画家ハルディ氏らが『石油の世界絵画展』 Dunia Perminyakan Indonesia

画像

今から14前に誕生したインドネシア文化宮(GBI)が、初めて開催したインドネシア人画家の個展は、ハルディ(Hardi)さんだった。彼はスハルト政権崩壊(1998年)まで、辛苦をなめ続けてきた“反体制画家”の象徴だった。1999年4月~5月、GBIはハルディ個展を実施した。

“飛行機嫌い”のハルディさんを、日本に招待し、その上、沖縄の与那国島まで連れて行ったGBIに、ハルディさんが言った。『あの沖縄の那覇まで行く機内で、お前を殴っても、その先の旅を止めさせたいと思っていた』と。

そして、那覇からの乗り換え便で石垣空港へ到着。与那国島への乗継便を待つ間、二人でアイスクリームを食べた。与那国島の祖納西方の空港に着陸。荷物が出てくる間、ハルディさんが言った。『なんだ、ここってインドネシアの光景と変わらないじゃないか』と。

筆者は内心「やった」と思った。彼が与那国島の景色を『まるでインドネシアじゃん!』と言うのを正直期待していた。沖縄は、特に八重山諸島は“アジアに最も近い”日本だった。反論を懼れないで言えば、八重山は、インドネシアの光景の“一角”だった。

あの時、ナンタ浜で“アジア”を普通に感じ取ったハルディさん。あれから13年。インドネシアの、殊に首都の画家の間で、無視できない論客になったハルディ氏。自由に表現できる時代を迎えて、そのアーティスティックなチャンレンジは政治や国論ばかりか、あらゆる分野に広がっている。

画像

画家ハルディ氏

画像


しかし、と思う。筆者は。その背景に関して尋ねてはいないが、今月中旬、彼を中心とする画家グループが、首都ジャカルタの国立ギャラリー(Galeri Nasional)で“7人の侍”的なグループ展を開催する。題して『7人の画家による石油の世界』。石油?ちょっと困惑する。なぜ、石油なのか?

政治的思惑があるのか、あるいは、政治世界の微妙な変遷を利用しているのか?まだ尋ねてはいない。しかし、いずれの背景があろうとも良しとしよう。儲けるために引き受けたにせよ、筆者は半分以上賛同する。なぜなら、彼が体験したスハルト政権時代の勇気と悲劇の双方を知っているからだ。


わずか五日間の展示会だというが、そして“お金持ちの”資源エネルギー省がスポンサーについているとは言え、ハルディ氏と仲間たちのアートでインドネシアを良い方向に変えようとする志は、当面理解したい。と言うのも、あの“新秩序時代”の一角を担いながらも、今、平然と無関係だったかのように振る舞っている要人の多くを知っているから。逆に、あの時代、圧政を受けながらも、今日、圧政の主人公に変身した多くの要人も知っているから。


画像

今回の展示会に参加する“7人のサムライ画家”

画像


展示会オープニングで披露される予定の「@RT ENERGY」と題する詩集。

画像


画像

首里城で、琉球王朝の王様に扮するハルディ氏(1999年)

グループ展『7人の画家による石油の世界』は、2012年5月14日~18日、首都ジャカルタの国立ギャラリー(Galeri Nasional)で開催される。これは、5月20日の『民族覚醒の日(Hari Kebangkitan Nasional)』記念の一環として、資源エネルギー省の支援で行われる。

ハルディ氏関連記事

再録『GBIニュース』1999.7.18【モデル・パート3】マルパチ航空スチュワーデスのヘニーさん
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201203/article_3.html

再録『GBIニュース』1999.7.4 画家ハルディ氏が初公開するウィナのヌード画
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201202/article_11.html

再録『GBIニュース』1999.6.23 画家ハルディのモデルがアルマーニのモデルへと華麗な変身
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201201/article_21.html

再録『GBIニュース』1999.6.13#2 【人】 画家ハルディTVRIでゴルカル党を酷評。
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201201/article_4.html

再録『GBIニュース』1998.11.26 画家ハルディさんのモデル:デイス・エル・アンワール
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201109/article_25.html

再録『GBIニュース』1998.11.20#2 画家ハルディ氏が初の画集を自費出版
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201109/article_16.html

再録『GBIニュース』1998.11.10 画家ハルディ氏14回目の個展Pelukis Hardi
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201108/article_28.html

再録『GBIニュース』1998.9.5#2画家ハルディWWCR dgn Pelukis Hardi
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201107/article_31.html

再録『GBIニュース』1998.9.5#2画家ハルディWWCR dgn Pelukis Hardi
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201107/article_31.html

参考ビデオ

インドネシア人画家ハルディ氏東京で個展(1999年4月)Indonesian Painter Hardi
http://youtu.be/k_p3FDr02Po

インドネシア人画家ハルディ氏東京で個展2(99年4月)Indonesian Painter Hardi
http://youtu.be/ai84C_BdqxM

インドネシア人画家ハルディ氏東京で個展3(99年4月)Indonesian Painter Hardi
http://youtu.be/RqXnE6Szcz8

インドネシア人画家ハルディ氏東京で個展4(99年4月)Indonesian Painter Hardi
http://youtu.be/GbEHJeJPU5o

インドネシア人画家ハルディ氏東京で個展5(99年4月)Indonesian Painter Hardi
http://youtu.be/EewbR7wFwlM

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック