再録『GBIニュース』1998.8.27 Berita GBI 27Agu 98 Perpu

画像

1998年8月~2003年1月まで、宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックのホームページを間借りして掲載された『GBI(インドネシア文化宮)ニュース』。サーバー事情により消えてしまった一連の記事をここに復刻する。10数年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。 

アスファ・ダフィ・ビア氏

大川誠一の『GBIニュース』1998年8月27日 Berita GBI(27 Agustus 1998)

【ジャカルタ発】


「改革時代」?それとも「改修時代」?
弁護士アスファ・ダフィ・ビア氏は『ペルプ(法律代行政府令)』の跋扈を警戒

東ジャワでは、人々が倉庫を襲い、150トンものお米を持ち去るほど、狂乱物価が引き起こす社会不安がますます厳しさを増している。『日当が4,000ルピア(約57円)なのに、米の値段も似たようなもの。労働者が一日働いて米がたったの1kg。死ねとでも言うのか?』と、地元の青年。

「スンバコ」と総称される生活必需品9品目。例えば、お米、食用油、砂糖など。IMFによる10億ドルの支援実施が決定されても、スンバコの値段が下がる気配をみせない。追い打ちをかける解雇と失業。庶民の生活環境はどんどん悪化している。政府は「米は十分ある」と強調するが、流通の末端に米が溢れているとは言い難い。

一年間も続く「経済危機」に、人々の我慢も限界状態。それでも、「オラン・クチール(小さな民)」は、かろうじて怒りの大爆発を押さえ込んでいるように見える。で、どこから流行始めたのか、エッチ問答が盛んになってきている。

例えば、『ABRI(インドネシア国軍)兵士が持つピストルと、我々男性が持つ“ピストル”の違いは何か?』。答えはというと、『連中は人(国民)を撃つ前に手入れをする。我々の場合は、人(女性)を撃った後で手入れする』だとか。もっと紹介したいが、内容が極めて過激につき、今回は割愛!(ゴメン!)。

で、馬鹿馬鹿しいけれども、結構笑える問答もある。『陸上動物で最大のものは何か?』。大方、『象』と答えるが間違いだそうで、正解は『妊娠して、かつ伝染病で腫れ上がり、川に落ちて水死した象』。なるほど。

「米は十分にある」と政府が言っても、現実には一向に下がらない価格。同様に、「改革時代」とハビビ政権が言っても、ちゃんと「反改革」の道具も準備している政府。その一つの例として、若手弁護士のアスファ・ダフィ・ビア(38歳)、は『ペルプ(Perpu)』をあげる。ペルプとは、法律代行政令のことだ。つまり、DPR(国会)での審議と認可を経ずに、政府が発布できる法律のこと。ただし、ペルプは一年間のみ有効。

『例えば、98年ペルプ第1号は、IMFからの経済援助を受けるために、倒産法を修正するために発布された。そして現在考慮中とされるペルプ第二号は、許可を必要としないデモの参加者数を50人以下としている。仮に50人以上のデモを行うのならば、事前に警察の許可を受けることを要求している。それもデモ日のおよそ一ヶ月前に申請しなくてはならない。こんなペルプは、憲法の精神に反する。憲法は集会、結社の自由を保証している。それこそハビビ政権が高らかに宣言した改革時代の根本理念だ。なのに、100日もたつと、突如規制の姿勢。これでは改革ではなくて改修時代と呼ばざるを得ない』と、ビア氏。

ビア氏によれば、過去(すなわちスハルト時代)の出来事に対して謝罪こそすれ、それらの事件の真相究明に本格的に乗り出そうとしないハビビ政権の姿勢からは、「法治国家」を目指そうとする堅固なポリシーが感じられない、という。『タンジュンプリオク事件、ランプン事件、アチェの虐殺、イリアンジャヤのケースなど、国軍が関与している暴力行為に対して、法のメスを入れようとしていない』と嘆く。

ビア氏は、最高裁、法務省、検察庁のそれぞれが持つ本来の機能が不明瞭な点も、「法治国家」への妨げとなっていると考える。『この国の人権は、スハルト時代に、国軍によって最悪の状態にされてしまった。我々法律に関わる者が一番望んでいることは、ハビビが国民の声援をバックに、これら過去の犯罪に果敢に取り組むことだ。それができなければ、改革なんて言葉を使うべきではない。法律は、国家・国民の最高司令官でなければならない。今は、法律さえリップ・サービスの段階だ』と。

父は北スラウエシ出身のゴロンタロ人。母はスマトラ島のパダン出身。『僕はスマトラのパレンバン生まれ。妻のデウィもスマトラのランプン生まれ。スマトラ人は、物事の白黒をはっきりとさせないと気が済まない。弁護士に向いている』とか。


画像

ビア氏と仲間の弁護士たち。左からミハザイルルさん、アデさん、アルフィンさん(ビア氏の実弟)、そしてWBC(Winastuti Bya Chaidir)弁護士事務所代表のビア氏(撮影:98/08/27)

Copyright 1998-2011 Graha Budaya Indonesia (GBI)
インドネシア文化宮に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 著作権はインドネシア文化宮またはその情報提供者に属します。


画像


【参考ブログ】

再録『GBIニュース』1998.8.26#2 Berita GBI 26Agu 98 Merauke
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201106/article_7.html

再録『GBIニュース』1998.8.26 Berita GBI 26Agu 98 Animasi
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201106/article_3.html

再録『GBIニュース』1998.8.25#2 Berita GBI 25Agu98LBH
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201106/article_2.html

再録『GBIニュース』1998.8.25 Berita GBI WWCR Ryaas Rasyid
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_27.html

再録『GBIニュース』1998.8.24 Berita GBI(24.8.98) Aceh
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_26.html

再録『GBIニュース』1998.8.21(No.2) BeritaGBI(21.8.98) Irja
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_25.html

再録『GBIニュース』1998.8.21 Berita GBI(21.8.1998)アリ・サディキン
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_24.html

再録『GBIニュース』1998.8.20 Berita GBI(20.8.1998) 50人グループ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_23.html

再録『GBIニュース』1998.819(No.2) BeritaGBI(19.8.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_22.html

再録『GBIニュース』1998.819 BeritaGBI(19.8.1998) IrianJaya
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_21.html

再録『GBIニュース』1998.8.18 Berita GBI(18 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_20.html

再録『GBIニュース』1998年8月18日Berita GBI(18 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_18.html

再録『GBIニュース』1998年8月17日Berita GBI(17 Agu.1998)HUT RI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_14.html

再録『GBIニュース』1998年8月14日Berita GBI(14 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_1.html

再録『GBIニュース』1998年8月12日Berita GBI(12 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_30.html

再録『GBIニュース』1998年8月11日Berita GBI(11 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_29.html

再録『GBIニュース』1998年8月10日Berita GBI(10 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_28.html

再録『GBIニュース』1998年8月9日 Berita GBI(9 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_27.html

再録『GBIニュース』1998年8月8日 Berita GBI(8 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_26.html

再録『GBIニュース』1998年8月7日 Berita GBI(7 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_25.html

再録『GBIニュース』1998年8月5日 Berita GBI(5 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_24.html

再録・大川誠一の『GBIニュース』1998年8月3日 Berita GBI(3 Agus.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_22.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック