三橋國民氏が観るラジャアンパットの空撮動画 Kunitami Mitsuhashi & Raja4

画像

「地球最後の楽園ラジャアンパット・Raja Ampat Last Paradise on Earth」と題して、西パプア州ラジャ・アンパット県観光局から使用を認められた同地の空撮動画をアップしている。これらの動画はFB(フェースブック)を通じて、インドネシアの友人たち(しかもラジャ・アンパット県民も含む)とシェアしている。
自宅アトリエの三橋さん。

すこぶる評判が良い。フランスのTV局がヘリコプターを二機もチャーターし、県当局の協力下、時間をかけて撮影しただけあって、素晴らしい空撮動画に仕上がっている。『これほどの美しさ。インドネシアの誇りだ』とのコメントがるかと思えば、『神は地上に“天国”を創った』と言い切る友人もいる。地元政府が、“地球最後の楽園”とのキャッチフレーズを付ける気持ちも分かる。

さて、それほどまでに美しい大自然の光景なのだが、手放しで歓喜できない人もいる。複雑な思いで、筆者が贈呈した空撮動画DVDを鑑賞した方がいる。東京都町田市在住の、日展参与で光風会名誉会員である造形美術家の三橋國民さん、91歳。三橋氏は、戦中およそ二年間を、ラジャアンパットのサラワティ島(Pulau Sarawati)のサマテ(Samate)村で過ごした。

野戦高射砲第74大隊第2中隊の兵士として、ニューギニア戦線で“地獄”を見た。同中隊40名の内、生還できた僚友は、ご自身を含めてわずか二名。今“楽園”と呼ばれるラジャアンパットは“地獄”そのものだった。三橋さんにとって「ニューギニア」戦場体験は、以降の人生を決定づけた。

『ニューギニアは私の青春において、肉体も精神も総てが破滅への場所であった。私たちは鳥たちとともに起き、鳥たちとともに眠った。鳥だけが唯一の慰めだった』『ニューギニアを忘れて、私の作品は存在しないのである』---「鳥の歌:死の島からの生還」(初版1995年7月。日本放送出版協会刊)の著者でもある三橋氏がそう語る。

画像


私たちはわずか2年間でしたが、あのコバルトブルー、ブルースカイの美しい海も、すべてがグレー(灰色)にしか見えなかったことを覚えています。その歳月に感無量です』と書かれた礼状を頂いた。戦争と平和とは、それほどまでに色彩感性を変えてしまう。

画像

三橋さんが描いた僚友の自決。

そのサラワティ島のサマテ周辺部で、最近、コンクリートで固めた壕が見つかった。なんでも入り口の扉には鍵が付いているそうで、地元の人々は「やがて日本人が鍵を持ってやってくるだろう」と戦後67年間も待ち続けているとか。三橋氏が言う。『あの島は、巡(めぐり)旅団の司令部が山奥にありました。私は、よく旅団からの命令受領でゆきましたが....。多分、コンクリートなどで造られる建物は、旅団の司令部しかなかったのではないか?と思われます』と当時の記憶を基に、手描きの地図を送ってきてくれた。

画像


今、世界中のダイバーが憧れるラジャアンパットの海。まさに、限りなく透明に近い空と海のブルーが、磁力のように惹きつけている。そしてラジャアンパット県政府も、その驚異的に美しい海を、島興しの、そして県発展の観光起爆剤として捉えている。間違ってはいまい。しかし、その場は67年前、日本の青年が戦い、そして飢えと病との死闘を繰り広げた末、青春を閉じた場所であることも記憶しておきたい。

美しさの裏側に宿る悲劇。“忘れまじニューギニア”---三橋氏の言葉を忘れない。











ラジャアンパット空撮(7) Aerial View of Raja Ampat(7)
http://youtu.be/gCV51cI-kRU


ラジャアンパット空撮(6) Aerial View of Raja Ampat(6)
http://youtu.be/fPm2_g7dc5g


ラジャアンパット空撮(5) Aerial View of Raja Ampat(5)
http://youtu.be/F2EVHXp-Gh8


ラジャアンパット空撮(4) Aerial View of Raja Ampat(4)
http://youtu.be/XPrzAy4iC3A


ラジャアンパット空撮(3) Aerial View of Raja Ampat(3)
http://youtu.be/Bobikw3sJlk


ラジャアンパット空撮(2) Aerial View of Raja Ampat(2)
http://youtu.be/hfIoyK62H8o


ラジャアンパット空撮(1) Aerial View of Raja Ampat(1)
http://youtu.be/27FQ2mLBCJU

【参考ブログ】

三橋國民 鎮魂のニューギニア(3) Kunitami Mitsuhashi & Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200912/article_29.html

三橋國民 鎮魂のニューギニア(2) Kunitami Mitsuhashi & Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200912/article_28.html

三橋國民 鎮魂のニューギニア(1) Kunitami Mitsuhashi & Papua
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200912/article_26.html

三橋國民 『64年目の夏 鎮魂のニューギニア』 Kunitami Mitsuhashi
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200912/article_24.html

テーマ「大東亜戦争」のGBIブログ記事
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/43f9afaef5.html

テーマ「旧日本軍」のGBIブログ記事
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/bac898dbdd.html

テーマ「パプア州」のGBIブログ記事
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/theme/42c3391253.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック