インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS 再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『うちなータイム』(1999.5.14) 

<<   作成日時 : 2013/06/24 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

画像

安田和彦の沖縄マタハリ物語 『うちなータイム』(1999.5.14)
日常生活の中で沖縄とインドネシアで共通していると思うことの一つに、時間の感じ方がある。沖縄では「うちなータイム」といい、インドネシアでは"Jam karet"(ゴムの時間、伸び縮み自由な時間)というものである。どちらも、決まった時刻、時間に縛られない、よく言えばあくせくせずに自然の流れに身を任せて暮らすことだろうし、悪く言えば約束の時間がほとんど守られず、集合時間には誰も集まらない、ものごとが時間どおりに始まらず終わらないなどのことである。

以前、NHKの番組で沖縄のミュージシャンの照屋林賢氏(りんけんバンドのリーダー)とインドネシアの詩人のラダール・ダハナ氏の対談が放映され、その冒頭で照屋氏がこの話題を出すと、ラダール氏は「半年で実るマンゴーを3日で実らせようとするような、時間に勝とうとする考え方には迷惑している。」と答え、照屋氏もまた「ジャカルタでレコーディングをした時は、すごくのんびりしていてやりやすかった」と述べ、続けて、東京から沖縄に来た新聞記者の話として、「沖縄に来た頃は誰も時間を守らないので大変だったが、3ヶ月もすれば慣れてしまい、逆に東京に帰った時に社会復帰が難しかったそうだ」と語っていた。

また、私もこの名桜大学に赴任したての頃には、大先輩の教授から「沖縄では、今日の1時からの会議は何時からですか、と言いますから」と、ありがたいアドバイスをいただいた。

では、なぜ「うちなータイム」なのか、ということになると、いくつかの説明が可能である。学生に言わせると、沖縄はバス社会で(沖縄には電車はない)バスというものは時間どおりに来ることはまずないもので、それを5分や10分遅れたからといって目くじら立てていたら、いつもワジワジ(いらいら)して過ごさなければなない、当然のんびりしてくるわけだ、そうだ。なるほど、私は沖縄に来てからいつも車で動いていてどこへ行くにも不便さを感じたことはないのだが、ついこの間まで免許がまだ持てない高校生だった学生の話としては説得力がある。

次に、その学生が飲み会をするとなると、連絡は、例えば「9時に居酒屋名桜(近くに大学と同じ名前の店が実在する)」となり、新宿のアルタ前とか、大阪梅田の阪急スクリーン前とかいわゆる待ち合わせ場所に集まってそれから店へ移動する、ということはない。そして、もし9時に店へ行っても、おそらく他に誰も来ていないだろうから、9時になったら出かける準備をして、9時半頃に着けば1人目から5人目ぐらいにはなるだろう。

そこで、まずオリオンビールを頼む。そのうち、人が増えたなと思う頃には泡盛が運ばれてくるだろう。夜も更け、日付が変わる頃にはとりあえず1次会はお開きで、アルバイトで来れなかった人は次の2次会から合流である。この場合、みんな遅くなるのが大前提として合意されている、早めに行った人から飲み始める、時間が遅くなっても終電を気にする必要はないのだから、待ち合わせに遅れても困る人はいない、だから「うちなータイム」でよいという結論になる。

少し付け加えると、私も大阪では宴会で誰かの挨拶なり乾杯が済むまでグラスに口をつけないというのを当たり前に思っていたが、こちらでは、披露宴でも来た人から飲み始めるのが普通である。来ない人を待ってじっとしていることはない。

さて、この「うちなータイム」だが、別に飲み会の時にだけ活用されるわけではない。島の人々がいろいろな問題について考え、結論を出してきた過程に、「うちなータイム」が流れていたのだろうと思う。何か問題があって、極端な場合は全く正反対の二つに一つの道を選択しなければならない時でも、みんなが集まる場所で人の話を聞き、家に帰って家族と向き合い、祖先と語り、一人になって思いをめぐらす、という過程を繰り返し、考えがまとまるための時間をかけてきたのだろう。

沖縄の花は沖縄に流れる時間の中で咲き誇る。沖縄の思いも「うちなータイム」の中で結実することを祈りたい。


【参考ブログ】

再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 沖縄からインドネシアを考える
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_21.html

再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】  『うりずん』
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_23.html

再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 マタハーリヌ チンダラカヌシャマヨ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_22.html

再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 沖縄からインドネシアを考える
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_21.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)5 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_2.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)4 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_1.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)3 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_32.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)2 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_31.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)Goa Jepang, Pulau Biak, Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_30.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

GBIニュース
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/d29d402d07.html

GBIニュース:人名録インデックス2 Indeks Berita GBI Tokoh
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_18.html

GBIニュース:人名録インデックスIndeks Berita GBI Tokoh Politik
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_17.html

GBIニュース:文化・日本記事インデックスIndeks Berita GBI ttg Budaya
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_16.html

GBIニュース:経済・社会記事インデックスIndeks Berita GBI ttg SosEko
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_15.html

GBIニュース:政治記事インデックス Indeks Berita GBI ttg Politik
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_14.html

GBIニュース2003-1999年インデックスIndeks Berita GBI 2003-1999
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_13.html

GBIニュース1998年インデックス Indeks Berita GBI thn 1998
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_12.html

インドネシア文化宮2012年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2012)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201301/article_1.html

インドネシア文化宮2011年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2011)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201201/article_1.html

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『沖縄・カンビン・インドネシア』(1999.5.25)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『沖縄・カンビン(山羊)・インドネシア』(1999.5.25) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}島袋氏にお会いしお話を伺いたいと思ったきっかけは、氏が書かれた「沖縄の豚と山羊」(1989年、ひるぎ社)という本を読んだことである。名桜大学で山原(やんばると読み、沖縄県本島北部を指す)の地域研究を専門にしている中村誠司教授のお部屋でこの本を見つけ、そのタイトルの山羊の部分に興味を持ってお借りしたものだ。 {%上昇webry%}島袋正... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/24 20:05
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ナゴンチュとピトゥ』(1999.6.5)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ナゴンチュとピトゥ』(1999.6.5) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}名護に来て間もない頃、「安田さん、もうピトゥは食べました?名護はピトゥが有名ですからね。」と言われたことがあるのだが、ピトゥとは、クジラの一種の、体長5〜6メートルのゴンドウクジラ、または体長2〜3メートルのバンドウイルカのことであり、名護と言えばピトゥ漁の街、ピトゥ漁と言えば名護と言われるほどである。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/26 19:42
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『南来流&キジムナー』(1999.6.27)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『南来流(なんくる)&キジムナー(木の聖霊)』(1999.6.27) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}名護市内北部の為又(びーまた)区、本部(もとぶ)町へ通じる県道116号線沿いに、ガーデンカフェ南来流(なんくる)という喫茶店がある。私も2年前のオ―プン以来しばしばコーヒーを飲みに立ち寄っているのだが、緑に囲まれた一見して東南アジアのものとわかる木造建築で、門をくぐりトロピカルな庭を通り抜けて店内に入ると、木の床の涼しさが素足に何... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/27 19:33
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『イノーとスク漁』(1999.7.28)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『イノーとスク漁』(1999.7.28) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}六月一日(新暦では7月13日)の朝、私は、名護市東海岸の嘉陽(かよう)区に仲村悦二(なかむらえつじ)氏({%上昇webry%}上の写真)を訪ねた。嘉陽区は約60世帯に120人ほどが住む小さな字(あざ)で、その区長を務めておられるのが仲村氏である。そして、仲村氏に案内していただき、干瀬(ひし、リーフのこと)に当たり砕け散る白波を沖に見ながら、穏やかな海に漕ぎ出し... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/28 19:37
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 芭蕉布:東南アジアと沖縄を結ぶイカットの道』(99.8.22)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『芭蕉布:東南アジアと沖縄を結ぶイカットの道』(1999.8.22) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}旧盆を間近にした8月20日、私は、名護市から国道58号を北上し、大宜味村(おおぎみそん)喜如嘉(きじょか)の芭蕉布会館を訪ねた。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/29 18:44
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ウンガミのバーリー』(1999.9.13)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ウンガミのバーリー』(1999.9.13) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}8月27日金曜日、私は、大宜味村(おおぎみそん)塩屋(しおや)に、「塩屋のウンガミ」の御願(ウグァン)バーリーを見に行った。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/30 07:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『うちなータイム』(1999.5.14)  インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる