インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS 再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】  『うりずん』

<<   作成日時 : 2013/06/22 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

画像

安田和彦の沖縄マタハリ物語 『うりずん』(1999.4.13)
15世紀、ジャワのマジャパヒト王国を訪ねた琉球人がいた。沖縄とインドネシアは500年もの交易の歴史を持つ
1880年代の那覇の光景。1880年代の守礼の門。写真は共に、1880年代にインドネシア、ニューギニア、台湾、沖縄、カムチャッカ半島 を航海したMarchesa号の航海記『Cruise of the Marchesa to Kamuschatka & New Guinea』(1889年F.H.H.Guillemardcho 著)より引用。
沖縄では、今ごろの季節を「うりずん」という。漢字で書くと「潤い染み」であり、山々の緑が潤い、海と空が青く染まり始める時期を意味する。
画像

初めてこの言葉を知ったのは、3年前の今頃だったが、奥が深くて良い言葉だと思った。奥が深いというのは、その言葉の奥に沖縄の山と海の情景が豊かに湛えられていて、それを聞いた人の想像力に訴え、脳裏に実に鮮やかな絵を描くような気がしたからである。

外国語とか新しい言葉を学ぶことの楽しさというのも、そんなことなのではないかとも思う。それは、新しい言葉に初めて触れた時に、その言葉の辞書に載っていない意味、その言葉が持つ歴史とかその言葉が表す風景とかいったものが、自分の中に響いてくる、大げさに言えば自分の中に新しい世界が築かれるという楽しみなのではないだろうか。

新年度を迎え、名桜大学も数多くの新入生を迎えた。外国語・インドネシア語を教える教員としては、一人でも多くの学生が自分の中に新しい世界を築いてほしいと思う。

さて、そもそも授業科目としてインドネシア語を持っている大学というのも全国的に少ないと思うのだが、なぜ、この沖縄の小さな大学がそれをしているのか。それは、かつて沖縄が琉球王国だった時代、日本、中国、韓国、東南アジアとほぼ等距離に位置する地理的条件を生かし、当時の明を中心とする朝貢貿易のネットワークに参加し、東南アジア地域でも広く交易を行い、マジャパヒト、パジャジャラン、パレンバンなどとも関係を持っていたからであり、沖縄とインドネシアが500年以上の交流の歴史を共有しているからである。

当時を知るための資料としては、ポルトガルが初めて中国に派遣した大使であるトメ・ピレスが書いた「東方諸国記」などが著名だが、ここ沖縄には、「歴代宝案」というものがある。これは、琉球王国が自らの外交文書を編集したもので、その第一集は1697年に作成されたのだが、その後の廃藩置県、沖縄戦などにより原本は不明、もしくは散逸となっている。しかし、残っている写本等から、校訂本、さらに一般への普及を目的とした訳注本が編集、刊行されているのである。

これらを一読して思うのは、当時の琉球の人々が海を渡ってインドネシアへ着いたとき、そこで何を見、何を聞き、何を感じたのだろうということである。例えば、1430年に初めて琉球からの使者がマジャパヒトに行くのだが、見知らぬ地へどんな思いを抱いて旅立ったのか、入港した東ジャワ北岸の港(具体的には、トゥバン、グレシク、スラバヤのいずれかと考えられている。)はどんな様子だったのか、そこにいる人々はどんな言葉を話し、どんなところに住み、どんなものを食べ飲んでいたのか、思いを巡らされる。

これから、沖縄に来て出会うことができた歴史の情景の中を、ゆっくりと時間をかけて歩いてみたいと思う。沖縄から見たインドネシア、沖縄から見たアジア、実に魅力的な響きである。


【参考ブログ】

再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 マタハーリヌ チンダラカヌシャマヨ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_22.html

再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 沖縄からインドネシアを考える
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_21.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)5 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_2.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)4 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200909/article_1.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)3 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_32.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)2 Goa Jepang Pulau Biak Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_31.html

“玉砕の”ビアク島訪問記(By 安田和彦)Goa Jepang, Pulau Biak, Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200908/article_30.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

GBIニュース
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/d29d402d07.html

GBIニュース:人名録インデックス2 Indeks Berita GBI Tokoh
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_18.html

GBIニュース:人名録インデックスIndeks Berita GBI Tokoh Politik
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_17.html

GBIニュース:文化・日本記事インデックスIndeks Berita GBI ttg Budaya
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_16.html

GBIニュース:経済・社会記事インデックスIndeks Berita GBI ttg SosEko
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_15.html

GBIニュース:政治記事インデックス Indeks Berita GBI ttg Politik
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_14.html

GBIニュース2003-1999年インデックスIndeks Berita GBI 2003-1999
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_13.html

GBIニュース1998年インデックス Indeks Berita GBI thn 1998
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201306/article_12.html

インドネシア文化宮2012年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2012)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201301/article_1.html

インドネシア文化宮2011年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2011)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201201/article_1.html

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】  『しーみー』
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『しーみー』(1999.4.29) {%クローバー(キラキラ)hdeco%}沖縄で4月の日曜日といえば、まず「しーみー」ということになる。 {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}「しーみ―」、漢字で書くと「清明」であり、いわゆる二十四節季の一つであるが、本土からやってきた私(内地の人、という意味でナイチャーとも言われる)にとっての第一印象は、この日を前に各商店、スーパーなどはこぞって「清明セール」を行い、当日はある決まった道が路上の縦... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/22 21:18
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『うちなータイム』(1999.5.14) 
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『うちなータイム』(1999.5.14) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}日常生活の中で沖縄とインドネシアで共通していると思うことの一つに、時間の感じ方がある。沖縄では「うちなータイム」といい、インドネシアでは"Jam karet"(ゴムの時間、伸び縮み自由な時間)というものである。どちらも、決まった時刻、時間に縛られない、よく言えばあくせくせずに自然の流れに身を任せて暮らすことだろうし、悪く言えば約束の時間がほとんど守られず、集... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/23 18:31
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『沖縄・カンビン・インドネシア』(1999.5.25)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『沖縄・カンビン(山羊)・インドネシア』(1999.5.25) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}島袋氏にお会いしお話を伺いたいと思ったきっかけは、氏が書かれた「沖縄の豚と山羊」(1989年、ひるぎ社)という本を読んだことである。名桜大学で山原(やんばると読み、沖縄県本島北部を指す)の地域研究を専門にしている中村誠司教授のお部屋でこの本を見つけ、そのタイトルの山羊の部分に興味を持ってお借りしたものだ。 {%上昇webry%}島袋正... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/24 20:05
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ナゴンチュとピトゥ』(1999.6.5)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ナゴンチュとピトゥ』(1999.6.5) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}名護に来て間もない頃、「安田さん、もうピトゥは食べました?名護はピトゥが有名ですからね。」と言われたことがあるのだが、ピトゥとは、クジラの一種の、体長5〜6メートルのゴンドウクジラ、または体長2〜3メートルのバンドウイルカのことであり、名護と言えばピトゥ漁の街、ピトゥ漁と言えば名護と言われるほどである。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/26 19:42
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『南来流&キジムナー』(1999.6.27)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『南来流(なんくる)&キジムナー(木の聖霊)』(1999.6.27) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}名護市内北部の為又(びーまた)区、本部(もとぶ)町へ通じる県道116号線沿いに、ガーデンカフェ南来流(なんくる)という喫茶店がある。私も2年前のオ―プン以来しばしばコーヒーを飲みに立ち寄っているのだが、緑に囲まれた一見して東南アジアのものとわかる木造建築で、門をくぐりトロピカルな庭を通り抜けて店内に入ると、木の床の涼しさが素足に何... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/27 19:33
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『イノーとスク漁』(1999.7.28)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『イノーとスク漁』(1999.7.28) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}六月一日(新暦では7月13日)の朝、私は、名護市東海岸の嘉陽(かよう)区に仲村悦二(なかむらえつじ)氏({%上昇webry%}上の写真)を訪ねた。嘉陽区は約60世帯に120人ほどが住む小さな字(あざ)で、その区長を務めておられるのが仲村氏である。そして、仲村氏に案内していただき、干瀬(ひし、リーフのこと)に当たり砕け散る白波を沖に見ながら、穏やかな海に漕ぎ出し... ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/28 19:37
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 芭蕉布:東南アジアと沖縄を結ぶイカットの道』(99.8.22)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『芭蕉布:東南アジアと沖縄を結ぶイカットの道』(1999.8.22) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}旧盆を間近にした8月20日、私は、名護市から国道58号を北上し、大宜味村(おおぎみそん)喜如嘉(きじょか)の芭蕉布会館を訪ねた。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/29 18:44
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ウンガミのバーリー』(1999.9.13)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ウンガミのバーリー』(1999.9.13) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}8月27日金曜日、私は、大宜味村(おおぎみそん)塩屋(しおや)に、「塩屋のウンガミ」の御願(ウグァン)バーリーを見に行った。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/30 07:40
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ウンガミのバーリー』(1999.9.13)
【安田和彦の沖縄マタハリ物語】 『ウンガミのバーリー』(1999.9.13) {%ハイビスカス(ヒラヒラ)hdeco%}8月27日金曜日、私は、大宜味村(おおぎみそん)塩屋(しおや)に、「塩屋のウンガミ」の御願(ウグァン)バーリーを見に行った。 ...続きを見る
インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)
2013/06/30 07:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再録 【安田和彦の沖縄マタハリ物語】  『うりずん』 インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる