インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨハナさんパプア人初の女性教授就任 Profesor pertama wanita Papua

<<   作成日時 : 2012/11/23 00:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

インドネシア最東端のパプア州&西パプア州(西部ニューギニア)に初のパプア人女性教授が誕生した。国立チェンドラワシ大学(Uncen=Universitas Cenderawasih)教育学部のヨハナ・エンビセ(Yohana Yembise)さんだ。彼女は、1958年10月、果物の街として知られる、現在の西パプア州の州都マノクワリで生まれた。民族的には、ビアク(Biak)島のビアク人。

ヨハナ・エンビセ教授(Profesor Yohana Yembise)(写真はパプアのNews PortalであるTabloidjubi.comから引用)

2012年11月14日、パプア州の州都ジャヤプラ(Jayapura)郊外にあるウンチェン(Uncen)で行われた、ヨハナ教授就任式典で、学長のフェストゥス・シンビアク(Festus Simbiak)学長は、「今日からキャンパスは、初のパプア人女性教授をいだく」と、その就任を誇らしく宣言した。

ヨハナさんの専門分野は「Syllabus Desig」と「Material Development」。それもそのはず、54歳になったばかりのヨハナさんは、これまでにシンガポール、オーストラリア、カナダなどへの留学経験を持つ。修士号は、1994年、British Colombia Canada大学から授与された。夫のレオ・ダウンウィラ(Leo Daunwira)さんの理解と協力に深く感謝している。

分離独立運動関連の流血事件が絶えない“タナ・パプア(Tanah Papua・パプアの地)”。かつて日本軍が連合国軍との間で死闘を繰り広げ、そしてオランダ植民地からの“開放”闘争を経てインドネシア共和国が、同地を正式併合したのは43年前の1969年。1980年前半まで地球最後の秘境とも呼ばれることもあった、日本よりも広大な面積を有する同地では、鉱物資源を主体とする、更なる開発ラッシュが続いている。

その過程で、「パプア人のジェノサイドが進行している」との、人権問題を核とする国際非難も頻繁に聞く。友人でパプアの中央高地パニアイ出身で、去る10月、インドネシア国家人権委員会(Komnasham)の副委員長(2012-2017)に就任したNatalius Pigaiさんが言う。「パプアに限らず、これからはナショナルの視点で、インドネシア全体の問題に対応しなければならない」。

2010年の国勢調査によれば、パプアでは先住民族であるパプア人がマイノリティ化の事実に直面している。全人口約361万の中で、パプア人の比率は約48%、一方外来の民族数は約52%。有能な人材が育っているとは言え、タナ・パプアの社会構造はどんどん“インドネシア化”の方向にある。


パプア州関連記事
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/42c3391253.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨハナさんパプア人初の女性教授就任 Profesor pertama wanita Papua インドネシア文化宮(GBI-Tokyo)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる