世界中から超能力者が集まる無人島Ahli Paranormal Se-Dunia ke Maluku

画像

インドネシア各地で“えー、ウソッ!”的な類の話しをよく耳にするが、昨夜マルク州の元州政府高官から、「本当なの?」の話題を聞いた。『満月の夜、世界中から超能力者が集まる無人島(M島)がある。少人数の時もあれば、たくさん集まる時もある。そこで何が話し合われてるのか私は知らないが、その一夜が過ぎると、翌朝、皆はそれぞれの国に帰っていく』と。
M島(衛星画像)

日本の民放が飛びつきそうな話題だ。信じる信じないは読者に委ねるが、その元高官の性格や、その小島の近くの島の出身であることを考慮すると、まんざら嘘とも言えない。その無人島には、自然にできた20 X 10mほどの大きさの岩のテーブルがあり、超能力者たちは、その象牙色のテーブルを囲んで座すそうだ。そしてその島に渡るために通過しなければならない有人島には、ライオンの形をした自然石が立っているとも。
画像


場所はマルク州でも最南端にあたる、小スンダ列島東部。R島からスピードボートでおよそ3時間、無人島のE島の向こうにそのM島はある。従って、M島へ上陸するためには、必ずR島のJ村O部落で許可を得なければならないとのこと。M島はO部落の管理下にある。

同地域を包括する県の県知事は筆者の知り合いだが、なかなか携帯電話が通じないため、さらなる情報の入手に苦労している。ということで、今後、県知事と直接話して、この情報に関して確認してみたい。

閑話休題。NTT(東ヌサトゥンガラ)州アロール県のアロール島の南岸には、地中から壺(土器)が次々と地表に現れる村がある(とされる)。また同州フローレス島には、身長が30cmほどの小人族が暮らす村があるとか。真偽はいつも不明だが、こういった類の話題にことかかない社会を筆者は愛する。


アロール島の謎の壺(2) (Priuk Ajaib Pulau Alor, NTT) (2)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_30.html

アロール島の謎の壺(Priuk Ajaib Pulau Alor, NTT)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200811/article_29.html

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック