再録『GBIニュース』1998.8.26 Berita GBI 26Agu 98 Animasi

画像

1998年8月~2003年1月まで、宮崎市に拠点を置く㈲ハラパンメディアテックのホームページを間借りして掲載された『GBI(インドネシア文化宮)ニュース』。サーバー事情により消えてしまった一連の記事をここに復刻する。10数年前の出来事、そして当時執筆した時点での情報に基づいているため、その後の展開と新たに判明した事実と相違する内容があるかもしれない。しかし、記録の重要性に鑑み、敢えて原文のまま再録することにした。 

空飛ぶヒーロー、チャクラ

大川誠一の『GBIニュース』1998年8月26日 Berita GBI(26 Agustus 1998)

【ジャカルタ発】


『チャクラ(円盤)』はアジアのスーパーマンになれるか?空飛ぶヒーロー、チャクラ

インドネシアのTVコマーシャルは、経済危機の影響で急減しているが、「アジアのフランス人」と言われるほど(と、筆者が勝手に言ってるだけだが)、インドネシア人はジョーク好きだけあって、そのクオリティは少しも低下していない。そればかりか、経済危機と生活苦を乗り切ろうと呼びかける民放自身の提供によるによるCMは、感動モノ。例えば、「頑張る亀」シリーズ。 波打ち際で荒波に弄ばれている小さな亀。砂浜から海に向かおうとするが、何度試みても、強い波で転がるように押し戻されてしまう。しかし、最後には裏返しになった身体を立て直し、見事海の中に入ることに成功。ナレーションが言う。「生きていく中では、色々な困難が待ち受けている。しかし、諦めてはいけない。いつの日か、きっと克服できる日がやってくる」と。

そして二枚目俳優のラノ・カルノが登場する「僕は学校の子供」と題するCM。
「状況がどんなに厳しくとも、何が起きようとも、学校をやめたらダメだ。未来のために!」と、経済危機の影響ですでに800万人にも達したといわれる小中学生の学業断念の阻止を訴える。カルノが小学生に語りかける。「学校を続けてこそ、インドネシアの子だ」と。

さほど高レベルではないCMだが、某社の蚊よけクリームの場合、男女関係にひっかけて「私は蚊との関係を断ち切った!」と、美女がベッドの上に仰向けになって宣言する。「男は蚊か?」と思わせるところがにくい!。インドネシア人の持つ気の利いたユーモア能力は、本当に脱帽もの。真面目な顔をしてさりげなくユーモを会話に織り交ぜる能力は、他のアジア人にはない。この能力が経済危機の克服に向けられたら、さぞかし効力があると思うのだが。物価が高騰を続け、庶民の生活は、ますます厳しさを増しているが、それでも、ユーモアを忘れないところがすごい。

例えば、あるマドゥラ人(スラバヤ市沖合の島)のベチャ引きとお客の会話。
お客: あそこの交差点までいくら? 
ベチャ引き: あそこなら500ルピア(6円ちょっと)だな! 
お客: そんな!?すぐそこじゃない!目で見える距離じゃない? 
ベチャ引き: だんな!太陽だって目で見える距離だぜ。
太陽まで500ルピア?

蚊との関係ではないが、インドネシア人はよくいう。『朝目覚めてから、夜ベッドに入るまで、日本製品との関係を断ち切れない』と。確かに!SEIKOの目覚まし時計で起こされ、花王のビオレで洗顔。味の素を使った料理。昼食はホカホカ弁当!車はトヨタ、ホンダ、ヤマハ。洗濯機、冷蔵庫、クーラー、オーディオ、テレビ、調理器等々、多くが日本メーカー製。会社では、パナソニック製のファックス、リコーとミノルタのコピー機、そして日立、東芝、ソニーのテレビ。夜は、「カラオケ」へ。

トイレに入れば東陶の便器。女性の生理用品はチャームナップ(注:この現状を撮影したビデオは、インドネシア文化宮で見ることができます!)。日曜日午前中の民放の番組は、日本の漫画でバンジール(水浸し)。「ドラエモン」、「一休さん」、「忍者ハットリくん」が始まると、テレビは子供が占領。一方、子供(最近は大人もハマっている)のゲームソフトも多くが日本製。「ニンテンドウ」をもじった「テンニンドウ」などというゲーム機さえ売られている。「いつまでもいつまでも、こうした海外のソフトに依存していていいのか?」との疑問をバネに、今、インドネシア独自のアニメ製作にかける男がいる。名前はドディ・D・ウィスヌワルダナ、37歳。名門のITB(国立バンドン工科大学)卒業。専攻は製品デザイン。彼は、卒業こそしなかったものの、ITBとは別に、同じくバンドン市にある私立のカトリック・パラヒィヤンガン大学の工学部建築学科にも数年間在学したことがある。

『学生時代コンピューターゲームに目覚めた。すごく惹かれた。でもそのころはアップル・コンピューターの能力の低いものだった。それも隣人が持っていたもの。やがて1988年に自分用のコンピューターを手に入れた。IBMのスピードはわずか12MHZの品物だ。1990年、ジャカルタに支店をオープンしたアメリカのマルチメディア会社に就職。早速、石油会社向けの教育アニメの製作を命じられる。以来、アメリカ本社に何度も呼ばれ、オクラホマやロスアンジェルスでコンピューターを使ったアニメーション作りに専心。

1996年8月、カリマンタン出身の今の妻と結婚することになって、アメリカ通いをやめることにした』と、父母双方が医者という、豊かな環境で育ったドディさんが言う。昨年末以来、ドディさんは、ジャカルタのクマヨランの一角にあるオフィスビルに、「Avatar Studio」社の看板を掲げ、インドネシア初のアニメ映画・テレビ番組制作に取りかかった。『今は、所有するコンピューターのキャパが小さいので(Pentium 200MHZ)、デモ用アニメしか作れない。内容は、日本のドラゴンボールに似た、インドネシア版モンスター・アニメ。ここインドネシアには、実はたくさんのモンスターがいるんです。神話の世界、民話そしてワヤンの世界と。僕は、日本人が作るモンスター像とは違って、インド、インドネシアなどの、ヒンズー教や仏教の影響を受けて生まれたモンスターの世界に焦点を当ててみたい』と、日夜“モンスター“探しに励んでいる。

『顔が10個ある仏像。4本の腕を持つ仏像。カエルや猿の顔を持つ人間像。どれもどれも素材としておもしろい。神話の世界に登場する武器も、現代風にアレンジすると、ものすごい力を発揮する』と、ドディさんが語る「インドネシアのモンスター」の世界は、現実に直面する国難とは遠くかけ離れた、別世界のインドネシアへと導いてくれる。いまや、インドネシア自体が、「経済危機」と言う名の巨大な「モンスター」に襲われているというのに! 

夢は?『どの国にもないエキゾチックなアニメを作りたい。でも資金がない!日本のアニメ製作会社で協力してくれるところありません?』ドディさんは、チャクラ(円盤)と言う名の一人の英雄キャラクターを題材にしたデモ用アニメを製作中。一見スーパーマン風。『アメリカのスーパーマンは、赤マントを着てるでしょう?でも僕のチャクラは、ワヤン(影絵芝居)に登場するキャラクタ―が背負っている、ベスト風の飛行装置を採用してます。こっちの方が歴史がある』と。


画像

キャラクターの素材に囲まれてアニメ作りに励むドディ氏(撮影:1998/08/26)

Copyright 1998-2011 Graha Budaya Indonesia (GBI)
インドネシア文化宮に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 著作権はインドネシア文化宮またはその情報提供者に属します。


画像


【参考ブログ】

再録『GBIニュース』1998.8.25#2 Berita GBI 25Agu98LBH
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201106/article_2.html

再録『GBIニュース』1998.8.25 Berita GBI WWCR Ryaas Rasyid
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_27.html

再録『GBIニュース』1998.8.24 Berita GBI(24.8.98) Aceh
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_26.html

再録『GBIニュース』1998.8.21(No.2) BeritaGBI(21.8.98) Irja
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_25.html

再録『GBIニュース』1998.8.21 Berita GBI(21.8.1998)アリ・サディキン
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_24.html

再録『GBIニュース』1998.8.20 Berita GBI(20.8.1998) 50人グループ
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_23.html

再録『GBIニュース』1998.819(No.2) BeritaGBI(19.8.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_22.html

再録『GBIニュース』1998.819 BeritaGBI(19.8.1998) IrianJaya
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_21.html

再録『GBIニュース』1998.8.18 Berita GBI(18 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_20.html

再録『GBIニュース』1998年8月18日Berita GBI(18 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_18.html

再録『GBIニュース』1998年8月17日Berita GBI(17 Agu.1998)HUT RI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_14.html

再録『GBIニュース』1998年8月14日Berita GBI(14 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201105/article_1.html

再録『GBIニュース』1998年8月12日Berita GBI(12 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_30.html

再録『GBIニュース』1998年8月11日Berita GBI(11 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_29.html

再録『GBIニュース』1998年8月10日Berita GBI(10 Agu.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_28.html

再録『GBIニュース』1998年8月9日 Berita GBI(9 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_27.html

再録『GBIニュース』1998年8月8日 Berita GBI(8 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_26.html

再録『GBIニュース』1998年8月7日 Berita GBI(7 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_25.html

再録『GBIニュース』1998年8月5日 Berita GBI(5 Agus.1998) Tim2
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_24.html

再録・大川誠一の『GBIニュース』1998年8月3日 Berita GBI(3 Agus.1998)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201104/article_22.html

インドネシア文化宮(GBI)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/

インドネシア文化宮2010年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2010)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201101/article_1.html

インドネシア文化宮(GBI)満12歳です HUT GBI ke-12 thn
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201005/article_15.html

インドネシア文化宮2009年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2009)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/201001/article_1.html

インドネシア文化宮2008年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2008)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200901/article_1.html

インドネシア文化宮2007年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2007)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200712/article_2.html

インドネシア文化宮2006年活動記録(Kegiatan GBI pada tahun 2006)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200612/article_8.html

インドネシア文化宮活動記録(日本語)
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_2.html

インドネシア文化宮活動記録(インドネシア語)Kegiatan GBI
http://grahabudayaindonesia.at.webry.info/200610/article_4.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック