れた記念碑とのことだ。おそらく陸軍電信隊が置かれていた当時に訪れたものと推測される。

現在の住所で中野区中野4丁目にあたる東京警察病院の敷地には、2001年までは警察庁警察大学校と警視庁警察学校(共に東京都府中市へ移転)があった。戦前の1939年には、同地に陸軍中野学校が開校している。その周辺部は、明治時代から続く陸軍関連施設があった場所で、中野学校所在地は、元々は電信隊が置かれていた。そして、それ以前となると、江戸時代の五代将軍、「犬公方」こと徳川綱吉により発せられた「生類憐みの令」によって、同地(かつては囲町=かこいちょう、と呼ばれ、現在の中野区中野四丁目)に、犬を保護するための、いわゆる「犬屋敷」が建てられた。



さて、高さ1m40cm程の「陸軍中野学校跡」の石碑には、次のように刻まれている。

国際情勢の緊迫と列強機密戦の激化に鑑み 軍は昭和十三年七月九段に後方勤務要員養成所を臨設 翌年四月現在地に移設し昭和十五年八月これを陸軍中野学校と改称した 昭和二十年四月群馬県富岡町に移轉するまで 六星霜全軍より厳重に審査簡抜せる要員を集め情報勤務教育を施すと共に 国軍高度の秘密戦研究に當った 創設の精神を発揚し負荷の重積を果たすため 本校は特に精神の陶冶を重視し その中心として楠公社を建立 学生は夙夜この社頭に魂の修練を重ねた 此の碑の立つ所即ちその跡地である

陸軍中野学校
初代幹事 福本亀治 謹書
中野校友會 建之


画像


画像


画像

陸軍中野学校本校校舎(昭和53年3月10日、中野校友会発行『陸軍中野学校』より引用)

画像

戦前の陸軍電信隊施設。この一部もしくは全部を陸軍中野学校が使用したのか?

画像


戦後の警察庁警察大学校と警視庁警察学校があった時代。

画像


画像


画像

日高岩男少佐(『鰐部隊とパプア人マンドル』より引用)

画像

ヤピナ島の日高岩男少佐の埋葬地を指さすレオン・サヨリ氏。2015年5月24日撮影。

画像

昭和18年10月、ニューギニアへ出発前の日高大尉(当時・右)と徳野軍曹(当時・左)。日高大尉は19年3月少佐に進級、徳野軍曹は18年12月曹長に進級。画像は徳野明氏著の『鰐部隊とパプア人マンドル』から引用
画像


画像


画像

ヤピナ島攻撃略図(『鰐部隊とパプア人マンドル』より引用)

画像


画像

徳野明氏が描いたヤピナ島スケッチ画。『鰐部隊とパプア人マンドル』より引用)

画像

ヤピナ島遠景。『雪第三十六師団戦誌』より引用。小泉雅氏提供とある。

画像

マンベラーモ川からロンベバイ湖に入る。遠方の丘の手前にヤピナ島が浮かぶ(2015年5月24日、レオン氏撮影)

画像


画像


参考ブログ

鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(4) Mayor Iwao Hidaka
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201605/article_3.html

鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(3) Mayor Iwao Hidaka
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201605/article_2.html

鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か?(2) Mayor Iwao Hidaka
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201605/article_1.html

鰐工作隊の隊長日高岩男少佐のお墓発見か? Mayor Iwao Hidaka
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201604/article_31.html

東部インドネシアの旧日本軍航空基地(36) Bandara Dai Nippon(36 ロンベバイ湖
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_8.html

PAMIC=パミック=アジア太平洋戦争行方不明者情報センター設立
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201512/article_31.html

西部ニューギアから新たな旧日本兵の遺骨情報が Nasib Tentara Dai Nippon
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201412/article_17.html
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか(5)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201411/article_16.html
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか(4)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201410/article_29.html
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか(3)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201410/article_25.html
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか(2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201410/article_24.html
西部ニューギニアから祖国帰還を果たしたとされる“ご遺骨”だが
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201410/article_10.html
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵 こんな遺骨収集でいいのか
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201410/article_8.html
西部ニューギニアに瞑る旧日本兵、そして生き続ける三八歩兵銃
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201409/article_26.html
「大東亜戦争」関連ブログ記事
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/43f9afaef5.html

参考動画


新穂智少佐の西部ニューギニア横断記 Major Satoru Niiho's West New Guinea
https://youtu.be/FzKN7LNQVug


太田敏子さんが語る故新穂智少佐・神機関工作隊長 Major Satoru Niiho & Toshiko Ota
https://youtu.be/mTifvX_dI7A


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック