チュチュール&NTT州のグルメ Cucur Kupang & Masakan2 Enak NTT

画像

バリ島のずっと東に位置するNTT(東ヌサトゥンガラ)州に通い始めてから、かれこれ13年。振り返れば、大自然は100点満点の美しさだが、一般家庭は除いて、宿泊施設で供される料理は、少なくとも筆者には貧困に映った。あれをもう一回食べに行こうと思うような食べ物がほとんどなかった。とは言え、インドネシア最南端のロテ島や西ティモール、アロール島、フローレス島などで味わったソピ(ロンタール椰子から作った焼酎)は、抜群の味だった。

あれから十数年。ここ数年の間に、NTTの食文化に激変が起きている。とにかく美味しいレストランが急増しているのだ。それは、特に州都のクパンで顕著。フランス州知事に誘われて行った、ロッテルダムという名の海上レストラン。ここは、牛ステーキ専門店。西ティモールの乾燥したサバンナで育った牛とは思えない、柔らかな調理。実に旨い。どの隣にあるルマジャ(若者)という名の唐揚げ専門店。ここの地鶏は、まさしく完璧な地鶏。ジャカルタなどで出される自称地鶏とは比べ物にならない。ビールの大瓶一本を飲むためには、3~4本のモモ肉が必要か。

次から次へと新規オープンするレストラン。それは、実質経済の向上を意味する。クパンに開店した大型スーパーのハイパーマートを覗くと、そこはまさにジャカルタ。なんでもある。そして人々が一度に大量購入。お金が回っているな、と感じる。新たな高層ホテルの建設も進んでいる。かつての“辺境”の面影はない。

NTTには「セイ(Sei)」と称せられる牛肉、豚肉の塩味の加工品がある。これが大人気。市内の専門店は、小さな店構えにもかかわらず、出張、帰省土産を買うお客さんで連日賑わっている。また、野生のチャベ(唐辛子)も人気。米粒大の極小さな唐辛子だが、その辛さは尋常ではない。そしてロテ島の紫玉ねぎと小さな小さなニンニク。他地域にはない農産物だが、未だ土産品として商品にはなっていないのが残念だ。

さて、その昔から相変わらず地元の人々に大人気のお菓子がクパンにある。チュチュール(Cucur)だ。日本語で適語がないが、米粉揚げ饅頭とでもいうか、かといってあんこは入っていない。UFOの形をしていて、手ごろなサイズ。クパンに来るたびに、通っているが、今回、お店番をしていた長女に製造法を尋ねてみた。
画像


32年間やっているというお店の名前は「Pondok Cucur」。チュチュール庵とでも訳そうか。クパンからソエへと向かう主要道のオエサオ(Oesao)地区にある。チェリン嬢が話すところによれば、材料は米粉、小麦粉、そしてグラ・アイル(ロンタール椰子から採れる甘い液体)。添加物は一切ない。ヤシ油で揚げる。父の故ウエナンドキさんが母のオクタビアさんと共に、32年前に立ち上げたそうだ。一皿に9個乗っていて価格は9万ルピア(約900円)。一個100円はNTTの物価水準からみると、けっして安くはない。だが、まさに飛ぶように売れている。
画像


画像

チェリン・ナタリア・ンドキさん。

ジャカルタの友人は言う。『あの州には旨いものがない』と。かつてはそうだったかもしれない。しかし、2013年、状況は激変。あれも旨い、これも旨い、のだ。というわけで、ジャカルタで仕入れたバーボンウィスキーを持って、筆者は再びクパンへと向かう。


画像

クパンのエルタリ空港近くにオープンした「Neka Mese(一つの心)」。地元の食材を使った新鮮さが評判。

画像


画像

「ロッテルダム」の牛ステーキ。

画像

州都クパン

【参考動画】


コモド島のコモドオオトカゲ Komodo Dragon
http://youtu.be/mpH7cNspI9E


東ヌサトゥンガラ州フローレス&アロール島 Promotion Video Flores & Alor Islands
http://youtu.be/M0EZqVYBr2Y


東ヌサトゥンガラ州プロモーションビデオ Promotion Video NTT Province Indonesia
http://youtu.be/GuP7Qg1801g

【参考ブログ】

NTT州都クパンで見た第68回独立記念日 Kemerdekaan RI ke-68 di NTT
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201308/article_18.html

コモド島のコモドオオトカゲ&NTT州 Sail Komodo 2013
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201308/article_17.html

東ヌサトゥンガラ(NTT)州の悲劇と未来 Provinsi NTT, Sail Komodo2013
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201308/article_12.html

ジャカルタの空港にササンドゥ奏者ザカリアスさんの大看板 Sasandu di Bandara JKT
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201308/article_10.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フローレス島中部を旅する(5) Kab. Manggarai, Pulau Flores

    Excerpt: {%フォーク&ナイフ(カシャン)hdeco%}過日(2013年8月23日付け)、NTT(東ヌサトゥンガラ)州の食文化が劇的に向上していることを書いたが、フローレス島(Pulau Flores)でも.. Weblog: インドネシア文化宮(GBI-Tokyo) racked: 2013-08-30 10:08